新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

新卒採用

エントリーシートの書き方とコツ

こんにちは人事の夏沢です。
企業人事の本音と現実をテーマとしている本ブログ!

人事の実務を頭から泥まみれになりながらやっつけてきたぼくが、カッコイイ人事像を犠牲にして(本当はカッコつけたい)本音と現実を書いて参ります。

別回の記事で、
就職活動(以下、就活)って何をやればいいの?
という話題から「企業選びのポイント」について書きました。
今回は、新卒選考の書類選考いわゆるエントリーシートについて

エントリーシートって何?

エントリーシートはどんなことを書けばいいの?

エントリーシートの高評価と低評価はどこで分かれる?

エントリーシートはその後の選考でどう使われるの?

この記事では、このような新卒採用選考のエントリーシートの疑問に答えます。

エントリーシートについては様々な記事や書籍もありますが、今回の記事には役立つ部分があると思いますのでぜひご参考にされて下さい!

筆者について
企業での人事部門を10年以上経験しています。
採用、研修、評価、給与、社保など人事系の実務は網羅しています。
人事についての経験は控えめに言ってまずまず豊富ですよ。
制度設計や企業合併に係る人事の実務も経験しています。
実務を通じた経験談から新卒採用や就活についてを書いてみます。

この記事を読むと「エントリーシートの書き方、エントリーシートのポイント、企業側での使われ方」が分かると思います。

就活のプロセス

ポイント

・企業選び

・書類選考

・適性検査

・面接

企業によって異なりますが、おおむね上記の過程はまずあると思います。

今回の記事では書類選考=エントリーシートについてですが、他の工程もそれぞれ記事にしておりますのでご覧ください。

エントリーシートの本音

新卒採用の選考にはいくつかの段階がありますね。
一次試験、二次試験などと表現される場合もあります。
一般的には、書類選考、筆記試験、グループディスカッション、面接の組み合わせです。

他にも企業独自の選考段階が挟まるケースもあります。
あとはその中身の量とかレベルとか母集団の数による倍率とかで企業ごとの難易度が分かれます。

選考の段階ごとに企業の採用担当の目線などを書いてみます。

まず書類選考。

通常の選考フローは書類選考としてエントリーシートから始まるケースが多いですね。
現在ではエントリーシートの提出もWeb提出がかなり導入されています。

一方、Web提出をあえて導入していない企業もそれなりにあります。
「直筆にこだわる」というやや古めの理由やWeb提出にするとコピペもできちゃうので志望度が低い学生の応募も増えてしまうという懸念から敬遠する企業がまだあります。

エントリーシートの真実

エントリーシートによる書類選考について、企業の採用担当が何を見ているのかといいますと企業によるということになってしまうでのそれでは参考になりませんので、ぼくの経験から採用現場の実際を書いてみます。エントリーシートの書類選考の実際はこんな感じ。

ポイント

  • 端から端までしっかりとは読み込まれていない(物量の問題)
  • 1名の担当者ではなく複数名が同じエントリーシートを見ている(視点が偏らない様にしている)
  • 誤字脱字は注意(しっかり読み返してない=志望度低いと判断される可能性)
  • サッと読んだだけで良く書けているエントリーシートは採用側でもありがたい(すぐ合格判断できるから)
  • 汎用的な内容はイマイチ(コピペを疑われる。志望度低いと見る)
  • 企業ホームページの文言や経営理念をそのまま記載して「共感しました」(文字数稼ぎと見る)
  • 写真の映りは全然重要じゃないが、自撮りして印刷した物を貼ったりするのはやめた方がいい
  • 学歴フィルターの範囲や程度は企業による。フィルターがない企業も当然ある

エントリーシートでいい印象を持ってもらうために

上記のようなポイントですが、エントリーシートを書くにあたっていい印象をあたえるポイントをいくつか挙げます。

ポイント

  • 汎用的な内容でない
  • 経験が他の学生と被っていない(サークルとかバイトとかはお腹いっぱいです)
  • 経験は被っていても感じ方が被っていない
  • 設問への答えを書けている(結局ボンヤリみたいなケースが多い)

もちろん理想論を言えば、「この学生に会ってみたい」と思わせるぐらいの内容がベストですが、そこまでの表現をできる学生は稀です。
また、せっかくいいネタ(経験)を持っているのにエントリーシートの仕上がりが残念なケースもあります。

エントリーシートの実例を見てみよう

例えば、
分かりやすいパターンとして事例を挙げますと
「私(学生)はTOEIC950点です。英語が得意です。一生懸命勉強しました。最初は英語が苦手でしたが努力して今は大得意です。そんな英語を活かしていきたいです。」とまぁこんなストーリーだったとします。TOEIC950点をキーにアピールしたいですよね。
でも、企業が知りたいのは学生の能力だけでなく、職務適性、自社との適合性やポテンシャルです。
TOEICのスコアや英語力そのものに表現が寄りすぎてしまうのはもったいないです。
この例の場合にエントリーシートで表現すべきは、

メモ

・なぜ英語力を高めたかったのか

・どのように高めたのか

・高める過程で考えたこと、感じたこと、工夫したこと

・結果として目的に至ったか

・至ったときに考えたこと、感じたこと

・目的への過程や達成したことが何に活かせるのか(活かしたいのか)

これらポイントを簡便に書くことで採用側は、

「こういう考えをする人なんだな」

「工夫ができそうな人だな」

「努力や継続が得意なのかな」

「目的意識がしっかりしているな」

などを感じることができます。各過程が全員同じなはずはありません。どこかにオリジナルなエピソードや視点、つまり個性があるはずです。

エントリーシートを攻略せよ

エントリーシートは、選考の入り口です。ここではじかれちゃうのはもったいないですが、多くの学生が同じ設問に回答している訳で、だいたい同じパターンになりがちなのです。

そんな中であなた独自のスパイスが効いているのがベターです。

そしてそのスパイスが後の面接などでも効いてきます。

「バイトネタ」、「サークルネタ」、「資格の勉強ネタ」、「ゼミネタ」は間違いなく被る訳ですが、その中でどれだけ「私の場合は、他と違ってこうだったんです」という魅力を表現することができるのかを意識せねばなりません。

輝かしい経験でなくてもいいんです。泥臭くても、地味でも問題ありません。

企業は、学生ってだいたいこうだよねではなく、あなたの場合どうだったのかを知りたがっています。

長くなりましたので、選考フローの次の段階【適性検査】は次回に。

-新卒採用

© 2021 人事の夏沢