新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

新卒採用

就活にお勧めするリクルートスーツのポイント

こんにちは人事の夏沢です!

2022年度新卒採用の就活についていくつか記事を書いているのですが、今回は就活の身だしなみについて書いてみたいと思います。

就活の身だしなみって意外と大切ですし、これについても2022年度新卒採用の就活ならではのポイントがあります。

筆者は、長年にわたり企業人事で新卒採用も責任者の立場で見ています。

面接にも同席します。新卒採用では毎年2次面接以降に同席しています。就活において企業側に良い印象を与えるための傾向と対策を経験上から理解しています。肝心の就活の身だしなみのポイント、特に就活に必須となるリクルートスーツのポイントを筆者なりの視点で書いてみたいと思います。

面接はとても限られた時間で自分をアピールしたり表現をする場です。

初対面で与える印象や限られた時間で相手に届けることが出来る情報には限度がありますが、見た目から伝わる印象や情報量をなめてはいけません。そんな観点でリクルートスーツをカッコよく、または美しく着こなすためのポイントなどについて書いて参ります!

リクルートスーツで良い印象を演出するには

就活の身だしなみと言えば、まずはリクルートスーツですよね。

これは持っていないとさすがに就活が出来ません。

逆にリクルートスーツがあればインターンシップ、会社説明会、OB・OG訪問、面接など、採用選考の全ての過程で使うことが出来ます。

買う時は少々の出費にはなりますが、ない訳にはいきませんから購入は必須ですが、どうせ買うなら機能的かつ効果的に使用できるものが望ましいですよね。まず、就活生が企業人事の採用者側に与えたい印象を考えてみましょう。

就活生が企業側に与えたい印象

知的なイメージ
清潔感
誠実さ

まずは男女ともにこのような所だと思います。

リクルートスーツなんてだいたいどれも一緒でしょと思われると思いますが、そんなことはありませんよ。

選び方が下手な人と上手な人がいます。

おそらく本稿を読んでいただいている就活生や学生の方の中にもインターンシップなどで他の学生を見たときに「あれ?何かあの学生が着ているリクルートスーツいいな」みたいな雰囲気を感じたことってあるのではないでしょうか。

自分以外の就活生を見て綺麗に決まっていて印象がいい人だなと思ったことってあるのではないでしょうか。

その綺麗に決まっていた学生が着ていたリクルートスーツって別に値段が特別高いとかブランドものという訳ではないのです。

ポイントは実はサイズです。

自分の身体のシルエットにあったサイズを選ぶことがかなり大切です。

身体のサイズに合っているのはもちろん肩や腰、パンツの細さなどが着やすさ重視ではなく、シルエットやフィット感重視になっているものの方が確実にいい見栄えになります。

このような形状のフィット感のあるリクルートスーツを着ることで実は清潔感や誠実というイメージに加えて「なんか他の人より決まっている」、「上品な見た目」といったまさに良い印象の部分を演出することが出来るんです。

リクルートスーツに求めるべきポイントはコレだ

リクルートスーツに着やすさや着心地を求める必要はありません。

リクルートスーツとは言え多少なりともカッコよさ、美しさを求めましょう。「就活にカッコよさとか美しさは関係ないでしょ」と思われるかもしれませんが、そんなことはありませんよ。ヨレヨレよりはビシッとしている方が絶対にいいですし、汚らしいより清潔感がある方が与える印象という意味では絶対に得な訳で、見た目のカッコよさや綺麗さを競う場ではありませんが、可能な範囲またはちょっと背伸びする程度までの範囲でカッコつけておくくらいで丁度いいです。

リクルートスーツは、自己満足で着るのではなく企業や採用担当に対して自分のイメージを伝えるためのツールの一部ですから、これは絶対に形重視が正解です。着やすさや着心地を優先すると比較的ゆとりのあるサイズ感や丈になりがちですが、これが一番カッコよくないし、美しくない。

男性でも女性でも特にパンツのフィット感と丈は重要です。別に脚そのものが細い必要はなくスーツのフィット感の話です。

自身にフィットするもの(ちょうどいいという意味ではなく、タイトであっても綺麗なシルエット)を履くとリクルートスーツや女性のパンツスーツは、想像以上に活発な良い印象を与えることが出来ます。

