新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

新卒採用

2022年度新卒採用はどうなるのか

こんにちは人事の夏沢です!

2022年度新卒採用はどいう傾向になるのかについて書いて参ります。

新卒採用を長年担当してきた企業人事の目線で本音や現実を書いておりますので2022年度新卒採用で就活をする皆さまのお役に立つと思います。

また、本稿の前段としまして「2022年度新卒採用に向けて。2021年度振り返りとコロナの影響」で2021年度新卒採用の振り返りを書いておりますでのぜひご覧ください。

2022年度新卒採用に向けて。2021年度振り返りとコロナの影響

2022年度新卒採用を考える上でのポイントはコロナの影響をどの程度引きずるのかです。2021年度がコロナ禍で走りながらの新卒採用であったとすると2022年度は

続きを見る

2022年度新卒採用については事前に動向を考えてみる必要あり

念のため本記事内の2022年度新卒採用が何を指すかを補足しておきますと2022年3月末で大学を卒業して、2022年4月1日付けで企業に新卒入社するために就職活動をする方を2022年度新卒採用としております。

さて、本稿は「2022年度新卒採用はどうなるのか?」についてです。企業人事の視点から本音と現実を書いていきます。

例年であれば「どうなるのか」などの想像や議論などいらず、ただ就活を頑張るのみなのですが、2022年度新卒採用についてはどうしても事前の下調べというますか、動向を把握しておいた方が何かといいと思います。

もうちょっとストレートに言いますと、コロナ禍により業種や職種によっては新卒採用をかなり絞る可能性もありますからそのような業種や職種に注力しようと思っていた就活生のみなさんは事前に目先を変えたり、視野を広げておく必要があるということです。

2022年度新卒採用の基礎情報

まず、2022年度新卒採用がどのような動きになると言われているかの一般的な部分について触れておきたいと思います。

2022年度新卒採用の基礎情報

新卒採用を継続してきた企業は78.3%が実施予定(2020年10月調査)
採用予定人数が決まっている企業59.5%、検討中企業35.0%(2020年9月調査)

採用予定人数の増減について

採用人数の増減について

前年比-10%から+10%の企業63.1%(2020年9月調査)
前年比30%以上増やす企業10.6%、逆に30%以上減らす企業12.1%(2020年9月調査)

この調査結果を見ると約8割の企業では新卒採用を継続しますし、採用人数も対前年比で過度に悲観的になる数字にはなっていません。

2021年度新卒採用の求人倍率は1.53倍となっています。2020年度新卒採用は1.83倍でしたからこれと比較すると低くはなりました。

一方、若干古い話にもなりますが、2000年度新卒採用の求人倍率は0.99倍で大卒求人倍率が1.00倍を切りました。リーマンショックの影響があった2012年度の大卒求人倍率は1.23倍でした。

これらの年度と比べるとまだまともな求人倍率であり、2022年度新卒採用選考に臨む就活生のみなさんにまずお伝えしたいのは総論としては「大丈夫そう」ということであります。

ただ、前述した調査結果後、コロナによる影響が想像以上に長期化し、第2波、第3波と再流行の兆しを見せながら収束の目途が立たない状況が続いています。

これにより2022年度新卒採用動向は流動的というのは正直あります。

そして総論としては大丈夫そうであっても各論としては留意すべきポイントがあります。

2022年度新卒採用では特定の業界や職種に留意が必要

業績悪化で採用を控える企業が増えてくる可能性は考慮せねばならないことと、特定の業界では採用がかなり絞られたり採用をしないということがすでに決まっているということです。

特定の業界というのは次の業界です。

採用が大幅減になる業界

旅行業界
航空業界
その他インバウンド需要が喪失した業界

旅行業界、航空業界共に最大手レベルの企業が採用取りやめを発表済みで、その両社は文系就職人気ランキングで常に上位にあり、1位になった年もたくさんある程の人気企業です。

また、これらの業界に付随するものとしてホテルやその他観光業もおそらく採用はかなり絞られることになると思います。

旅行、航空、観光については人気もありますし、採用人数も大量であったということを考慮するとやはり就活生には影響がありますし、もともとはその業界を志望していた学生が他の業界を選択し、玉突きが起こり、志望業界以外へ就職する学生が増えるようなことになれば当然ミスマッチが多くなり離職などに繋がる可能性が高くなることが想定されます。

