新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

給料・待遇

同一労働同一賃金に対応すること。それは多様な働き方を認めること

こんにちは人事の夏沢です!

人事にまつわる様々なことを書かせていただいておりまして、時に人事の本音、時に人事の舞台裏、時に給料や出世のポイントなどについて、企業人事ならではの視点でブログを書いております。

就活、転職、給与、労務などはそれぞれカテゴリーを設けておりますのでぜひご覧ください。

【筆者について】企業での人事部門を10年以上経験しています。

採用、研修、評価、給与、社保など人事系の実務は網羅。

人事についての経験は僭越ながら豊富でありますよ。

制度設計や企業合併の実務も経験しています。

今回は同一労働同一賃金について書いてみたいと思います。均等均衡待遇とも表現されますが、一般的には同一労働同一賃金ですかね。まだ関連法が施行されて間もないので、そもそも同一労働同一賃金とは何か、どのような対応をすればいいのか、そんな基本的な事柄から、企業人事としての経験に基づいた同一労働同一賃金の本音を書いていきたいと思います。

この記事を読むと同一労働同一賃金についての企業人事の本音」がきっとわかると思いますよ!

同一労働同一賃金は本当に実現できるのか

まずは同一労働同一賃金の説明から。

同一労働同一賃金は、同一企業における正規雇用社員と非正規雇用社員の間の不合理な待遇差の解消を目指すものとされています。

社員区分による有利不利がないようにして多様な働き方を自由に選択できるようにすることを目的としているそうです。

このブログでは、いつもどおり企業の人事担当としての目線で本音や現実を書くことを本旨としていますので、同一労働同一賃金に関わる本音と現実を書いて参りたいと思います。

同一労働同一賃金なんてその名目からして本当に実現できるのか?
と疑問に感じる人が多いのではないでしょうか。

そんな制度への対応に関わる人事の現場のリアルです。

同一労働同一賃金、またの名を均等均衡待遇

さて、筆者の所属する企業は規模が大企業の定義に該当するので2020年4月に施行された同一労働同一賃金関連法に対応する必要がありました。しかし、実際にはこのタイミングに先駆けてすでに同一労働同一賃金への対応は済ませていました。

法対応のために何をしたのかは以下のとおりです。

当社が行った同一労働同一賃金対応

給料(賃金)に関わる等級や役職の定義を整理した
賃金を改定した
諸手当の定義を整理した

これらは全て均等均衡について説明が付くようにすることを目的としています。

同一労働同一賃金は、またの名を均等均衡待遇といいます。

つまり、「同じ仕事であるのなら、同じ待遇」という意味の均等(きんとう)「同じ仕事である場合でも、合理的な格差による待遇差は生じる」という意味の均衡(きんこう)を意味しています。

均等と均衡の指すものは異なります。

ちょっと分かりづらいと思うので少し補足すると例えば正社員と契約社員の皆勤手当に差がある場合、正社員であっても契約社員であっても社員区分に関係なく皆勤という事実には変わりはないので手当ては同額であるべき=均等、正社員は全国の支社支店に転勤があり、契約社員は地域限定で転勤がない場合に住宅手当額には一定の待遇差があっても合理的と考えられる=均衡(きんこう)というようなことを指しています。

つまり均衡は、社員区分が異なるから待遇差があるよというのはダメで、業務や命じられる発令内容が異なるからからその異なる分だけの待遇差はあるよという衡(こう=はかりの意味)、つまり合理的に説明が付くバランスについては認められるということです。

これらにはいくつもの判例があり、合理的に説明が付く待遇差であるか否かが均等均衡のポイントとなります。

何をもって合理的とするかは一概には言えないところが本件の難しさです。

待遇差を合理的に説明することこそ全て!

