新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

労務管理

HSPについて人事が認識・対応するべきこと

HSP

こんにちは人事の夏沢です!

企業人事が本音と現実を書くことを本旨としている当ブログ。

筆者は企業人事として採用や人材育成、人事制度の構築など総合的に実務に携わって来た人事部門マネジャーです。

綺麗ごとや理想論が語られやすい人事界隈なのですが、実務を理解している企業人事の管理職の視点で様々な本音と現実を書いております。

今回の記事は、「HSPについて人事が認識・対応するべきこと」という内容です。

人事が担当する労務管理の中には社員の健康管理も含まれますし、安全配慮義務もあります。健康経営という考え方も昨今注目されておりますし、データヘルス計画は健康保険組合に策定が義務付けられています。

社員の身体的、精神的な健康について考えることは企業人事の業務の一つです。

組織で働く人の中にも必ず存在するHSPという気質を理解しよう

HSPをご存知でしょうか。

Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)の略称で、ごく簡単に訳すと「非常に繊細な人」という意味です。

もともとは心理学者が提唱した言葉とのことですが、社員のメンタルヘルスに関わっている企業人事の間でも使われるくらい用語としては浸透してきているため、今回はこのHSPについて企業人事の本音と現実を書いてみたいと思います。

HSPとは

冒頭ということでHSPとは何かという部分に触れておきます。HSPは4つの性質が挙げられます。

HSPの性質

1 ものごとを深く考える

2 刺激を受けやすい

3 感情的反応性・高度な共感性(感情面が反応しやすく共感しやすい)

4 些細な刺激に対する感受性

これら4つのうち数個はご自身にも当てはまるという方は多いのではないでしょうか。

HSPの場合、4つ全ての性質を持っているとされます。

一文で特徴を表現するなら「感覚がとても敏感で、非常に感受性が豊かな人」ということで何も問題はなさそうに思うのですが、感覚が繊細であるがゆえに心身ともに疲れやすく、情緒の変動や体調不良につながりやすいのだそうです。様々な事柄の感じ方が人より繊細過ぎて生きづらさを感じるほどになってしまうケースもあります。

HSPは病気ではない

HSPは、精神医学上の病気ではありません。

ですので、医療機関でHSPという診断書が出ることはありません。

ただ、HSPがうつに繋がりやすいといった噂などもあり精神的な疾病に近いイメージで語られることがあるのです。

様々な研究が進む中でこのHSPに該当する気質を持つ人は思ったよりも多く、一説によると人類の15~20%に見られる性質という研究結果もあるそうですから、仮にHSPが何らかの精神的疾病の予備軍であるということになれば多くの人にとって他人事ではない訳です。

HSPについての誤解

ここからは企業人事としての本音と現実です。

人事の業務には、社員の健康管理、安全配慮などがあります。昨今はストレスチェックも義務化されておりますし、社内に健康やメンタルの相談窓口が設けられている会社も多いと思います。

企業人事として業務を行っていると社員から「医師の診断書」を受け取る機会というのは少なくありません。企業人事が社員から受け取る診断書は主に2パターンです。

人事が受け取る診断書2種類

身体的な傷病による診断書

精神的な疾病による診断書

身体的な傷病の診断書を受け取るパターンは、例えば骨折したので2週間会社に行けませんとか、運動中に怪我をしたので1週間会社に行けませんとか、理由のある欠勤、つまり病欠を事務的に手続きするために必要となる診断書です。

精神的な疾病による診断書を受け取るパターンは、傷病と異なり周囲からはわかりません。精神的な疾病が原因ですでに会社は欠勤状態になっていて後から診断書が提出されるパターンと診断書を提出した上で療養に入るというパターンがありますが、いずれにしてもやはり病欠を事務的に手続きするために必要となる診断書です。

HSPについて人事が認識すべきこと

HSPの特性を持つ方は社内に必ずいるといっていいと思います。

物事を深く考えてしまったり、周囲からの刺激を受けやすい、共感しやすいなどの特性から職場環境によってはとても疲れやすいと感じているかもしれません。

会社で働くということには誰にでもストレスがあります。

HSPの人はそのストレスをさらに強く感じています。

普通の社員が上司から怒られる場合とHSPの社員が怒られる場合とでは、その感じ方は大きく異なりますし、その後の立ち直りも異なることになります。

HSPの社員の中には様々なことに敏感で深く考えてしまうという特性から同僚に相談しづらいという人もいると思います。自分で様々なストレスを抱え込むことで心が過度に疲れてしまう可能性が高いのです。

HSP自体は病気ではありませんが、間接的に心身の健康面に繋がっていく可能性が十分にあることから人事としてはとても気になるところなのです。

ロンブー淳さんの例(YouTubeロンブーチャンネルより)

