新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

新卒採用

2022年度新卒採用の就活に向けた企業選び

こんにちは人事の夏沢です!

2022年度新卒採用における就活での企業選びついて書いてみたいと思います。

新卒採用を長年担当してきた企業人事の目線で本音や現実を書いておりますので2022年度新卒採用で就活をする皆さまのお役に立つと思います。

就活での企業選びって大切ですよ。

「そんなの好きな企業を選べばいいでしょ」とお思いかもしれません。

それはそうなのですが、選んだ企業がブラック企業だったら嫌じゃないですか?

そして2022年度新卒採用という視点で留意すべきポイントがあるとしたら?

そういう訳で企業人事の筆者による本稿をぜひ2022年度新卒採用の就活にお役立てください。

2022年度新卒採用の就活では企業選びも例年と異なる視点が必要

新卒採用では、採用選考試験そのもの(SPIとか面接)も話題になりやすいですが、その前の企業選びや志望動機についてを熟考することはやはり大切です。

特に2021年度新卒採用に直撃したコロナ禍、そして間違いなくその影響を受けることになる2022年度新卒採用においては、企業選びについても例年と異なる視点が必要になることは否めません。

就活における企業選びはいわば情報収集です。

そして様々な企業の情報に触れているうちに色々な気づきがあり、段々と自分が興味を持っている分野、業界、職種というものが分かってきたりします。

つまり、最初から頭で考えて「自分がやりたいのはコレ」と決めつけておく必要はなく、不確定、不明確の中でもこの企業選びを通じて徐々にはっきりさせていくことができます。

企業選びには自己分析の機能もあるということです。

就活生のみなさんは就活スタートの時点では業界や職種への志向がぼんやりしていて当然です。そこは過度に心配する必要はありません。

逆に就活のスタートを切る時点ではっきりと自分がやりたいこと、進みたい業界が描けている人は就活におけるひとつの工程(分野や業界の選択)を省略できますから、その分自己分析や志望動機を熟考することに時間を当てることが出来ます。

2022年度新卒採用という観点での自己分析や志望動機の考え方についても記事にしておりますのでご参考にされて下さい。

【2022年度新卒採用の就活における志望理由の考え方と書き方】

【2022年度新卒採用の就活に向けた自己PRの考え方と書き方】

企業選びの最初にすること

まずは、とにかく気を張らずに次のことから始めてみることをお勧めします。

企業選びの最初にすること

自分が面白いと感じることは何かぼんやりでいいので考えてみる
趣味でも部活でもサークルでも学校生活やバイトでも何でもOK
何でそれが楽しいと感じるのか考えてみる
自分の性格や志向上、楽しめそうだったり継続できそうなことを特定する

そうすると自分の性格ってこうだなとかこれは嫌だけどこれならいいなみたいなイメージが沸くと思います。

すごく分かりやすい職業観と言いますか、志向の大別を挙げると、

体育会系組織でしごかれながら働きたい◀▶ゆるい環境でゆったりやりたい
短期で成長して独立を目指したい◀▶ゆっくりマイぺースで業務に慣れて行きたい
成果主義の環境で競争に勝ち抜きたい◀▶チームワークや協調性を大事にしたい

ここまで明確に特徴が出なくても、ご自身が志向する方向性というのはあると思います。

企業選びにより志向と完全にマッチする企業を選ぶというのはなかなか難しいのですが、それでも会社説明会や選考の過程において各企業の社風や雰囲気などを感じることができるタイミングはありますので、そのような機会を得る前にご自身の志向については改めて整理し、しっかりと認識をしておくといいです。

ブラック企業があなたの就活に忍び寄る

それから企業選びで重要なこと。

「ブラック企業を選択しない」ということです。

一生懸命就活して内定をもらって入社したらブラックな環境だった、これってどうですか?

控え目に言っても最低だと思いませんか。

「自分に限ってそんなことはあり得ない」と思うかもしれませんが、世の中にはとてもいい環境の会社ととても悪い環境の会社って実際にあるんです。

「会社として世の中に存在し、きちんと営業して利益も出ている企業を選べばブラックである可能性は低いのでは」と思うのも無理はありませんが、そんなに甘いことはないんですね。

ブラック企業といってもレベルがあります。

真っ黒のものからグレーのものまであるのです。

そういう意味ではグレー企業は多いですよ~。

就活生のみなさん、労基法上の違法残業をしている企業がどのくらいあるのかご存知ですか?

