新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

転職

転職するときに意識したい【時期】を企業人事が解説してみる

こんにちは人事の夏沢です!

企業人事が本音と現実を書くことを本旨としている当ブログですが、今回は転職の時期について書いて参ります。

筆者は企業人事として採用や人材育成、人事制度の構築など総合的に実務を行ってきた叩き上げの人事です。僭越ですが人事の現場については詳しいですよ。

つい綺麗ごとや理想論が語られやすい人事界隈なのですが、実務からの叩き上げの現役人事管理職の視点で様々な本音と現実を書いております。

今回の記事は、「転職の時期について」です。転職をするには最適な時期、つまりタイミングというものを考慮する必要があります。

現在転職を考えている方、今後転職するかもしれない方の役に立つ情報ですのでぜひご参考にして下さい。

転職をしようと思ったら最適な時期を意識しよう

本稿を読んでいただいている方の中にも転職のご経験がある方がいらっしゃると思います。当然転職経験がなく、今ぼんやりと考え始めたところだという方もいらっしゃると思います。いずれにしましても、会社員にとって転職はとても身近な存在になりました。

具体的に転職を考えているという訳でなくても何かのタイミングやキッカケでふと「転職してみようかな」と考えたことがある方はとても多いのではないかと思います。

転職活動をする際に考慮すべき時期について

転職には考慮すべき時期、つまりタイミングがあります。

転職する際に考慮すべき時期

転職しやすい年齢
転職しやすい
転職しやすい

転職しやすい年齢

一般的には20代後半から30代中盤です。以前は35歳退職限界説というのがあって、35歳を超えると一気に転職がしづらくなると言われていました。

これは、若手のポテンシャルに期待することや待遇面の問題(40代となるとそれなりの待遇を求めるので求職者と求人側で折り合わない)などが理由なのですが、現在は転職市場も拡大し、年代ごとや役職ごとに様々な転職支援サービスなどが充実していることや会社員の流動性の高まりにより一概に35歳が退職適正年齢の限界とは言えない時代になりました。

それでもやはり転職市場で最も市場価値が高いのは20代後半から30代中盤ですので転職をキャリアアップの手段として最大限活用したいと考える方は、この旬な期間までに目一杯経験を積み、転職市場にデビューするのがベターです。

転職しやすい月

毎年の転職動向の流れの事です。

一般的には事業年度が4月から3月の企業が多いため、新年度を迎えるキリのいい4月に向けて2月から3月くらいが採用活動が活発になると言われています。

同じくキリのいい下期の開始10月に向けて8月から9月も採用活動が活発になる時期と言われています。

これらの採用活動が活発な時期のポイントを挙げます。

採用が活発な時期のポイント

求人数が増える
募集職種が増える
普段採用していないポジションが出る可能性
求人情報の充実により応募者も増える
求人倍率が低くなる(内定がもらいづらくなる)

つまり、メリットとデメリットが混在する時期なのですね。求人数が増えるから転職がしやすい時期という訳ではないのです。

そういう観点から採用活動が活発になる時期にもしっかり求人情報を集めながら、ライバルが少なくなりそうな時期を狙って行くのがお薦めです。

少しだけメジャーな時期からずらした4月から6月に転職活動を本格化するのもお薦めです。理由は、企業側では4月に新入社員を迎え入れその配属などを横目に見ながらキャリア採用を実施しており、特に3月末という事業年度末というタイミングで退職する社員がいますので、4月を超えても退職者補充や後任探しに力を入れて経験者採用を継続しているケースが少なくないタイミングだからです。

4月入社に向けて採用活動が最も活発な時期で勝負するのもアリですが、そのちょっと先まで見据えておくと転職市場の潮目が変わる場合がありますよ。

転職しやすい年

時流といいますか年代といいますか、いわゆる労働市場の動向のことです。

よく売手市場とか買手市場という表現がされますが、景気の動向による働き手の求人倍率などにより転職しやすい年とそうでない年がやって来ます。単純に言うとこういうことです。

経済状況が上向く ⇒ 多くの業界の動きが活発化 ⇒ 人材が必要
経済状況が下向く ⇒ 多くの業界の動きが沈静化 ⇒ 人材が不必要

この流れは個人でコントロールできるものではなく、景気や時代の流れそのものなのですが、就職のしやすさとか転職のしやすさというのはこれに翻弄されます。

有名な就職氷河期はその代名詞ですし、コロナ禍以前は超売手市場と言われて就職や転職がしやすい時期が続いていました。つまり、転職をキャリアアップの手段として最大限活用したいと考える人はやはり転職市場が冷え込んでいない時期に転職した方が良い条件を引き出しやすいですし、未経験の異業種への転職なども転職市場が活発な時期であれば叶うかもしれませんが転職市場が冷え込んでいる時期は多くの企業は未経験者を採用したいとは思わず即戦力が欲しいという思いになる訳です。

転職は総合的に時期を見定めることが大切

転職は、自分の能力や経験を企業側に伝えて求職者と求人側企業の思いがマッチすることで職を転じるということです。

本来は、求職者が希望する条件に見合った企業があればそこに移ることが出来れば幸せです。しかし、転職活動には様々な外部要因があり、自分の能力や経験が整っていても希望が叶うとは限らないというのが難しいところ。

その外部要因の代表が本稿で書いてきた「時期や市場の動向」なのですね。

時期を年齢、月、年と分けましたが、転職を希望する人が自分で意識的に選択することが出来るのは年齢と月。特に年齢は転職市場に出る頃に脂が乗り切った人材となるために逆算して業務経験を積んでおくのがベストです。本当にそうするのはなかなか難しいですけどね。でも、そのような計画性があれば転職市場で圧倒的に待遇アップ、分かりやすく言うと年収を大幅にアップすることは本当に出来ます。中長期で考えるとなかなか先の長い話ではありますが、例えば2年後3年後の転職を見据えて今から市場価値を高めるために現職での働き方を意識することは可能ですしお薦めです。

一方、意識的に選択することが出来ないのが年(景気動向や労働市場環境)。

ただ、これはころころと毎年変わる程には流動性がないので、例えばある程度好景気な状況で売手市場と言える時期であれば思い切って転職市場に出てみるというタイミングと考えていいですし、不景気で買手市場であれば無理に転職市場に出ていくことはお薦め出来ません。

買手市場がいつ売手市場に反転するかは不確定なので攻め時を待っている間に転職適齢時期を過ぎてしまったなんていうパターンもあり得ますから、このあたりは総合的に判断をしていくことが大切です。

-転職

© 2021 人事の夏沢