ジャケットであれば肩、腰がきちんとシェイプされた形状、パンツはヒップ、腿、膝がやはりシェイプされた形状のものを着るととってもカッコよく、美しく映ります。女性の場合、パンツスーツでなくスカートを選択する場合も自身のシルエットにしっかり合ったタイトスカートを選ぶことで前述のものと同じ印象になります。

リクルートスーツのお勧め【形状】

一般的なサイズ感+筆者のお勧め

メンズ

ジャケットは2つボタン一択
肩幅がぴったりくらいがいいとされている
【筆者のお勧め】上のボタンを留めてキツ過ぎない程度の範囲でなるべくタイトなものがお勧め
ジャケットの丈は、ジャケットの裾でおしりが隠れる程度とされている
【筆者のお勧め】筆者的には、やや短めくらいがお勧め。ジャケットが長いと胴長に見えますよ
袖丈は手首が隠れて、ワイシャツの袖が1~1.5cm出るくらいとされている
【筆者のお勧め】これはそのとおり。袖丈は短か過ぎても長すぎてもカッコ悪い
パンツ
【筆者のお勧め】ノータック一択(タックとはパンツの前身にある生地を畳んだヒダヒダの部分。タックがないものがノータック)
【筆者のお勧め】これに加えて筆者的にはヒップ、腿、膝が適度にシェイプされた形状がお勧め
パンツの裾
【筆者のお勧め】シングル一択。これは筆者の趣味ですがシングルの方がカッコいいと思います。

レディース

ジャケットは2つボタン(1つボタンはカジュアルな印象。2つが無難)
肩幅がぴったりくらいがいいとされている
【筆者のお勧め】筆者的には、両方のボタンを留めてキツ過ぎない程度でタイトなものがお勧め
胸囲、胴回りはボタンを留めたときに少し余裕があるサイズがいいとされている
【筆者のお勧め】筆者的には、胴回りは適度にシェイプされている方が美しく見えると思います
ジャケットの丈は、ジャケットの裾でおしりが隠れる程度とされている
【筆者のお勧め】筆者的には、やや短めくらいがお勧め。ジャケットが長いと胴長に見えますよ
袖丈はブラウスの袖と手首が隠れるくらい
【筆者のお勧め】これはそのとおり。袖丈は短か過ぎても長すぎてもカッコ悪い
パンツはパンプスのヒールの上部分が隠れるくらい。
【筆者のお勧め】筆者的にはヒップ、腿、膝が適度にシェイプされた形状がお勧め

リクルートスーツのお勧め【色】

就活で使用するリクルートスーツの色は、ブラック、ネイビー、グレーくらいまでが一般的だと思います。

そして結論としては、色については無難な黒または黒に近いネイビーがお勧めです。

リクルートスーツはカジュアル感を出すことは目的ではなく、面白味はありませんが黒またはネイビーの選択で間違いありません。

色は地味でも前述のように形状により清潔感や誠実さを表現する方が就活においては自然でいいアプローチだと思います。

グレーは選択範囲内ですが、明るめのグレーは思いのほか目立つ場合があります。ちなみに企業人事の目線で本音をいうと一人だけ他と異なる色のリクルートスーツを着ている学生がいた場合、その個性に興味を持つというよりは、ちょっと悪目立ちかなという印象を持つ場合があります。

当然採用に関する偏見にはなりませんが、少なくとも突飛な色のスーツで目立つのを狙うことを得策とは感じませんし、ほとんどの企業人事は同様ではないかと思います。

これと同様にストライプや柄、ツヤなど色々な生地や素材がありますが、リクルートスーツにおいてはシンプルな無地に近いものをお奨めします。就活生の皆さんがリクルートスーツの色や柄で目立つことにメリットを感じません。

まとめとお勧め購入サイト

筆者がお勧めするリクルートスーツのポイント

リクルートスーツのポイントはコレ!

