新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

新卒採用

新卒採用の適性検査(SPI)ポイント

こんにちは人事の夏沢です。
企業人事の本音と現実をテーマとしている本ブログ!

現在は人事部門の管理職ですが、ぼくは採用担当経験長いです。
新卒採用も中途採用も担当してきましたが、とにかく人材の確保というのは組織形成の根幹。
採用の実務を担当しているとき、ちょうど会社の拡大基調が長く続いている折でしたので泥まみれになりながら採用活動に邁進していました。カッコイイ人事像を犠牲にして(本当はカッコつけたい)新卒採用についての本音と現実を書いて参ります。

筆者について
企業での人事部門を10年以上経験しています。
採用、研修、評価、給与、社保など人事系の実務は網羅。
人事についての経験は控えめに言ってまずまず豊富ですよ。
制度設計や企業合併の人事の実務も経験しています。
今回は実務を通じた経験談から適性検査(SPI)を解説していきます。

この記事を読むと「新卒採用の適性検査(SPI)の突破の仕方、選考でどう使われるか」が分かると思います。
選考でどう使われるか知っておくのは、その後の選考を考えても損ではありませんよ。

新卒採用での適性検査(SPI)の本音と現実

別回の記事で、
就職活動(以下、就活)って何をやればいいの?
エントリーシートってどう書けばいいの?
について書きました。
今回は、新卒選考の適性検査SPIについて。

ポイント

適性検査(SPI)って何?

適性検査(SPI)はどんな検査をするの?

適性検査(SPI)の合格不合格はどう決まる?

適性検査(SPI)はその後の選考でどう使われるの?

この記事では、新卒採用選考の適性検査(SPI)の疑問に答えます。

就活のプロセス

ポイント

・企業選び

・書類選考

・適性検査

・面接

企業によって異なりますが、おおむね上記の過程はまずあります。
前回、新卒選考の最初の段階として書類選考について書きましたので、今回は次の段階として適性検査(SPI)について書いてみようという訳です。

適性検査(SPI)は就活生みんなが通る道

以前は、筆記試験と言っていたもので、だいたいの会社は書類選考の後、面接の前にやります。一次面接のあとにやる企業もあるみたいですが主流派ではないと思います。

その適性検査ですが、ここではSPIついてです。
SPIはリクルートマネジメントソリューションズさんが提供する選考ツールで、新卒選考における利用率が高いことから就活学生は経験することになる人がほとんどです。

SPIの問題集や対策本はたくさんありますので、このブログにおいては、問題の解き方ではなく、企業側でSPIの結果がどう使われているのか、SPIが採用選考にどの程度影響しているのかなどを企業人事の視点、ぼくの経験に基づいて書いてみます。

おそらくほとんどの学生の方が「SPIを解いたけど具体的に自分がどのくらい出来ていて、どのように選考で活用されているのかは知らない」というケースがほとんどのはずですから学生の方には参考にしていただけるのではないかと思います。

SPIとは何者だ

まずは、SPIそのものの説明をいたします。
ただ、SPIの説明、たとえば正式名称はこうですとか、どんな設問がありますといったことは他のサイトでよく説明いただいておりますので、このあたりは最小限で済ませます。

SPIは能力検査と性格検査の2つの項目があります。
能力検査は、言語(読解)、非言語(数的処理)があり、これに加えて英語がある場合があります。

こちらは一定水準で合否を線引きするためのものとして使われているケースがほとんどです。
つまり一定以上を得点できなければその時点でアウトです。

ただ、企業によってはこの点数は参考程度であって、一定以上の学校は全部通してしまうとかのケースもあります。
また、エントリー数が少なく、母集団が多くない企業は適性検査ではほとんど落とさないというケースもあります。
これらはその企業の規模や倍率により採用側のやり方が異なるので一概には言えませんが、結果としてSPIはある程度勉強して一定以上得点しておく必要があります。

SPIで性格まで判定される

続いて
性格検査の方。いわゆる性格の適正を見るための検査ですね。
検査の内容も能力検査とは異なりアンケートみたいな設問ですから、頭を使うとか、難易度とかを気にする必要はない類です。

しかし、採用選考においてはこちらの性格適正は色々な面で見られています。
SPIの結果を学生が細かくフィードバックされるケースはあまりないので、どんな結果が出て、何を見られて、どう判断されているのかについては不明瞭な部分になっているはずです。

人事はSPIの何を見ている?