この記事を書いているのは2020年12月。厚生労働省が開示しているこの時点での最新値は2019年度の資料なのですが、

2019年度に長時間労働が疑われる全国約33,000事業所を調べたところ、約47%に当たる15,593事業所で、労使協定を超えるなどの違法残業があったとの監督指導結果を公表しています。

さらに違法な残業のあった事業所のうち、過労死ラインとされる月80時間超の残業をした労働者が確認されたのは約37%の5,785事業所となっています。

どうですか、半分弱の企業で違法残業の指導を受けていますよ。

ご自身がブラック企業やグレー企業に絶対に巻き込まれないと言えますでしょうか。

ミスリードがあってはいけないので補足もしておきますが、前述の事業所調査は長時間労働が疑われる事業所を対象としたものですから特に違反事業所数が多かったというのはあると思います。そして当然違法残業なんてしていない会社もたくさんあります。それでも実際に1万5千を超える事業所が指導を受けていますからホワイトとは言えない企業が多いのも事実です。

企業選びでホワイト企業を選択することの重要性

このようなブラック企業やグレー企業を就職先に選ばないことってすごく重要です。

なぜなら学校を卒業して最初に入社する企業で新入社員研修を受けたり、社会人の心得を学んだり、ビジネスマネーを身に付けたりすることになるからです。

スタートがろくでもない内容であれば、その後のリカバーも難しくなる、または遠回りになります。ブラック企業で新入社員研修がすばらしい、新人育成環境がすばらしいというケースは稀有です。

だいたい適当です。

逆にホワイト企業では新人の受入れ方、育て方も丁寧である場合がほとんどです。

ちょっと例示を書きます。

・一流大学卒業 → グレー企業就職(初任給は高い)
・二流大学卒業 → ホワイト企業就職(初任給は普通)

このようなパターンはいくらでもあります。

どちらがいいですかね。

一概には言えないですが中長期でみるとホワイト企業に就職した方が勝ち組になる可能性が高いと言えます。

理由は、グレー企業に入社すると社員研修が充実しない、育成環境が充実しない、成長機会が充実しない、事業内容もイマイチに感じてくる、周囲に尊敬できる先輩や上司がいない、などの気持ちが生じて短期間で離職となる可能性があります。

その後は第二新卒としての道などもありますが、新卒入社の最初の会社としては恵まれない環境で過ごすことは得策とはいえません。

一方、ホワイト企業に入社するとそれで全てバラ色とは全く言いませんが、少なくとも社員研修や成長機会には恵まれる可能性があり、周囲の同僚、先輩、上司も新人をしっかり育てようという意識が高い人がいる可能性が高いので新卒入社の新社会人としては色々と学んだり、吸収したりする機会に恵まれます。

結果的にいずれ転職などの道を選ぶことになったとしても、最初に入社した環境でのスタートの切り方が良ければ、転職先や活躍の場の選択肢を広げるキッカケにもなりえる訳で、優良なホワイト企業に就職すること、特に新卒で新入社員として入社することには大いに価値があると言えます。

新卒採用の就活でブラック企業を見抜く方法

肝心のブラック企業を選択しないための方法ですが、これはいくつかあります。

以下に挙げますが100%該当するとは言い切れませんのであくまでも参考として下さい。

ブラック企業を疑う項目

みなし残業制度がある

週休2日制と完全週休2日制の違いが分かっていない

採用担当者が自社の有給取得率や平均残業時間を把握していない

同一企業が中途採用も行っており「未経験歓迎」になっている

正社員としての採用だが、他企業に派遣される形態

待遇の欄の諸手当含むには注意

昇給随時(定期昇給がなかったり、実質昇給がないことを疑う)

業績手当やインセンティブという不確定要素が多い

ブラック企業の主な特徴とは。意外と身近な存在なので要注意

ブラック企業は実は身近な存在です。新卒であれば就職先にブラック企業を選択しないこと、転職する方であれば転職先にブラック企業を選択しないということが最も重要な

続きを見る

このような代表的なポイント以外にも設立年月や従業員数、資本金、売上高といった基本的な会社概要も確認しておくことをお勧めします。

調べても売上高が出てこなかったり、事業内容がイマイチよく分からない、会社規模に対して従業員数がとても多いなどの点も要チェックです。

他にも疑問を感じるキーワードを挙げます。

このキーワードを使っていたら即ブラック企業とかグレー企業に認定ということではないのですが、様々な新卒募集要項を見て要注意だなぁと思った表現です。

・コンサル営業 = 飛び込み営業や新規開拓営業を別の言葉に言い換えているだけでは?