シルエット
シェイプした形状とフィット感
シンプル
色や柄ではなく形を良く選ぶのがお勧め
着こなし

就活自体を憂鬱に思っている方もいるかもしれません。

逆に様々な企業との出会いを楽しみにしている方もいるかもしれません。

どちらにせよどうせやるなら印象で損するよりは得な方向に持っていく方が良いと思いますし、何事も印象って結構大切です。

企業への就職は適正、やる気、ポテンシャルなど重視すべき点はたくさんありますし、見た目や印象で就職が決まるということはないかもしれませんが、人に与える印象についてとても有名なメラビアンの法則というものがあります。

話をする際に相手に伝わる情報

話の内容自体 7%

声の大きさやトーンに関するもの 38%

見た目 55%

話しているときの情報量に占める割合は見た目が半分以上ということなのだそうです。

採用面接はとても限られた時間内での勝負ですから第一印象は思ったよりも重要度が高いのです。

就活生のみなさんはぜひ本稿をご参考にカッコイイ、または美しい、リクルートスーツの購入を検討してみて下さい。

ちなみにリクルートスールは1着でもいいと思いますよ。

理想的には2~3着ですが会社説明会や面接がオンライン化している2022年度新卒採用については1着あれば対応可能だと思います。

ただし、面接で複数回同じ企業を訪れることもあるでしょから、男性であればネクタイくらいは複数本を使い分けた方が良いと思います。

女性であればブラウスをレギュラーカラーとスキッパーカラーなど使い分けることで好印象な就活女子になることができると思います。

これらも含めてやはりリクルートスーツは最適な1着を選択しましょう!

筆者がお勧めするリクルートスーツ購入サイトをご紹介していきます。

どうしても1着は必要になります。折角ですからご自身に合うリクルートスーツを探してみましょう。

こちら↓のサイトはオーダースーツをネットで注文できます。かつ価格もかなりお手頃です。

サイトに行ったら左上の検索ボックスに「リクルートスーツ」や「就職活動」と入れたいところなのですが、実はこのSuit Yaの検索ボックスにこれらワードを入れても「該当する商品はありませんでした」となってしまいます。

しかし、安心してください!

画面を下の方にスクロールしていきましょう。

スーツの記事選択などが出てきますが一旦無視しまして、下にスクロールして行きます。

すると【Ranking】というコーナーが出てきます。

様々なスーツのカテゴリーがランキング形式でまとめられています。

【もっと他の人気順ランキングを見る】という所に「リクルートスーツ」があります。

これをポチッと選択。

すると「リクルートスーツ」としてのお勧め生地が表示されます!

まずは生地を選ぶのですが、「そんなの分からないよ」という人がほとんどだと思います。ここでは黒や濃紺という色とあとは無理のない価格というくらいの意識でいいと思います。無地の黒や濃紺であればリクルートスーツとして使用が出来ますし、このサイトで作るオーダースーツの便利機能はここからです!

このサイトの特徴は、お手頃価格でのオーダースーツ。生地は、無理のない価格のものでもカッコイイ形で出来上がります。

さて、次は「ボタンを選ぶ」に進みます。ジャケットのボタンの数ですね。正直何を選んでいいのか分からない人も多いと思いますがご安心を。下の画像のように「迷ったらコレ!」という表示でお勧めの選択肢がかなり分かりやすく示されています。

特にリクルートスーツでは形状を特別なものにする必要はありませんから、お勧めされている選択肢を中心に確認し自分が良いと思うものをポチッとします。リクルートスーツの場合、型や各パーツは無難なものの方がいいです。ただ、無難なものを選択してもやはり既製品に比べてオーダースーツはフィット感のあるピシッとしたものが出来上がります。

次はラペルを選ぶ。

ラペルは襟部分に続く身頃の折り返し部分のことです。ラペルを気にするとオシャレになるのですが、とにかくリクルートスーツでは「ノッチ」でOK。ちなみに筆者のジャケットもほぼノッチですが、ラペル部分が太いとカッコよくないと個人的には思っているので、ラペルの幅を気にしています(余談です)。

その続きのそれぞれのデザインを選択していきますが、とにかくこちらのサイトでは「迷ったらコレ!」という選択肢が提示されますのでリクルートスーツではお勧めを選択していき無難な形状にしておくことがベターです。

それでもオーダースーツは既製品に比べてしっかりしたものが出来上がってきます!