企業の採用側では以下の様な結果を拝見しながら選考やその後の材料としています。

ポイント

SPIの結果は、能力(言語、非言語、英語)、性格特徴、職務適応性、組織適応性の4項目がある

SPIの性格適正は思っているより結果が細かく出る

性格特徴では、行動的側面、意欲、情緒的側面、社会関係的側面という大項目があり、各項目の中で細かく性格が分析される

職務適応性、組織適応性では職務や組織に対する適性が評価される

SPIの性格適正で自分をよく見せようとするとした場合は、そういう判定がついてしまう(応答態度といいます)

応答態度では「やや自分をよく見せようという傾向」、「自分をよく見せようという傾向が強い」、「回答方法を誤っている可能性」などの判定がある

通常に回答していれば応答態度は「特に問題なし」の判定

性格面が数値で表されるが、一定以上の性格適正結果でないと不合格というケースはあまり聞いたことがない

能力(言語、非言語、英語)と性格特徴は、標準得点に比べてどうだったかという指標がある

SPIの「能力」項目以外は、合否に使うというよりは面接時の参考値として、入社時の配置等の参考として使用される

性格適正結果が求める学生像と大きく乖離する場合は、不合格になるケースはある

性格面でわかりやすい特徴が出ていれば、内定後それを活かせる配置などを検討されるケースもある

性格適正結果はグルーピングされ、このグループはこの職種に向いている等配置の参考とされる

こういう性格だからあの上司の下に置こうとか、あの上司の下だと向かない等も検討されるケースがある

受験者個人の性格を見るだけでなく、今年度の志望者が昨年度と比較してどのような性格傾向かなども見ている

内定者全体の性格傾向が企業が求めていた学生像に近いか確認している

内定者と内定辞退者の性格を比較してどんな性格の人に辞退されやすいかなども確認している

ということで性格検査は、別に勉強してどうのということではないのですが、結構色々な側面で参考にされています

適性検査(SPI)の対応方法

結論としては、SPIは多少なりとも事前に参考書で勉強して、能力検査は一定水準は解けるようにしておくこと、
性格検査は、飾らず、盛らず、自分の考え方や性格をそのまま回答するのがよいです。

無理矢理いい人を演じない

性格検査については、ついつい良い人っぽい回答をしたくなるのですが、本来の自分ではない性格だと企業側に思われて入社までいたってしまったらお互いミスマッチになる可能性があります。
それでは企業にも学生の方にもいいことはありませんからありのままの自分を回答するのが無難です。

企業側も必ずしも性格適正がキラキラした学生ばかりを集めようとしている訳ではありません。
尖っている部分もその人の個性として強みになり得るということは百も承知です。

適性検査(SPI)で自分を表現する

書類選考と適正検査は紙面やweb(つまり文字や数字)を通じて自分を表現しなくてはなりません。
難しいところですが、ここは丁寧に対応するしかありません。

また、学歴フィルターが強めの場合は、エントリーシートを含め、もはや適正検査は関係ない場合もあります。つまりフィルター外の学生は不合格です。

しかし、これらの運用は企業により異なりますし、年度によっても運用が多少変わると思いますから、受験する学生が「ここはフィルターあるから応募しても無駄だな」という判断ができません。

ですので、エントリーシートと適正検査までは、とにかく行きたい企業の前半選考として、精一杯自分を表現するということに努めるにつきます。
以上、SPIについてのご参考になればと思います。

-新卒採用

© 2021 人事の夏沢