新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

転職

転職回数が多い人から応募があった際の企業人事の本音

こんにちは人事の夏沢です!

企業人事が本音と現実を書くことを本旨としている当ブログですが、今回は転職回数が多い方の転職について書いて参ります。

筆者は企業人事として採用や人材育成、人事制度の構築など総合的に実務を行ってきた叩き上げの人事です。僭越ですが人事の現場については詳しいですよ。

つい綺麗ごとや理想論が語られやすい人事界隈なのですが、実務からの叩き上げの現役人事管理職の視点で様々な本音と現実を書いております。

今回の記事は、転職回数が多い方が次なる転職をすることになった場合に参考にしていただくための内容です

現在転職を考えている方、今後転職するかもしれない方の役に立つ情報ですのでぜひご参考にして下さい。

短期間の転職を繰り返し、転職回数が多くなっている人の転職

転職についての記事をいくつか書いております。

昔の様に新卒で入社した企業に定年まで在籍し続けるということが少なくなりました。

つまり、転職が珍しくない時代。

また、会社から別会社に転職する形だけでなく、会社員からフリーランスになったり、自営業になったりと職業自体を変更するという選択肢も昔に比べて増えています。

働き方改革などの影響もあり、テレワークや働き方の多様化が急速に進んでいる昨今ですから、今後は会社員であったとしても場所や時間の制約が少なくなり、新しい就業先の選択肢がさらに増えていくことと思います。

さて、そんな現在にありますから本稿をご覧いただいているみなさまの中で転職経験がすでにある方も少なくないと思います。

さらにいうと複数回の転職経験がある方で今まさにまた転職をしようかなと考えている方もいるかもしれません。転職市場では短い期間で転職を繰り返している人をジョブホッパーと呼ぶ場合があります。ジョブホッパーの正式な定義はありませんが、一般的に3年以内に転職を複数回している人のことを指します。

また、3年を超えていてもこれまでの転職回数が5回以上だとやはりジョブホッパーに該当するかなと思います。転職回数が多いジョブホッパーについて企業人事の観点で本音と現実を書いてみたいと思います。

企業人事が転職回数の多い履歴書に感じる懸念点

転職回数が多いジョブホッパーは、採用する側の企業目線で言えば次のような印象を持ちます。転職回数が多い人はみんなこういう人だと決めつける意味ではなく、あくまでも一般論として企業の採用担当が最初に持つ印象です。

転職回数が多い場合に持つ印象

入社しても定着しなそう
我慢や辛抱がきかなそう
高待遇を求めてまた転職しそう
業務内容に不満を持ちやすそう
人間関係の構築が苦手かもしれない

実際に筆者も長い企業人事の経験においてたくさんの経験者採用を行って来ました。
主要な採用媒体は全て使ったことがあるといっても過言ではありませんが、応募者さんからの履歴書と職歴書を拝見する際に転職回数が多いケースって珍しくないのです。ですから転職回数が複数回あること自体に驚いたり、過剰にネガティブな印象を持つことはないのですが、採用担当側もそのような履歴書・職歴書を見慣れていますからやはり着目すべきポイントを心得ています。転職回数が多い履歴書から深堀りすべきポイントが見えてくるのですが主には次のようなものがあります。

転職回数が多い職歴の懸念点

異常に短い在籍期間はないか(定着の心配)
企業規模が大きく変わっていないか(待遇面の心配)
業種や職種に統一感があるか(あきやすくないか)
休職期間はないか(健康面の心配)

異常に短い在籍期間はないか

例えば前職の在籍期間が数カ月とかである場合、控えめに見ても在籍期間が短すぎます。

転職をする側、つまり求職者としてはなぜ数カ月しか在籍していない会社を辞めようと思っているのか、または辞めるにいたったのかについては説明が出来ないといけません。

実際には数カ月で転職しようと考える理由は、ほとんどの場合単純に「入社してみたら思ってたのと違った」という理由以外にはありません。すごく短い期間での転職の場合、人間関係などの理由は多くないと思います(人間関係が悪化する程の関わりがない)。

