新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

給料・待遇

給料の手当にも色々な種類あり。手当で企業の本音を見抜く方法

こんにちは人事の夏沢です!

企業人事の本音と現実をテーマとしています。

企業での人事部門を10年以上経験しておりますので採用、研修、評価、給与、社保など人事系実務の本音を書いています【筆者について】。

前回、人事の実務の中で比較的多くの方が気にするであろう給料の決まり方について書きました。

そもそも給料ってどうやって決まっているの?についてはそちらの記事をご参照いただきまして、今回はその続きで「どんな手当があるの?」について。

手当って色々です。

会社によってはとっても充実している場合もありますし、逆に手当なんて全然充実してないんですけどっ、という方もいらっしゃるかもしれません。

いずれにしましても会社員の給料や待遇について考える場合、様々な手当、いわゆる諸手当ですね、この話は避けて通れません。

手当っていくらもらえるの?という切り口で本記事では、給料の決まり方の続きとして諸手当についての疑問に答えます。

この記事を読むと「給料の決まり方や<span class="bold">手当</span>についての本音と現実」が分かると思います。

さらにこの手当のことがわかると、就職や転職の際の注意すべきポイントも分かるようになりますよ。

手当(基本給以外の給料)について

給料には様々な内訳があり、企業により異なります。基本給といわれるものでも職能給、職務給、年齢給、俸給などと言われるいくつかの構成要素があったりします。

今回は、その基本給以外の諸手当について、ぼくの企業人事の経験から説明してみたいと思います。

給料の総支給額の内訳は企業により様々です。ただ、大枠でいうと社員の職務遂行能力(職能)で決める部分と人的要素で決める部分とに別れると思います。今回は人的要素つまり個人の都合により支給の有無が異なる様々な手当の種類やその良し悪しについて書いてみたいと思います。

まず、よくある諸手当の種類について

よくある諸手当の種類

・残業手当
・役職手当
・通勤手当
・扶養手当
・住宅手当
・食事手当
・資格手当
・皆勤手当
・シフト手当
・単身赴任手当
・出向手当


他にもありますし、種類も多いのでこの記事では一個ずつ説明はしません。

ここで書くのは諸手当の本音と現実について。

手当についての本音

そもそも手当とは何なのか。

その本音は、「業務による心身の負荷を給料で解決する」ということです。

法定の支給である残業手当や実費分の支給である通勤手当は割愛しまして、例えば危険作業手当とかシフト勤務手当とか比較的わかりやすい手当についてを例に書いてみます。

危険作業手当は、「危険な作業なんだけど、誰かにやってもらわなくちゃだめなんだ。やってくれたら金で解決します」という意味。同様にシフト勤務手当の場合、「朝早い勤務や夜遅い勤務はしんどくて大変でしょ。でもやってもらわなくてはならないので給料で解決します」という意味です。

つまり、
基本給や本給といわれる基礎的なことに加えて対応した業務への対価なんですね。それを踏まえて以下のような待遇や求人を見てみます。

・月給◯◯万円(手当含む)
・モデル給与◯◯万円以上(見なし残業込み)

こういうパターンは慎重に判断した方が賢明です。

諸手当で企業の本音を見抜け!

基本給は賞与や退職金の算定に影響しますが、逆に諸手当は賞与や退職金に影響しない場合がほとんどです。

つまり待遇面で確認すべきポイントは、

待遇面での確認ポイント

・基本給や本給といわれる部分が、業界水準またはそれ以上か
・通常の水準の基本給に加えて諸手当があるのか
・諸手当は何に影響するのか(賞与、退職金)
・諸手当の種類は何があるのか
・諸手当の額はどの程度か

基本給が少なくて諸手当多い場合は、賞与退職金が少ないかも。基本給はそれなりの水準だが諸手当少ない場合は、月給が少ないかも。

そもそも給料とは仕事の対価として支払われるものなので、属人的要素(家族の数とか家賃の高低とか)で給料が決まるのはおかしいという指摘もあり、最近は住宅補助や扶養手当は見直される傾向があるようです。

それでも企業は、社員やその家族の生活をしっかり支えるんだという考えを持つべきです。
新卒採用においては初任給に目が行きがちです。

中途採用では諸手当含むやモデル年収などの表現で給料の内訳がボヤけがちです。
待遇面をしっかり確認する場合のポイントは、基本給が業界平均並みまたはそれ以上であること、かつ諸手当の種類が充実という企業がいいと思います。

社員に寄り添った企業の場合、諸手当の金額も驚く程充実しているケースもあります。属人的手当が賞与にも反映される企業もあります。

求人広告においては、意図的にこのあたりの表現をぼかしたり、わからないようにしたりは常套手段です。

騙されないようにというのは大げさですが、諸手当の充実は働いてからの納得性も含めて結構重要です。

良さそうな企業に出会うことが出来て、待遇面の交渉局面になった際には、ご自身の現況での諸手当の内訳を教えてもらうことが重要です。内訳が分かれば今後状況が変化したときの諸手当の増減が分かるからです。例えば、お子さんが増えた時にいくら手当が増えるのかとか、住宅補助の支給要件はどういう内容なのかとか、勤務形態や職種による特別手当的なものはあるのか等、とにかく諸手当は法定のものでないので企業ごとに様々ですから手当ごとの内訳確認をしておくと入社直後だけでなくや将来的な収入面のイメージも付きやすいと思います。あと繰り返しになりますが、重要なのは基本給ですからね。諸手当は賞与に算入されないケースが多いので、月給がある程度あっても年収ベースではそうでもないとかもあるのでその辺は慎重にご確認を。

ぜひこの記事をご参考にされて下さい。




-給料・待遇

© 2021 人事の夏沢