・コンサルティングファーム = 何のコンサルなのかイマイチ分からないケース多数。なぜかコンサルティングファームという言葉を使いたがる。

・積極採用=人員不足。離職率高い可能性

新卒採用で何とか社員を確保したいと考える企業はあの手この手で自社が良く見える様に演出してきます。

完全に嘘をついているケースは少ないと思いますが、「思ってたのと違う」程度の差はどこの企業にもあり得ます。

肝心なのはその差が許容できる範囲かどうか。

企業側も就活生に入社してもらった結果、「思っていた人材と違う」ということは起こりえる訳ですから、ある意味どっちもどっちですがお互いにミスマッチにならないことが大切ではないかと思います。

2022年度新卒採用における企業選びとは

2022年度新卒採用はコロナ禍も意識せざるを得ません。

これにより企業選びにも影響があります。それは、コロナ禍の影響を強く受けている、または今後受けることになる企業をどう扱うかということです。

普通に考えればコロナ禍で業績が低迷してしまった企業は避けたいところです。

待遇にだって影響があるかもしれませんし、賞与だって減るかもしれません。

それでもそのような業績の中、新卒採用を実施している企業は採用計画において新卒が必要であると判断していることになります。

つまり、事業計画上、近い将来の復調が見えている可能性があります。

もし、ご自身が強く志望する業種や職種、企業がコロナ禍の影響を受けていたとしても、短絡的に企業選びからはずしてしまうのはもったいない可能性があります。

そのような企業は志望する就活生が減っていると思いますから、例年よりも採用選考の倍率が低いかもしれません。

そこは慎重にコロナ禍の影響度、ご自身の志向とのマッチ度などを総合的に判断する必要がありますし、どれだけ志望しても採用自体を休止する業種(旅行や航空、観光など)も出てきています。

前述した様にご自身の職業観や志向をしっかり整理して、その結果コロナ禍の影響を大きく受ける企業を選ぶことになればそれだけご自身の本気度は高いものと考えられますからかなり強い志望動機に繋げることも出来るのではないかなと思います。

企業選びの結果、業種や職種も含め、コロナ禍とは縁の遠い分野を選択する人は2022年度新卒採用での就活も例年と差はないと思いますが、コロナ禍の影響の大きさから言うと直接的でなくともある程度影響を受けている業種も多いですから、それを受けてなお志望するのか、それとも諦めるのか、自分の本気度を計りながら企業選びをする必要があります。

ベストな企業選びが就活を成功に導く

職業選びは新卒採用が全てではありませんが、やはり新社会人としてのスタートを切る大切なタイミングですからご自身にとってベストな選択をすることが望ましいのは間違いありません。

「就活は、大企業から内定をもらったり、有名企業から内定をもらうことが成功ではありません」というのは常套文句なのですが、これは企業人事の本音と現実を本旨としている当ブログとしてもやはりそう思います。

大企業から内定をもらっても入社してみたら自分と合わなかったという人はいます。

誰も知らないスタートアップ企業に新卒で入社したけど最高に自分に合っていたなんてことも全然あり得ます。

就活の成功と失敗の本当の結果が分かるのは入社して実際に仕事をしてからです。

最初から自分にバッチリ合う仕事というのも多くはありませんから、色々経験したりした上で本当に自分に合っているのか、合っていないのかを判断することを考えると就活の成否の決定は未来に委ねられている部分もあります。

願わくばその未来の決定が「あの時の就活は成功だった」と思えるような選択が何より望ましいですから、僭越ながら本ブログの記事をご参考にしていただき、2020年度新卒採用の企業選びや選考試験を頑張っていただきたいと思います。

2022年度新卒採用に向けた記事をいくつか書いておりますのでコチラ↓もご参考にされて下さい。


2022年度新卒採用はどうなるのか

2022年度新卒採用の求人倍率は一定水準が保たれているように見えますが、その内訳や内容が例年とは大いに異なる可能性があり、これらの問題が顕在化してくる

続きを見る

2022年度新卒採用はどのように進めるべきか

2022年度新卒採用についての企業側と就活生側の気持ちはどのようなものでしょうか。コロナ禍においても新卒採用をする意図や目的が何かを知ることは、つまりどのような人材を

続きを見る

-新卒採用

© 2021 人事の夏沢