重要なのは何が違ったのかを突き詰めて、それを合理的に説明できる様にしておくことです。

「思ってたのと違った」という事実を人に説明できるレベルにまで昇華させる作業はなかなか大変なのですがこれは避けられません。短期間で転職を決意する程に何が納得できなかったのかが純粋な転職動機ですから、その動機をしっかり丁寧に説明できる様に準備をしておく必要があります。ただ、企業人事の本音を言うと、とても短期間の在籍歴となっている場合はどうしても定着しない可能性を疑われます。つまり、少し嫌なことや納得のいかないことがあったら辞めてしまうのではないかという懸念です。その疑いを晴らすようなアピールをぜひ意識的にして下さい。

企業規模が大きく変わっていないか

企業規模が大きく変わっていると何を疑われるかというと環境面での納得性です。

例えば、数千名規模の上場企業から中小企業への転職歴がある人が応募してきたとしましょう。そしてその中小企業での在籍期間が短いとすると、転職先の中小企業の環境面に何らかのミスマッチがあったことが疑われます。それは単純に給料という直接的な待遇面を意味していません。大企業では当たり前である規程の整備や法定対応、ガバナンスやコンプライアンスといった総合的な企業内環境が大企業と中小企業では全然違う場合があります。特に元々大企業社員だった人が一時的に隣の芝生が青く見えてしまい中小企業やベンチャーに移ると「中小企業やベンチャーはこんなにも基本的な環境が整っていない物なのか」と愕然となる場合が少なくありません。逆に中小企業の方が大企業へ転職できた場合は、「大企業はこんなにも環境が整っている物なのか」と感心するとともに就業環境への納得性は高まりますので一般的には中小企業から大企業への転職組の定着率は高いです。会社ごとの環境整備レベルが違うという現実が分かった上で転職している場合はこのようなミスマッチは起こらないのですが、入社後に始めて現実が分かったというケースも少なくありませんので、企業規模が大きく変わる転職をしてしまい失敗したのかなという背景が履歴書から見て取れる場合は、自社の環境が求職者の方にとって納得できる環境や体制であるかをよく把握する必要があるなと採用担当は考えますし、やはり定着率が低いかもしれないなという印象を持たれがちです。

業種や職種に統一感があるか

業種や職種をまるっきり変える転職というのはなかなか難しいものなのですが、やや若い層では職歴に統一感がないケースがあります。

このケースでは単純に飽きっぽさを疑われますし、将来的にどのようなキャリアを築いて行きたいのかなどを問われる場合が多いです。

経験者採用は新卒採用と異なりポテンシャルで採用するケースは少ないですから業種や職種をころころ変えてきた方はその中で学んだことや活かしたいことの中から武器に出来るものをなるべく一つか二つに定めて転職活動に臨むのが良いと思います。今後もころころと職種を変えるかもしれないなという印象を持たれてしまうと絶対に転職市場ではウケません。

また、これまでの転職回数の多さを変に隠す必要はなく、「これまでは職種を変えて来ましたが、その経験から〇〇を学んで今後は〇〇を活かして行き専門性を高めたい」とか、逆に「様々な職種を経験してきたので汎用的な知識を持っています」というアピールポイントにするのも方法です。業種や職種に統一感がないことは見方によっては弱点かもしれませんが、1社1社の在籍年数が過度に短い等でなければ、自己アピールなどにもうまく繋げていける可能性があると思います。

ただし、即戦力としての専門性を求めるような求人には引っ掛かりません。

休職期間はないか

履歴書の中で空白期間がある場合、ほとんどの採用担当者はまず理由を聞いてくると思います。空白期間の答えはいくつかのパターンに分かれます。

よく見かける履歴書の空白期間

体調不良による離職

介護や看護による離職

転職活動中の期間

留学や資格勉強の期間

専業主婦(主夫)の期間

これらの理由の中で採用側が気を揉むのは体調不良による離職期間です。

特にメンタル面の理由ですね。

人間関係を理由にメンタル不調になり長期間の療養を経て転職活動をしている場合、それが本当に治ったのかの判断がとても難しいのです。

企業人事の本音と現実を言うとメンタル面の調子を崩してしまった方がまた自社の環境で同様な状態になってしまわないか心配します。どこの会社にも気が合う人もいれば合わない人も必ずいます。厳しい上司もいれば優しい上司もいます。

