新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

給料・待遇

会社での出世のチャンスを他社員よりも多くする方法

こんにちは人事の夏沢です!

人事にまつわる様々なことを書かせていただいておりまして、時に人事の本音、時に人事の舞台裏、時に給料や出世のポイントなどについて、企業人事ならではの視点でブログを書いております。

就活、転職、給与、労務などはそれぞれカテゴリーを設けておりますのでぜひご覧ください。

【筆者について】企業での人事部門を10年以上経験しています。

採用、研修、評価、給与、社保など人事系の実務は網羅。

人事についての経験は僭越ながら豊富でありますよ。

制度設計や企業合併の実務も経験しています。

さて、今回は「出世の仕方!」についてです!

以前、別の記事で給料の決まり方についてや昇格昇進について書きました。

それらに関連することにもなりますが、そもそも単純に「出世の仕方」についてを書いてみたいと思います。

社員の出世について案を作ったり、決めたりすることが業務の一つでもある企業人事。

いつもどおり実際の人事業務経験から本音や現実をまじえて書いて参りますので、この記事を読むと会社員の出世について参考になる部分があると思います。

会社で出世する方法。そのテクニックを企業人事が書いてみる

最近は、企業に就職しても出世を望まない人も少なくないといいます。

色々な働き方や価値観がありますからそれは結構なのですが、本記事ではあくまでも出世をする方法、出世をするためのテクニックについて書くことにします。

まず、出世とは高い身分、地位になることとします。

会社員にとっては役員や社長になることが出世上のゴールです。

企業の規模によっては部門長、部長になることも充分に出世と言えますが、まずは比較的身近かつ分かりやすいところで一般社員から管理職への出世の仕方について書いていきます。

管理職に出世する社員のリアル

管理職になるのは、一般の社員からマネジメント側になるという意味では大きな変化ですし、管理職と非管理職では企業から求められる成果や働き方が異なります。

管理職になるにはという切り口で調べますと、よく見かけるワードとして「管理職として相応しい人物」、「管理職になるのに必要な知識」とか色々書いてあるかと思いますが、このブログはあくまでも人事の経験に基づくリアル、本音、舞台裏を主題としていますので、綺麗ごとを書くつもりはありません。

「陰ながらの努力は誰かが見ていてくれる」とか

「集団や組織を尊重しつつ個性を発揮しろ」とか

そんなことは、本ブログでは理想論や綺麗ごとと考えていますので取り扱いません。

実際の管理職への出世の仕方は、以下のような本音や本現実があります。

管理職への出世のリアル

管理職になる社員はそれ以前の役職でいる段階でほぼ目星が付いている

仕事が出来るから管理職になる訳ではない

頭が良いから管理職になる訳ではない

上司の言うことをよく聞くから管理職になる訳ではない

管理職になるのは誰なんだ

補足します。

一般の社員がいきなり管理職になる訳ではなく、その前にいくつもの役職や役割を経て管理職になります。

その管理職前の働きぶりですでに「将来は管理職にはなるだろうな」という目線で見られている社員というのがいます。

「とても優秀で若手のうちから頼りどころ」という社員は言わずもがななので、それ以外にどういう社員がそれに該当するのか挙げます。以下のような特徴がある社員です。

管理職候補とされている社員の特徴

(全部に該当する社員ではなく、いずれかに該当する社員)
上司や部下、同僚から孤立しない性格
目立つ存在
行動が伴わないとしてもしっかり発言、主張をする
大きな成果は出していなくてもよく動き、行動的

一定の在職期間を経て管理職への昇格者を選定する際、これらの特徴を持っていて会社員生活を送ってきた人は管理職になりやすいです。

企業により管理職への昇格の仕方は異なり、無試験の場合もあれば、社内試験や上司推薦、レポートなどがある場合もありますが、国家試験や検定試験とは異なりあくまでも社内試験なので必ず人物本位の評価が重要な要素になります。