さて、ここからが人事の本音と現実になりますが、この同一労働同一賃金、企業の人事ではどの様に議論が進むかというと、どこからどこまでが同じ仕事だから同じ待遇にしようなんていう整理の仕方になる訳はないんですね。

同じ様な仕事をしている社員の待遇をみんな同一に一番高い給与をもらっている人と同額に揃えられればいいですが、そうはなりませんから待遇差が生じることになります。

法対応のために議論がどう進むかというと、現行制度で待遇に差がある部分をどう合理的に説明を付けていくかというのが主題になります。

つまり「同一の労働だから同額にしよう」ではなく、「同一の労働だけど発生している待遇差にうまく説明を付けられるようにしよう」という議論になるということであります。

合理的に説明が付く待遇差であれば均衡となります。

ただ、どうしても合理的に説明が付かないものが出てきます。

これについてはやはり均衡(きんこう)していない訳ですから、均等(きんとう)に取り扱う必要が出てきます。

このような検討を諸手当のひとつひとつで繰り返して行きます。

最後は全ての手当が、均等(きんとう)及び合理的な待遇差がある均衡(きんこう)として説明が付くものになっていることになります。

同一労働同一賃金についての本音

結果的に出来上がった同一労働同一賃金対応の給与体系は、理想的なものになったかというとそんなことはないのですね。

不合理な待遇差の解消=合理的な待遇差は許されると解釈され、その合理的という中には無理矢理だったり屁理屈だったりでどうにかこうにか説明を付けている待遇差も含まれてきます。

「それではダメじゃないか」と思われるかもしれませんが、同一の労働には同一の賃金をというのが土台無理な話です。

なんなら同一どころか簡単な仕事や量が少ない仕事をやってたくさんの賃金をもらっている社員だって必ずいますし、たくさんの賃金をもらっている社員が最も困難な仕事をやっているとは限りません。

つまり、同一労働同一賃金は、言葉の分かりやすさから多くの会社員の共感を得られやすい印象がありますが、内実はその概念はただの理想論であって、人事の現場では待遇差に理由付けや定義付けをする言葉遊びに近い印象です。

多様な働き方そのものは否定されるべきものでありません。

しかし、法を整備して一斉に各社の給与や手当にまで改定を求めるやり方はあまりうまく行くイメージがわきません。

時代が同一労働同一賃金や多様な働き方を求めている

多様な働き方を認めることを強みとする企業がそういった働き方だからこその成果を上げたり、そういう働き方だからこそ人気になったりすればおのずと「多様な働き方を認める」ということが競争力の向上に繋がり、それを認めない企業は競争力が弱まるというような環境にならない限りは、多くの企業では法に抵触しないための表面上の対応を繰り返すだけになります。

同一労働同一賃金に関わる法律が施行されましたが、同じ仕事をすれば同じ給与をもらえるようになったんだなという誤解や勘違いのないようにご注意下さい。

良くも悪くも会社員の労働と賃金には、不条理な待遇差や合理的とはいえない物事がまだまだあるものなのであります。

とはいえ現在進行形で色々な労働争議を経て、まさにこの同一労働同一賃金に関わる判例が出来てきています。正直各社手探りな中で同一労働同一賃金に対応していると思いますし、良かれと思って整備した内容が実は解釈が異なっていたとか、法対応しきれていなかったなんていう部分はきっとあるはずです。

同一労働同一賃金の取り組み自体はいいものでありまして、多様な働き方を認めたり増やしたりして少しでも会社員が働きやすい環境を整備していくために避けては通れない部分です。本当に同一の労働に全く同一の賃金が支払われるという制度になっていくかは不確定ですが、今後はジョブ型人事制度が主流になっていくような流れになれば、そのあたりとの整合性はおのずと取れるのかなと思ったりします(逆に職能資格制度との整合性はとりづらいですが)。

時代が会社員の多様な働き方を変化させようとしています。

賃金や労働についても根本的に考え直してみたり、整備しなおしたりする時がまさに今なのだと感じます。

同一労働同一賃金の現実についてでした!


-給料・待遇

© 2021 人事の夏沢