新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

転職

通年採用を行っている企業の本音!求人内容を見極めるべし

こんにちは人事の夏沢です!

企業人事の本音と現実をテーマとしています。

人事にまつわる様々なことを書かせていただいておりまして、就活、転職、給与、労務などはそれぞれカテゴリーを設けておりますのでぜひご覧ください。

【筆者について】企業での人事部門を10年以上経験しています。

採用、研修、評価、給与、社保など人事系の実務は網羅。

僭越ながら人事についての経験はなかなか豊富であります。

制度設計や企業合併の人事の実務も経験しています。

さて、今回の記事ですが、

企業に就職してそのまま同じ環境で勤めあげるという人が少なくなってきておりまして「転職」ということについて多少なりとも考える瞬間はほとんどの人にあると思います。採用には大まかに分けて定期採用と通年採用があります。今回はそんな通年採用について。

通年採用のポイントは?

企業はどういう目的で通年採用をしているの?

通年採用による転職って何に注意すればいいの?

昔も今もこれからも社会人のターニングポイントである転職。

通年採用の転職を成功させるには?

通年採用の転職がうまくいかない。

この記事を読むとそんな「通年採用で転職するポイント」が分かると思います。

通年採用とはどんな採用か

前回は中途採用のなかでもキャリア採用や経験者採用と言われる区分を書かせてもらいました。今回は、中途採用の中でも通年募集、随時採用、通年採用というような言われ方をする採用についてです。

随時募集、随時採用というのは、字のままですが定期採用ではなく通年または随時(つまりいつでも)人材を募集しているというものです。

どうしてそのような状況になるのでしょう。

企業の人事や採用担当者の視点から書いていきます。

企業が通年採用を行う目的とは

企業が中途採用、特に通年採用を行う目的は主に以下のとおりです。

通年採用を行う主な目的

現職の担当者が退職することになり後任が必要

業容(事業の内容や規模)が拡大し新しいポストに人が必要

新しい事業に着手するにあたり社内では専門知識が不足している

人材の育成をしてきたが適任でないことがわかったので外から人材が欲しい

特定の年代が不足しているので組織形成のためにその年代の人材が必要

社員の退職が多く、いつでも欠員なので通年募集(随時募集)している

一言に通年採用といっても目的をみてみると業容拡大という前向きな理由から、いつでも欠員状態という理由まで様々です。

そして業容拡大や新規事業、特定のポストに経験者を迎えたいという理由での中途採用は、前回のキャリア採用で書いておりますので、今回はそれ以外のどちらかというとマイナスな動機による通年採用についてを書いてみます。

本記事を読んでくれている読者の方がいつか転職することがあれば、転職時のミスマッチや後悔を回避するための参考としてください。

募集企業が根本的に抱える問題

今回ポイントにしたいのは、「社員の退職が多く、いつでも欠員なので通年募集(随時募集)している」という企業への応募を避けるということです。

理由は、そもそもこういった企業は中途採用をする前に社内の環境を改善しないとせっかく入社してもらってもすぐに辞めてしまい、人が育っていかないという根本的な問題を抱えている可能性が高いためです

このような企業にとにかくありがちなのが、

ある社員から退職願が提出された

そこのポジションができる適任者が社内にいない

外から中途採用をしよう

中途採用で入社した人にろくな引継ぎもなく、前任者が辞めた理由も会社が解決しておらず、結局ほとんど同じ問題をこの後任者も感じることとなる

結果、採用した人が短期間でまた離職
という負のスパイラルに陥っているということです。

求職者が通年採用で注意すべきポイントはここ!

ここでは、その負のスパイラルからの脱し方は書きませんで、そういう企業に転職しないためのポイントを書きます。

まず一番わかりやすいのは採用媒体への掲載のされ方です。メジャーな媒体がいくつかあると思います。

これらの媒体に年中同じ募集要項が掲載されている企業は常に同じポジションで人が足りていないことを意味しています。

同じ募集要項というのは、全く同じ内容というのを意味していません。採用媒体は通常数週間という枠での掲出が商品になっています。4週間とか6週間という単位があって、そのうち前半2週間は検索上位表示になるとか、応募者があまりに少なければ最後にもう1週間をサービスで延長掲出させてくれるとか内容は色々あります。いずれにしてもその数週間は同じ内容で掲載され、次のタームに切り替わるときに画像や文章を変えることができます。つまり同じ求人でも画像や文章が多少変わる可能性があるのですが、募集している職種や基本的な求人内容が変わっていないというケースのことを指しています。

これは採用に難航している、または採ってもすぐに辞めてしまうので求人をクローズすることが出来ないことを意味します。
ですので、求職者としてはこのように繰り返し掲載されている求人は疑って見ていくのがいいと思います。

通年採用のインセンティブは疑ってかかれ

また、このように採用に難航している企業は、採用のインセンティブを付加しているケースがあります。例えば、入社祝金20万円支給とか。

それはそれでありがたいのですが、コストを掛けてそのようなことをする必要性ってなんでしょうということを考えねばなりません。その必要性ややる理由は概ね次の2点です。

インセンティブには理由がある

・競合他社が多く少しでも有利なポイントを設ける必要がある

・現金を含むインセンティブ等を付加しないと人が集まらない

この2点を見ていかがでしょう。

1点目についてを考えるならば、競合他社が多い訳ですからもっといい条件もっといい環境の同職種が見つかる可能性がありませんか。

2点目についてを考えるならば、インセンティブを付加しないと人が集まらないほど不人気=環境がわるかったり、ハードだったり、辞めやすかったりする可能性が考えられると思いませんか。

という訳で
中途採用、特に通年採用、随時募集や随時採用といわれる求人内容の中でポイントにすべきは、同じ内容の繰り返し募集は要注意インセンティブには裏がありということに留意しつつ、求人内容をよく見るという必要があるということです。

これら求人内容を把握したうえでの通年採用(随時採用)での転職活動テクニックやポイントはまた別記事として公開予定です。

今回はここまでとさせていただきます。

-転職

© 2021 人事の夏沢