自社に経験者として迎え入れた後、再度長期間の療養になるようなことにはならないだろうか考えてしまう訳です。体調不良とりわけメンタルの不調で長期間の離職がある方はしっかり治っていることを自分から伝えることが大切です。介護や看護による離職期間がある方も転職活動をしている限りはその離職期間の理由となった要因が今はなくなっているということですから、転職後の環境で全力で業務ができる状態になっているということをしっかりと伝える様にしましょう。

また、留学や資格勉強の期間がある場合、その期間が不自然な長さでなければ、ここは理由として説明が付きやすいです。

ただ、資格の場合は資格を取得できればそれを活かした転職になると思いますが、資格が取得できずに諦めて転職というケースも多いので、その場合はなぜ諦めるのか、諦めた上でなぜその会社を転職先に選ぼうと思ったのかについては合理的に説明が付けられるようにしておく必要があります。

それから留学も複数回行っていると「また留学に行きたくなって辞めてしまうのではないか」という疑いを持たれますので今後は留学の予定はなく腰を据えて頑張りたいということをしっかりアピールしましょう。

専業主婦(主夫)の期間がある方は、専業をやめて会社員として働き始めるにいたった環境面の変化や気持ちの変化を具体的に説明できればよいと思います。

転職回数が多いジョブホッパーとジョブビルダーの違い

転職回数が多い人の次なる転職については、成功する人もいればなかなか難しい人もいます。

ぜひご留意いただきたいのは、ジョブホッパーと表現されるように軽い気持ちで次々と職を変えてきた場合、知識や技術を高める機会が少なく、次の転職でもそれを理由に待遇が上がらずジリ貧になっていくというパターンに陥りやすいということです。

やがてある程度の年齢になってしまうと転職自体が難しくなります。

つまり、一つの会社や職種でじっくりと腰を据えて働いてこなかったことにより大きなプロジェクトや責任のある業務を経験していないことが転職市場での価値を低くしてしまう可能性があるということです。

逆に転職回数が多くてもジョブビルダーと表現されるような人もいます。転職をきっかけに立場や待遇を向上されていく人のことです。これは運でそうなるのではなく、意識的に経験や知識を高めるための転職を繰り返し、転職市場での価値を高めていくことで実現されるケースが多いです。なかには打算的に「この会社にはこういう経験をするために入社する」と決めて入社して、そして計画通りその経験を実績に次の転職をするといった人もいます。ジョブビルダーとして転職をきっかけに待遇を向上させていくためには計画性がとても重要ですし、それを実現するための努力が必須です。

転職回数が多い人が次に転職するときの進め方

一般的に日本の転職市場では転職回数が多い人はまだまだ敬遠される傾向であるのが正直なところなのですが、昔に比べると転職は当たり前になっていますので転職回数が多くて困っているという方もなぜ転職回数が多くなってしまったのか、転職を複数回してきたことにより学んだことや感じたことは何か、今後に何を活かすことが出来るのかを改めて考えてみることをお薦めします。

転職回数の多さを嫌う企業の場合、そもそも書類選考の時点で不採用になりますから、そこはご縁がなかったということで書類選考が通った企業に対してしっかりとなぜこれまで複数回の転職をしてきたのかを説明しましょう。

その説明をするためには一旦じっくりとこれまでの転職動機を振り返る機会が必要です。

また、その機会を持つことが次の転職理由を合理的に説明する内容そのものになります。

合理的な説明は志望動機に直結します。転職すること自体はマイナスな印象を持たれませんが、業種や職種の変化、在籍期間の短さなど、どうしても客観的に見て説明が求められる箇所は企業人事も当然気にしています。

採用側が気にしているからこそ、そこは隠さずに真正面から説明をしていくべきです。言い訳じみたものにするのではなく、逆に自己アピールに転じるぐらいに考え抜き、自分のパーソナリティとしてしっかりと話をしてみましょう。きちんと整理された内容であればきっと企業人事の採用側にも伝わるはずです。軽い気持ちで転職回数を多くすることはお薦めできませんが、結果的に転職回数が多くなっている方は、今後も転職を繰り返すことでジョブホッパーとして待遇や環境がジリ貧になってしまう前にご自身に合う環境や納得できる待遇に出会えるように次の転職こそ慎重に進めて行くことをお薦めします。

そのために当ブログの記事が少しでもお役に立てば嬉しいです。


-転職

© 2021 人事の夏沢