新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

新卒採用

新卒採用の企業選びのポイント

こんにちは人事の夏沢です。
企業人事の本音と現実をテーマとしています。

就職活動(以下、就活)って何をやればいいの?
そもそも就活ってどんなことをやってどのように進むの?
採用選考の過程でなにかコツはあるの?
企業選びってどうやればいいの?

この記事では、新卒採用に向けての就活の疑問に答えます。
とにかく!
ぼくのブログでは人事の本音が書かれています!綺麗ごとや理想論はほぼ出てきません。
人事の業務を泥まみれになりながらやってきた長い人事経験から本音をお送りします。

筆者について
企業での人事部門を10年以上経験しています。
採用、研修、評価、給与、社保など人事系の実務は網羅しています。
人事についての経験は僭越ながら豊富であります!
制度設計や企業合併に係る人事の実務も経験しています。
実務を通じた経験談から新卒採用や就活についてを書いてみます。

この記事を読むと「新卒採用に伴う就活の流れ、就活のポイント、就活のテクニック」が分かると思います。

新卒採用での企業選びの本音

就活のプロセス

・企業選び

・書類選考

・適性検査

・面接

企業によって異なりますが、おおむね上記の過程はまずありますのでそれぞれのポイントも書いて参りたいと思いますが、今回はまず企業選びについて。企業を選ばないことには採用選考の攻略もへったくれもありませんからね。

新卒採用ってなんだ?

新卒採用って日本独自のものらしいです。
なぜ日本独自のものかというと、これまで多くの日本企業が終身雇用というスタイルを取ってきていまして、終身雇用=定年退職まで同じ会社でお勤めするということですので、当然定年退職を迎える社員が一斉に出る訳です。
その一斉に退職した分を一斉に補充するために4月に一斉採用するという流れから来ている様です。

ただ、
ご存じの通りこれらのスタイルって変わって来てます。
企業が終身雇用を前提としないようになってきていますし、働く社員側も新卒で入社した会社で定年までいることを前提として入社しているケースは少なくなっているようです。

このあたりは、検索していただければ「新卒社員の意識調査」など出てくると思いますし、冒頭で述べた「人事の本音」とはあまり関係がないので割愛させてください。

新卒採用での就活のポイント

今回は、新卒として就活する際の企業選びのポイントを考察してみます。

まず、新卒社員を本音から欲しがっている企業とそうでない企業にわかれると思います。
つまり自社の環境が新卒社員のメリットとデメリットのどちらに重きを置くかということであります。

新卒採用のメリット

・一斉採用できる

・自社教育を一から施せる

・自社に合う水準の人材で組織を構成できる

・良い意味での緊張感や頑張る姿勢がある

・末端の業務(煩わしい作業的なものを含む)を任せることができる

・ポテンシャルが期待できる

・新たな取り組みや柔軟な対応が期待できる

・人件費が抑えられる

新卒採用のデメリット

・即戦力にはなりづらい

・教育に時間と費用が掛かる

まだありますが、パッと思いつくのは上のようなこと。
デメリットの方が少ない感じになりました。
それでも、新卒採用に積極的に取り組めない企業ってたくさんあるんです。

積極的に新卒採用に取り組めない企業の特徴は例えば、

ポイント

・とにかく即戦力の人を常に投下していかなくてはいけない環境の企業

・丁寧に座学研修や長期間のOJTにより人を育てている余裕がない企業

・会社や社員が成熟しておらず、人材育成よりも優先度が高い事柄が多い企業

・既存社員が充実した社内教育を受けておらず、そのままズルズル来ている企業

・新卒が定着せずに幹部になる前にみんな辞めちゃう企業

などが挙げられます。

企業選びのポイント

これら新卒採用に積極的に取り組めない企業は、多くの場合、企業側に課題を抱えています。
上に挙げた様な企業における特徴を書いてみるとこんな感じでしょうか。

ポイント

とにかく即戦力の人を常に投下していかなくてはいけない環境の会社
→すぐに飛び込み営業とかさせて数打ちゃ当たるって感じでとにかく売上作れ(超体育会系社風)

丁寧に座学研修や長期間のOJTにより人を育てている余裕がない企業
→慢性的な人不足であり、高い離職率となっている可能性。人がいないので教育に時間がさけない=これがまた新人の離職に繋がる

会社や社員が成熟しておらず、人材育成よりも優先度が高い事柄が多い企業
→法律対応や規程整備にも不備があり、人材の育成にまで意識が回っていない、手も回らない

既存社員が充実した社内教育を受けておらず、そのままズルズル来ている企業
→先輩社員が人材育成の重要性を理解していない。仕事は教育などで学ぶのではなく、先輩から盗むものという社風

新卒が定着せずに幹部になる前にみんな辞めちゃう企業
→昇格や人員配置が制度化されておらず感覚的に行っているパターンと年功序列すぎてモチベーションダウンというパターンがある

つまり、新卒で会社を選ぶ際はこれらのこのような企業を避けた方がいい訳ですね。
企業の見極めはなかなか難しいのですが、新卒採用については、「新卒を採用し、育てていき、やがて会社の中核になってもらいたいんだ」という思いが伝わってくる企業がベターです。

それをどこで見極めるか。

企業を見極める

一番いいのは、新卒入社とその退職率ですね。
社員全体の退職率ではなく、新卒入社の退職率です。
できれば年度ごとに複数年わかるのがいいです。

これが一定で推移していれば新卒に対するその企業の取り組みや姿勢が推測できます。
当然、新卒入社の離職率が低い方がいいです。大事に育てられている可能性が高いです。
「そんな数字どこにも開示されてないじゃん」と思われるかもしれませんが、会社説明会や問合せフォームで質問すればいいと思います。(超大手企業はいちいち個別では答えてくれないでしょう。でも、超大手企業は新卒により入社した社員が一定以上組織の中核を占めていることは明白ですし、前述した課題を抱える企業には該当しないと思いますので、本件の「どう見極めるか」の枠外とします。)

また、会社説明会に行くのであれば、採用担当者自身が考える採用したい学生像を聞いてみるといいです。明確に学生像を即答できればそれだけ新卒採用に真剣です。

大企業であれば、担当者が担務として淡々と行っているケースもあります。
中小企業であれば新卒でも中途でもとにかく人を確保したいだけというケースがあります。

これらのケースではどちらもあまり共感できない回答が返ってくる可能性があります。それとは逆に採用担当者が新卒採用のことばかり考えているくらいの企業の方が、入社後の教育やキャリア形成がしっかりしている場合が多いです。そしてそういう企業の担当者が学生像を問われれば「待ってました」と言わんばかりに採用したい学生像の返答が述べられることと思います。

業界や職種を一生懸命選びがちな志望企業ですが、その中からの絞り込みがもっと重要だったりします。

-新卒採用

© 2021 人事の夏沢