つまり、求人倍率は一定水準が保たれているように見えますが、その内訳や内容がやはり例年とは大いに異なる可能性があり、これらの問題が顕在化してくるのは2~3年後(早期離職等への影響)ということになる可能性があります。

就活の成功とは何か

「2022年度新卒採用がどうなるか」という意味では、もともと抱えている労働人口の減少の問題(慢性的な人手不足)や、求人倍率1.53から大きく減少しないという観測から、業界や職種さえこだわらなければ内定自体は得ることができる可能性が高いと思います。

要はその内容。

就職活動って内定をもらえばいいってものでもありませんし、内定数が多ければ勝ちという物ではありません。

自分にとってベストな企業に就職できることが就活の成功なんですね。

そういう意味では仮に航空業界、旅行業界に就職したかった学生にとってはもうすでにベストな企業に就職が出来ないということになりそうですが、そうではありません。

就活は年度により有利不利があることは事実です。

そうであれば自身が該当した年度なりに一生懸命ベストな就活をやるしかないのです。つまり、自身が該当した年度におけるベストな企業選びをすることが就活の成功であって、たまたま志望業界の採用が取りやめになってしまったことを嘆いていてもしかたありません。それに新卒採用での就活が職業選びの全ててはありません。

新卒入社後、様々な理由で転職する機会はおとずれます。最初に就職した会社で定年まで勤めあげる方が稀になっている時代ですからいずれ旅行や観光が復調した時にまだそちらの業界への熱意が継続していればそのときにあらためて転職を試みるというのも全然あります。

その際は「就活のときに旅行、航空業界は採用していませんでしたが強く志望していました」という正直な理由が成り立ちます。

その時はその年度の現役学生との勝負になるとは思いますが、それまでに社会人として自己研鑽をしておけばいいではないですか。

別業界とはいえ社会人経験があり、かつコロナ当時の新卒採用を取り止めた世代のキャリア採用を前向きに行う企業はきっと現れます。

2022年度新卒採用のまとめ

そういう訳で2022年度新卒採用は、志望業していた業界が一部採用を絞ったり取り止めたりはありますが、該当した年度の就活として真正面から勝負する。

全体としてはそこまで悲観する必要はなく、過去と比較してもしょうがないですが全然絶望する様な必要はなく、例年に近い就活ができるどころかWeb選考などの新しい選択も増えたので、うまく活用しながら対応することができれば心配に及ばず!というのが2022年度新卒採用だと考えております。

本稿の筆者は、企業人事を担当して新卒採用についてもガッツリ関わっております。

現場の生の声ということでご参考にされて下さい。

本稿の前段としまして「2022年度新卒採用に向けて。2021年度振り返りとコロナの影響」で2021年度新卒採用の振り返りもしておりますでのコチラもぜひご参考にされてください↓

2022年度新卒採用に向けて。2021年度振り返りとコロナの影響

2022年度新卒採用を考える上でのポイントはコロナの影響をどの程度引きずるのかです。2021年度がコロナ禍で走りながらの新卒採用であったとすると2022年度は

続きを見る

2022年度新卒採用選考でも主流になるであろうWeb面接についても「2022年度新卒採用選考に向けたWeb面接のコツとポイント」を書いておりますのでご参考にされてください↓

2022年度新卒採用選考に向けたWeb面接のコツとポイント

2021年度新卒採用は、企業も学生もコロナによる影響を測りながらの就活戦線。そんな中でとにかくトピックスになったのがWeb面接です。Web面接は2022年度以降の新卒採用選考でも

続きを見る

お勧めの就活支援サービスと就活支援ツール

就活支援ツールの利用は就活で必要となる工夫のひとつです。優良企業と出会う可能性を少しでも増やしておくことに損はありませんよ。

続きを見る

就活にお勧めするリクルートスーツのポイント

こんにちは人事の夏沢です! 2022年度新卒採用の就活についていくつか記事を書いているのですが、今回は就活の身だしなみについて書いてみたいと思います。 就活の身だしなみって意外と大切ですし、これについ ...

続きを見る

-新卒採用

© 2021 人事の夏沢