2020年にロンブー淳さんが文化放送のラジオ内でご自身がHSPであるという主旨の話をしたことが話題になりました。

ロンブー淳さんのレギュラー番組にカウンセリングの先生がゲストとして招かれ、HSPの紹介をしていく中で、ロンブー淳さんも「自分にもHSPの特徴で当てはまる項目がたくさんある」ということになり、カウンセリングの先生から「淳さんもHSPですね」と番組内で言われたそう。

ロンブー淳さんはHSPであると伝えられたことが、ショックだったどころか逆に色々と納得できる部分が多かったそう。

淳さんが納得したと話していたポイント

潔癖症と言われてきた

神経質と言われ来た

これらの指摘は自分としては腑に落ちていなかった

HSPという気質があることで合点がいった

「自分が気になってしまうことだけがずっと気になってしまう」という部分には特に共感

世の中の4~5人に1人はHSPに当てはまるとも言われているそうですが、そのHSPの中の15%がHSS型のHSPでロンブー淳さんはまさにこれに該当するということなのだそうです。ちなみにHSSとはHigh Sensation Seeking(刺激探求型)で外向的で好奇心が強いタイプという特徴があります。

つまり、内向的で静かな環境を好む本来のHSPとは逆の特徴を有しているというより複雑なタイプ。ロンブー淳さんの表現では「色々なことに興味を持ちどんどん進むけど飽きっぽい」、「色々なことに興味をもって進む割には傷つきやすい」という気質なのだそうです。こういう特徴を持つ気質があるのだということを知って心が軽くなったと話されています。

ロンブー淳さんは、HSPという気質を持った人が世の中にはいるんだということを認識して欲しいということと分断を目的としたカテゴライズではなく色々な気質の人がいるということをお互いに認識しようということを話していました。

組織の中に必ずある身近な気質と心得る

HSPは該当する割合的に決して珍しいものではありません。

世の中の4~5人に1人が該当するということですのでおそらく会社などの組織単位としては必ず存在すると言っていいと思います。

HSPは病気ではなく気質ですからこれを問題視する必要は全くありませんが、人が多い環境が苦手だったり、傷つきやすいといった気質は会社や人事が理解をしておかないと特定の社員、つまりHSPの社員にとって働きやすい環境ではなくなってしまう可能性があり、仮に4人に1人という該当率であれば100名規模の組織でも25名、1,000名規模の組織で250名ということになりますからこれは無視できない規模感です。

HSPについて理解を示し、これを人事として意識することは多様な社員の活用を考える上でもとてもいいキッカケになります。

HSPだけでなく様々な気質や事情や特徴を持った他人同士の集合体が企業の組織です。組織を論じる場合、どうしても合理性とか利便性とか生産性といった観点が中心になってしまうのですが、もっと感覚的な部分、つまり社員が持ち合わせる気質といった観点も同じレイヤーで論じる機会を作っていく必要があると思います。

漠然と感じていたことへの答えとしてのHSP

日常生活で漠然とした生きづらさを感じていて、理由は何なのか分からないでいるところにある種答えとしてHSPという気質が判明し、その特徴がとても自分に当てはまる。

HSPという存在を知ること自体は直接的な改善や解決ではなくても、知ったことによりしっくりきて、安心したという声が多いそうです。もやもやしていたものの答えが分かったときのスッキリ感ということなのだと思います。

HSPという気質なのだということが分かっても実は生活や特徴に変化がある訳ではないのですが、説明が付くようになる。本当は、説明なんかつかなくてもそれぞれの気質や個性を尊重できる社会が理想なのですが、現実的には何事も説明や裏付けがあることは納得感や安心感になるものです。

人事にぜひお声掛けください

多くの人の集まりである会社の中で人にまつわることを業務としている企業人事は、このような気質の人が少なくはないのだということを認識しておく必要があります。そして特徴のある気質は何もHSPだけではありません。人ぞれぞれ色々な考えや主張がありますし、気質だって違います。

だからこそ気の合う人もいれば合わない人もいます。

時には人間関係が崩れてしまうこともあります。それらの全ての解決の糸口が人事だとは言いません。人事はそんなに大層なものではないからです。

でもやっぱり社員に関わることを業としていますから理想としては会社内での問題や仕事のしづらさ、広く言えば生きづらさを感じるのであればぜひ人事に一声掛けていただきたい。

面倒くさいどころか嬉しいです。

社員に「困っているので助けて下さい」と言われたら何とかしたいと思います。

本ブログは人事の本音と現実を書くことを本旨としており、いつもは理想論や人事界隈の自己満足をとても嫌っています。それなのに本稿ではちょっと理想論みたいなことを書いていますが、正直に社員の方からご自身の気質に関わる悩み事、困り事を相談してくれるような場合には全力で力になってあげたいと思うのです。

HSPが認知されるに従い、HSPを自認する方も増えていくことと思います。

その気質が会社での生活をしづらくさせているのであれば解決策の一つとして企業人事をお尋ねください。一緒に解決策を考え、策を講じることは企業人事の大切な責務だと思います。




-労務管理

© 2021 人事の夏沢