新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

給料・待遇

有給休暇を全部消化するのは常識といえる時代になったのか

こんにちは人事の夏沢です!

企業人事の本音と現実をテーマとしています。

人事にまつわる様々なことを書かせていただいている現職の人事部門マネージャーです。

【筆者について】企業での人事部門を10年以上経験しています。

採用、研修、評価、給与、社保など人事系の実務は網羅しておりまして、僭越ながら人事についての経験は豊富であります。

制度設計や企業合併でも人事の実務を経験しています。

今回は、「有給休暇を全部消化するのは常識といえる時代になったのか」について。題名長いですね。

昔に比べれば消化しやすくなった有給休暇ですが、その取得タイミングや取得日数については未だ結構悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

「あまり消化してないけど本当はもっと消化したい」

「毎年全部消化したい」

「退職するときに40日消化しよう」等など

色々な考え方や会社独自のルールみたいなものもあるかもしれません。

この記事を読むと今も昔も会社員の心の内にある有給休暇との付き合い方について参考になると思います。

有給休暇の全部消化についての本音

みなさんの周りにも色々な社員の方がいると思います。

特に人数が多くなれば当然様々な問題も出てきます。

今回は、どこの企業にもいると思われる「有給休暇を大量消化」する社員について企業人事の目線で本音と現実を書いてみたいと思います。

このブログでは筆者の企業人事としての経験に基づく人事上の様々なリアルについてを記事にしています。

有給そのものの意味や説明については、労基法や他のサイトに詳しく記載があると思いますのでそちらをご参照いただければと思います。

有給を全部消化しますという社員がいたらどう感じる?

さて、今回記事にする有給休暇は、年次有給休暇のことです。

記事内では以下「有給」と表現させて下さい。

会社員にとって馴染みがある制度である有給。

何かの用事や都合、または長期休暇を取る目的などで有給を消化するケースが一般的だと思います。

社員の在職年数や立場(正社員と短時間パートタイムなどの違い)により付与日数や付与されるタイミングが異なりますが、いずれにしてもほぼ全ての社員が有給を持っていると思います。

有給は消化しなければ2年以内は繰り越せることになっていて、長く勤めている社員は1年で20日の有給が付与されることから、繰り越し分を含めれば最大40日の有給を所有することになります。

この40日の有給の使い方が今回の記事での本旨です。

みなさんは40日の有給をいっぺんに全部消化しますという社員が出てきたらどう感じるでしょうか。

有給を全部消化する社員について

・いっぺんに40日も有給消化するなんて非常識だ
・社員の権利なんだから当たり前だ

大別するとこのどちらかだと思います。

40日の有給消化はちょっと極論ですが、1カ月程度の長期の休暇を取りますという方はみなさんの周囲にもいるかもしれません。

「有給で1カ月休みます」という社員への率直な感想

筆者は正直1カ月の休暇は長すぎると考えます。

1カ月の長期休暇を取得して業務に支障がないなら普段その社員に担当させている業務量や内容に問題があると感じます。

1年は12カ月ですからそのうち丸1カ月を休暇で不在にして支障がないのであればもともと11カ月で済む程度の業務を12カ月掛けて行っているという考え方もできます。

有給消化そのものが悪いとは全く思っていません。ゆとりのある働き方が理想的だと思っていますし、働き方改革も理解しています。また、長期の休暇も肯定派です。

しかし、丸一カ月の休暇はさすがに長いですし、一定の条件は必要かなと思います。

有給積極消化の一定条件

自分も休むが他の社員も同様に休む(みんな平等に休める)

会社の方針として本心から有給取得(長期休暇含む)を促進している

業務上のメリハリは理解する(休めない時期と休める時期がある)

現在は、有給消化日数が法律で義務づけられるような時代になりましたから、企業や人事としては有給消化を促す立場でいる方が正しいと思いますが、世の中の企業で最近では「有給を取得した方が給与が上がる」とか「有給を取得しない社員の人事評価を低くする」などがあると聞きました。

正直そこまでやる必要は感じません。

そこまでして強要するなら最初から年間の所定労働日数を少なくしてもいいのではと思ったりします(厳密に言うと所定労働日数を少なくすると日当たり単価が上がることになるので残業代その他の算定にも影響がありますので同じではないですが)。

有給消化は止めないけど一応空気を読むことがオススメ

そしてここからが人事の本音と現実ですが、結局、有給は社員の権利が強いので取得したければそれは止めないというのが、ほとんどの人事担当のスタンスだと思います。

しかし、ただ「権利が強いからいくらでもいつでも使ってね」と思っているかというとそうではありません。

その有給取得の結果、業務上支障が出るようなことがあればそれは問題です。

休んでいる時にたまたま問題が起こったのと、業務上問題が起こる可能性がありながらとにかく強行に休んだのとでは異なります。

いくら権利が強い有給といえども後者の場合は、社員にも責任があります。

結果として、有給消化は各社の環境に応じた平均値程度の消化に留めておくのがいいと思います。

有給消化率が高い企業であれば、有給取得を政策的に増やそうとしているかもしれませんし、休暇が多い勤務体系でも業務上の支障がない内容や体制、人員数になっているはずです。

一方、有給消化率が低い企業であれば、休暇を多く取ると業務上支障が出たり、悪い意味で目だってしまったりというのがオチです。

こういう環境である場合は、有給取得は最小限としておき、いずれ退職するときに一気に全消化というのが王道かなと思います。

社員の不平不満二大要素

理想的には、「社員に与えられた権利だから、好きな時に好きなだけ有給取得します」というのが正解と言いたいのですが、社員間の不平不満として、

休みについて挙がりやすい不平不満

他の社員より休みが少ない
他の社員より給与が少ない


この二つは人の心理上どうしてもみなさん気にします。

この二大要素、つまり「休みのこと」と「給料のこと」はどうしてもみなさん有利不利を気にしがちです。

そういう意味ではある社員だけ休み過ぎというのはどうしても反感を買いやすいのです。

有給は原則社員側の判断で使えますが、やはり常識的な範囲内での消化をお勧めしておきます。

「有給は社員の権利なんだから遠慮する必要はありません」というアドバイスは色々なサイトでも出てくると思いますし、当然間違っていないのですが、本音と現実という意味ではまだまだ周囲から理解を得られないケースの方が多いということであります。

有給消化率が低い企業にいて、休暇が多い企業が羨ましいと思っている方は、それを目指して転職を検討するのも手かもしれません。

有給取得を含め、社員の休暇を軽んじている企業の方針や考え方が抜本的に変わるにはとても多くの時間が必要ですから。

それでも時代は労働時間の縮減、私的時間の確保、ワークライフバランス、ゆとりがあれば副業いかがですか、といった方向に進んでいます。自然の流れで有給取得率は徐々に上がってくると思います。おそらく近い将来、気兼ねなく有給を毎年全消化出来る時代が来るでしょう。なんだったら法定の付与日数をもっと増やすような時代がやって来る気がします。

有給休暇の取り方や働き方そのものが変化してきておりますが、とはいえ現段階での現実的な見方についてを書いてみました。

今回はこのあたりで。

ご参考にされて下さい。

-給料・待遇

© 2021 人事の夏沢