ちなみに選択していく項目は ↓ こんなにあります。でもサクサク進むから手間になりませんよ。「おすすめ」と「迷ったらコレ!」の選択肢が示されるのでそれを中心に選択していけばリクルートスーツだけどちょいと拘りのあるいいスーツが出来上がります。最後に右下に表示される「カートに入れる」で完成。

その他のお勧め購入サイト

先ほど書かせていただいたSuit Ya以外にもお勧めサイトを載せておきます。

本稿の主旨とはやや異なりますが、

リクルートスーツなんて就活の時しか使わないからなるべく安く手に入れたい

あまりこだわりはなく無難なものがいい

既製品で買ってしまった方がラクでいい

当然このような考え方もあります。それでもその中でなるべく良いものやカッコいいものを選びたいじゃないですか。

そんな方にはこちらのPerfect Suit FActory(パーフェクトスーツファクトリー)をお勧めさせていただきます。

パーフェクトスーツファクトリー

サイト上右側に表示されている黄色メニューを選択すると検索ボックスが表示されます。

ここで「リクルートスーツ」とキーワードを入れて検索するといくつか商品がヒットしますが、実はリクルートスーツというキーワードでサイト内検索に引っかかってくる商品はそんなにありません。でも安心してください!

こちらのサイトではスーツの種類は豊富なので【メンズ】【レディース】それぞれのカテゴリーを選択の上、「スーツ」のメニューを見てみるとたくさんの商品が表示されます。

さらにそこで注目なのが「SALE」や「OUTLET」の表示。

かなりお買い得商品がありますよ。

パーフェクトスーツファクトリー

こちらは【メンズ】のスーツ。

ネット特別価格ということで大変お買い得になっていたりします。

形も無難でリクルートスーツに最適な商品もたくさん取り扱われています。

右下のサイズを選択してカートに入れるで終了。既製品から選ぶお手軽さと価格的な魅力で一見の価値ありです。

こちらは【レディース】のページ。

やはり無難でリクルートスーツに最適な商品が沢山取り扱われています。

ちなみに検索ボックスから「リクルート」で検索すると靴やベルトなど小物類もヒットします。リクルートスーツだけでなく、必要なものを一式揃えてしまおうという場合はぜひ検索してみてください。

パーフェクトスーツファクトリー

パーフェクトスーツファクトリー

お勧めサイト

前述のperfect suit factoryのコンセプトに近いサイトをもう1個紹介しておきます。

筆者が個人的にお勧めするのは、やはり他学生と少しでも印象面で差を付けることを目的とした形がカッコイイ、綺麗といったリクルートスーツなのですが、無難かつ価格重視という方も大勢いることを理解していますので、そちらの選択肢としてのお勧めサイトです。
はるやまオンラインストア

はるやまオンラインストア

サイト右側に表示されるメニューの検索ボックスに「リクルートスーツ」と入れるといくつか商品がヒットしますが、リクルートスーツというキーワードで引っかかってくる商品はそんなにありません。でも安心してください!

はるやまオンラインストア

キーワード検索ではなく【メンズ】か【レディース】かを選択したのち【スーツ】のカテゴリーを検索するとリクルートスーツとしてお勧めのスーツが沢山あります。かつ値段がお手頃なものも豊富。

はるやまオンラインストア

はるやまオンラインストア

ちなみにこちらがLadies OnlineShopということで女性向け商品のトップページ

はるやまオンラインストア

スーツのカテゴリーで探していくとリクルートスーツとしていい感じの商品が沢山見つかります。かつ値段が魅力。

女性向けのリクルートスーツはみなさんそれぞれスカートとパンツの使い分けがあると思いますし、ジャケットの形も複数ありますので売れ筋ランキングから探してみるのもお勧めです。

はるやまオンラインストア

就活はどうしても身だしなみを意識して進めていく必要があります。

前述のように初対面で相手に与える印象って意外と大事ですし、企業側もヨレヨレの人よりはビシッと決まっている人の方に良い印象を持ちます。

能力重視が前提ですが、そこはやはり現実もあって能力さえあれば万事OKということにはなりません。

見た目や見出しなみで加点を狙う必要はありませんが、少なくとも減点になってしまうのは残念ですからぜひ本稿をご参考にしていただき準備を整えていただければと思います。

-新卒採用

© 2021 人事の夏沢