これらの特徴は一見「恣意的だ」と排除したくなりますが人事の現場の本音と現実という意味では必ず影響を及ぼすということです。

仕事がよく出来ても出世しない社員もいますよね

続いての補足。

仕事が出来る、頭が抜群に良いという社員は、すばらしい強みです。

これに加えて人間関係良好、協調性もあるとなれば出世の仕方なんて気にしなくていいくらい理想的な社員ですね。

そのままの会社員生活が出世ラインです。

しかし、仕事が出来たり、頭が良くてもその強みを打ち消す程の個性を持つ人って必ずいます。あなたの周りにもいるのではないでしょうか。

次の様な特徴の人です。

仕事できても総合評価が残念な社員の特徴

頭は良い、しかし性格が超悪い
頭は良い、しかし協調性が皆無
仕事は出来る、しかし人間関係が最悪

管理職への昇格で頭が良いが性格が超悪い社員と頭は良くないが協調性がある社員が対決した場合、後者が勝つことなんてざらです。

会社での出世の仕方教えます

では、結果として何が出世の仕方なのか、出世するにはどうするのがいいのかについて書いていきます。

あなたが仕事が良く出来ると評価されていてもそうでなくても、頭が良くてもそうでなくても、まず必要な行動を挙げます。

綺麗ごとでない現実的な事柄となるため期待に沿うかはわかりませんが、

出世に必要な行動

社内に敵を作らない
自分と意見が合う社員を作る(可能なら増やす)
上司との折り合いは意識せざるを得ない
行動や発言は意識的に行う
性格的に発言が苦手ならメールや書面で意見を述べる機会をしっかり活かす
これらの行動の繰り返しが会社員としての出世にはどうしても必要です。

これに加えて自分の出世スピードを上げたい、早く出世したいという場合はいくつか条件が加わります。

自分の行動だけでなく、外部要因も加わることになりますが、

出世スピードを上げるために必要なこと

人事権のある人、今後人事権を持つことになる人を見定める
成果は直属の上司だけでなく、出来ればその上にもアピールしておく
良い上司の元に配属されている期間は滅茶苦茶頑張っておく

これらをしっかり意識した行動をすれば出世のチャンスは他社員に比べて遥かに多くなります。

出世と言っても人が人を評価して決めていくものです。

色々な感情や現実や不条理が混ざってきます。

出世の機会は平等であるべきとか、陰ながら頑張ってるのを誰かが見てくれているはずとか、目立たない成果だけどコツコツ頑張ってるとか、そういった要素も否定はしませんが、高速スピード出世を語る場合、競り負けます。

人事の現場の理想は、恣意的でなく、定性的でなく、特定の人の感情や感覚で決めず、明確な制度として運用され、根拠もあり、定量的であることです。

しかし、人事の現実においては、なかなか理想どおりには行きません。

だって人が人の評価をし、将来のポテンシャルを予想あるいは期待し、決めていくのですから、究極的には人のあらゆる要素を正しく数値化できない限りは絶対に感情や感覚や印象という要素が入ってきますし、むしろかなり重要な要素として影響します。

そこの定性的な部分を良く評価してもらう、または良い印象に演出するための意識とテクニックが出世には必要なんですね。

企業に就職しても出世したくないという人が増えているそうですが少なくとも管理職くらいまではなりたいという人や誰よりも出世したいと考える人も決して少なくないはずなのでぜひ本記事をご参考にされて下さい。

人事の本音を書いています。

そしてジョブ型へ

これからはジョブ型や職務等級型といわれる人に処遇がくっつくのではなく、仕事に処遇がくっつく形の制度が国内企業にも導入が進みそうです。しかし、これが日本企業に完全に馴染むかというと未知数です。さらにいえば筆者を含む、多くの読者のみなさんの身近までこのジョブ型という制度が到達するにはかなりの時間が掛かるとともにいくつもの変遷やアレンジをたどりやっと一般的な企業にも採用される人事制度となります。現段階では本稿で書かせていただいたような数値化できない部分や職務記述書(ジョブディスクリプション)に表現されない定性的な部分への評価が、人の異動や出世に大いに影響することを想定しておくのが現実的かと思います。

ジョブ型の人事制度における出世の仕方や考え方は、上記に書いた内容とは異なりますが、筆者も自社の環境では実際にジョブ型制度の採用経験値がないこと、そして現段階ではほとんどの企業でその経験値がないことから想定される一般論として別の記事として書いていきたいと思います。今回は従来の制度における出世の仕方についての現実ということでこのあたりにいたします。

ご参考にされて下さい。




-給料・待遇

© 2021 人事の夏沢