新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

新卒採用

会社説明会の舞台裏教えます!

こんにちは人事の夏沢です!

現役企業人事が書く「企業人事の本音と現実」をテーマとしているブログです。

別回の記事で、就活における書類選考面接について書きました。

今回は、会社説明会のホントについて

書類選考や面接をすでに書いておきながら会社説明会って・・選考の順番は無視ですね。

でも記事はきっとお役に立つはず! 順番は前後しましたがご容赦を。

さて、会社説明会に関わるギモン、例えば

会社説明会って選考と関係あるの?

会社説明会と言いながら実は選考があるんじゃない?

会社説明会は言った方が有利?

この記事では、こんな新卒採用の会社説明会について答えて参ります。

毎年実際に複数回の会社説明会に対応している現役企業人事の視点でしっかり書いていきたいと思います!

この記事を読むと「会社説明会には行った方がいいのかなど、会社説明会のポイント」が分かると思います。

 

新卒採用における会社説明会の舞台裏を書いてみる

新卒採用選考のことを選考段階別に書いてきましたが、番外編として会社説明会について書きたいと思います。

なぜ番外編かといいますと、本来会社説明会は選考ではありませんから「新卒採用選考」としては書く必要がないのですが、学生のみなさまからすると会社説明会でも選考があるのかとか、何か留意すべきポイントがあるのかなど、おそらく気になる点がいくつかはあるのではないかと思いまして、会社説明会を開催する企業の人事側の視点で舞台裏を書いておこうと思いました。

舞台裏を知ることで学生のみなさんにとっては、会社説明会のポイントがわかると思います。

また、会社説明会は選考ではないとはいえ一部選考に関わってくるケースもあります。

ぜひ参考にしてください。

会社説明会で人事が考えていること

会社説明会は、企業が就活中の学生に自社の概要を知ってもらうための機会です。

現在は企業の概要を知ってもらうためのツール(例えばホームページ、採用媒体のページなど)というのはいくらでもあるのですが会社説明会を開催することで実際に企業の採用担当者と就活中の学生との接点を作り、ホームページや紙の資料で表現しきれないことや本音の部分、リアルタイムの話題などを伝えることができる場を設けている訳です。

そういう訳で会社説明会というのは、企業の事を就活中の学生のみなさんによく知ってもらうというのが主旨なのですが、企業の人事、採用担当者的には以下の様な考え方を持つ場合が多いです。

会社説明会で人事が考えていること

会社説明会は選考には直結しない

でも自社を知る機会としてぜひ来てほしい

他社と自社の会社説明会の日程が重なった場合、どちらの説明会にいくかで志望度の軽重がわかる

つまり会社説明会に来てくれた学生=志望度が高いという指標にはなる

会社説明会への参加は選考の合否に影響するか

誤解のないように補足いたしますと企業の担当者もいちいち他社と自社のどちらの説明会に行くのかを確認する手段もありませんし、細かくチェックなんかはしません。

それでももともと自社の会社説明会に予約をしてくれていた学生が土壇場でキャンセルしたりすると、「他社の説明会や選考を優先されたかな」という考えがよぎる訳です。

そして採用選考をシステムで管理している企業の場合、説明会への参加、どの媒体からの応募だったか、各段階での成績などを一元管理できますので、採用選考の最終段階である面接に至った際、面接官の手元にある資料の端には「会社説明会参加有無」のような欄があり、そこに〇×という形で説明会参加が確認できる様になっているケースというのは実際あります。

ここが×すなわち説明会に参加していないということで不利益にはなりませんが、仮に全くぴったり同じ成績であり同じ評価の学生がいた場合、会社説明会参加の有無が分かれていれば、会社説明会で企業の情報を得た上で志望している方が、自社を理解している可能性がありミスマッチを防げる可能性が高いかなというわずかな差くらいは付く可能性はある訳です。

ですので基本的に選考に影響はありませんが、完全に100%ないかというとそういう訳でもありません。

会社説明会の時にアピールする作戦の効き目

それからものすごい本命の企業があり、どうしてもとにかくその企業の内定が欲しいという場合、企業の人事との接点となる会社説明会で何とかアピールできないかと考える学生の方もおります。

学生のみなさんが企業側にアピールする手段は、多くの場合、質疑応答のタイミングで質問を通じて積極的に発言する、または会社説明会後に採用担当者に話しかけて質問をするというのが多いです。

このとき、企業の人事や採用担当者は以下の様なことを感じています。

当社を本当に志望してくれているな

当社が本命ではないが業界や業種の情報を集めたがっているな

企業や業界の理解度が低く、志望度が低いな

質問等を通じて採用担当に個人を少しでも記憶させようとしているな

上記の場合、企業の人事や採用担当にとって最も印象がいいのは、「本当に志望してくれているな」と感じる内容の質疑応答のやりとりです。作戦として何度も質問をしたり、長く話をしたりするというやり方は、あまり効果がなく自身で企業研究をしたり、会社説明を聞いた上で本当に疑問に思ったこと、分からなかったこと、知っておきたいことを真摯に質問するのがよいです。

その時も唐突な質問をするのではなく、自分なりに調べたがわからなかったということやもっと詳細を知りたいんだという今回の質問に至った理由を簡潔に添えることで一気に「この学生はしっかり調べてくれているな」とか「志望度を高く考えてくれているな」という視点になります。

結果、会社説明会で印象に残るような学生も実際は出てきます。

ただ、それで選考が優遇されるというケースはほぼないと思います。

企業の人事や採用担当としては、この印象に残った学生について、この先の選考も通って内定になるといいなという思いで見ている程度です。

会社説明会でのだまし討ちに気をつけろ!

それから別のパターンも補足しておきます。

会社説明会で選考をするというパターンです。

会社説明会を開催することにより学生のみなさんに集まってもらうことが出来る訳なので、その機会を利用して適性検査を実施するというケースがあります。

また、会社説明会のあとにそのままグループディスカッションをやりますといったケースもあったりします。

この場合は、会社説明会の募集の段階でそのような説明があると思いますので、会社説明会というよりは選考として参加する必要があります。

ただ、だまし討ちの様に会社説明会の名目で集まってもらっておいて、案内もなかったのに選考を行うような企業の場合、そもそも入社を慎重に考えるのをお勧めします。

選考の段階で案内が欠けている部分がある訳ですから、入社後や社内の体制は推して知るべしでしょう。

そういう訳で一言に会社説明会と言いましても企業側の思いや感じ方、学生のみなさんとしての参加の仕方やその後の選考への影響などいくつかのポイントがありますのでご参考にされてください。

-新卒採用

© 2021 人事の夏沢