新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

給料・待遇

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

well_being

こんにちは人事の夏沢です!

企業人事が本音と現実を書くことを本旨としている当ブログ。

筆者は企業人事として採用や人材育成、人事制度の構築など総合的に実務に携わって来た人事部門マネジャーです。

綺麗ごとや理想論が語られやすい人事界隈なのですが、実務を理解している企業人事の管理職の視点で様々な本音と現実を書いております。

今回の記事は、「Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考える」という内容です。

幸福や健康ってとても大切ですけど日々まじまじと考える時間は多くはないと思います。

ましてやビジネスシーンではつい経済面や効率面が話題になりがちですが、人事の現場では、社員の働き方、仕事のしやすさ、心身の健康面などを良くするための概念や施策が度々提唱されます。

本稿ではそんな人事的な概念の中からWell being(ウェル・ビーイング)についての現実を書いてみたいと思います。

Well being(ウェル・ビーイング)について人事が考える必要性

人事の視点でWell being(ウェル・ビーイング)について書いてみたいと思います。

企業人事が人事の業務や人事の現場の目線でWell being(ウェル・ビーイング)を書こうというのが本稿の主旨ですが、まずはWell being(ウェル・ビーイング)とは何かについてを簡単に説明します。

Well being(ウェル・ビーイング)は、「幸福」や「健康」といった訳され方をする場合が多いです。

Well being(ウェル・ビーイング)の意味する幸福は一瞬感じるような幸福感という意味ではなく日常的に持続する幸福のこと。

また、健康とは病気や怪我をしていないといった意味ではなく、身体的にも精神的にも生活を送るうえで満たされた状態にあること。

つまり、Well being(ウェル・ビーイング)という概念を簡潔に表現すると「身体的、精神的、社会的に良好な状態」​ということです。

なぜ、社会的に良好な状態という概念について一介の企業人事が書こうというのか。筆者は幸福とは?とか幸せとは?のような高次元の倫理的、哲学的な事柄を語る身分にありません。

ところがこのWell being(ウェル・ビーイング)については、昨今ビジネスの現場でも必要とされる存在になってきているのです。そうなってくると話は別。社員と関わることを本職としている企業人事としてはこの概念について考える必要がある訳なのです。

企業が実践するWell being(ウェル・ビーイング)ってどういうこと?

会社の中にWell being(ウェル・ビーイング)の概念が入ってきたキッカケは、以前に比べて働き方が多様化していたり、人材の確保や定着という観点からエンゲージメントを高めることの重要性が認知されたことによります。

また、働き方改革をはじめとして多様な働き方が求められる昨今において企業が取り組むべき課題として普及することになりました。

ここからは人事の本音と現実です。

Well being(ウェル・ビーイング)は概念ですから労基法で規定されているとか、就業規則に定めなければならないという類ではありません。そういう意味ではとても定性的、感覚的なもの。感覚的だから悪いと言いたい訳ではないのですが、正直具体的な取り組みをしづらいと思います。

例えば

Well being(ウェル・ビーイング)のために福利厚生を充実させます!と言ってもどうもそれは以前からある福利厚生の充実であって、Well being「身体的、精神的、社会的に良好な状態」​に繋がるかと言えばちょっと違います。また、よくある事例としてWell being(ウェル・ビーイング)のためにオフィス環境を改善しました!などがあります。

それがWell beingですかね?何か新しい要素ってありますかね。ただ、オフィスを改修して機能面や過ごしやすさが改善しただけだと思うのですが。それがWell beingですかね?

何も新しい概念ではなく、ずっと昔からどこの会社でも折に触れてオフィスの環境改善や改修程度はありましたけど。

そのWell being(ウェル・ビーイング)。本当ですか?

やっぱり目的は社員の働きやすさ、会社での過ごしやすさを高めることで社員の生産性を上げることだと思うのです。

Well being(ウェル・ビーイング)について調べていると本来の企業活動の目的である利益とかは出て来ません。

利益や競争力とは別角度の概念として語られている場合がほとんどです。

でも、ビジネスにどう影響するのか、幸福度の高い組織を作るとどうなるのかということを想定しておかないと多くの企業ではWell being(ウェル・ビーイング)に取り組むことはないと思うのです。

価値観が変化してきているからそんなことはないという批判もあると思うのですが、現実的には経済的な理屈を抜きに社員の「身体的、精神的、社会的に良好な状態」を高めることを主目的にする企業は少数派であると思います。

こんなことも言われます。

大企業に入って好待遇を目指すよりもワークライフバランス重視に変化
自己犠牲的な働き方ではなく、自分らしくいられる環境を重視した働き方に変化

だから企業としてもWell being(ウェル・ビーイング)を意識する必要があると。

わかります。わかるのですが人事の現場からすると理想論であってこれらの価値観の変化はありながらも、まだまだ多くの企業や会社員の当たり前にはなっていません。

本当の本当に好待遇よりもワークライフバランスを重視する会社員ばかりになり、自分らしく働ける環境でしか働かない会社員ばかりになったら、現在の経済活動は維持できないと思います。

新しい用語や概念がむしろややこしくしているっぽい

結果的に企業人事の立場でWell being(ウェル・ビーイング)を考える場合、まずは現実的かつ身近な部分から取り組んだ方がいいのかなと。

つまり、「身体的、精神的、社会的に良好な状態」​だと範囲が大き過ぎます。現時点で社員から不満が挙がっていたり、以前から問題視されていることってどこの企業にもあるはずです。それは制度だったり運用だったり、物理的なオフィスやデスク配置だったり、場所だったり時間だったりするかもしれません。

その全てを潰していくことは困難ですが、社員が健康に過ごすことが出来るからこそいい仕事が出来て、それが良い商品や良いサービスの創出につながり事業が成長する。

事業が成長しても社員が健康かつ幸せでなければ社業の維持ができませんから、持続的に会社を成長発展させていくためにはやっぱり働く社員が健やかでなくてはダメよね、というある種当たり前の流れなのですね。

Well being(ウェル・ビーイング)とか新しい言葉で、さも新しい概念の様に表現するからややこしいと思うのです。

そして新しい概念に左右されず企業人事が最も重視すべき大切な事柄があることを忘れてはいけません。それは日々寄せられる社員からの相談。そこにWell beingの答えがあると思うのです。

人事の現場で本当に重視すべき現実はこういうこと

ちなみに今、筆者の目の前にあるのは社員から相談を受けている「介護休業の取得相談」。

社員と同居している祖母が骨折したことをキッカケに要介護度が上がり、介護の主力であった母親がコロナ禍により職場を変えることとなり勤務先が遠方になってしまい母親に代わり社員が祖母の介護にあたる時間が増えたというという内容。

ご家族の健康と安定した日常のために会社の制度利用や介護休業取得に係る相談に注力することって社員の、そして社員のご家族の「身体的、精神的、社会的に良好な状態」のためだと思うのです。

Well being(ウェル・ビーイング)という何やら新しいワードや概念で理想的なことを考える前に目前にある社員の困りごとを人事として、つまり制度や規程や法定や福利厚生や働き方という観点で解決することが重要であって、本来のWell beingなのではないかなと思うのです。

新しい用語や新しい概念が飛び交う人事界隈なのですが、本質は昔から変わりないと思うのです。

人の事柄とかいて人事です。社員が抱える問題や困りごとにしっかり向かい合う以上のWell being(ウェル・ビーイング)ってないと思うのです。

今回は、そんな人事の現場の現実でした。




-給料・待遇

© 2021 人事の夏沢