新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

転職

キャリア採用で求職者が最も気を付けるべきモノ

こんにちは人事の夏沢です!

企業人事の本音と現実をテーマとしております。

人事にまつわる本音や現実、舞台裏を書いておりますのできっとみなさんが多少なりとも知りたかった情報もあるのではないかと思います。就活、転職、給与、労務などはそれぞれカテゴリーを設けておりますのでぜひご覧ください。

【筆者について】企業での人事部門を10年以上経験しています。

採用、研修、評価、給与、社保など人事系の実務は網羅。

僭越ながら人事についての経験は豊富であります。

制度設計や企業合併の人事の実務も経験しています。

さて、

企業に就職してそのまま同じ環境で勤めあげるという時代は終わりました。

理由は様々ですが、所属する企業をかえることは比較的容易なご時世です。

おそらく本記事をご覧いただいている方も転職のご経験があるかもしれません。今まさに検討しているという方もいらっしゃるかもしれません。そして筆者も転職経験があります。

新たな企業に環境をかえようとするときに転職活動をする場合、キャリア採用の募集に応募する形で就職先を決めていくのが最も一般的です。

その際の
キャリア採用のポイントは?

企業の人事はキャリア採用をどう見ているの?

キャリア採用による転職って有利、不利?

昔も今もこれからも社会人のターニングポイントである転職。

キャリア採用としての転職を成功させるには?

キャリア採用としての転職がうまくいかない。

この記事を読むとそんな「キャリア採用として転職するポイント」が分かると思います。

企業人事によるキャリア採用の本音

今回は中途採用の中でもいわゆるキャリア採用、経験者採用と言われる採用について書いてみます。キャリア採用をする企業側の人事の視点を筆者の経験からお伝えします。

まず、新卒採用を行っている企業は、基本的には新卒入社の生え抜き社員が重視される傾向があります。新入社員として入社し、社員研修を経て、同期の輪も形成され、第○期などと表現されて先輩後輩との関係が自然に保たれますから、組織構成上新卒入社の社員が中心になるのは無理もありません。

では、企業がキャリア採用をする理由は何でしょうか。それには主には次のようなパターンがあります。

キャリア採用をする理由

・企業の成長が早く、ポストが増えたことにより人員が足りなくなった

・年代別の社員数がいびつになってしまい特定の層を補充したい(バブル期世代が多すぎて、氷河期世代が少なすぎる等)

・新卒入社中心ではあるが、外部から特定分野の専門家や経験者を自社にいれたい

・退職率が高く新卒社員を確保しても慢性的な人員不足になっている

キャリア採用の枠で転職しようとする場合、最も気を付けなくてはいけないのが企業側の採用理由です。

その採用理由と自分の転職で求める要件のマッチングは重要です。ここで言うマッチングとは、例えば次のようなことを言っています。

・求職者に具体的にやりたい職種があり、企業側はその職種で活躍できる人物を探している

・求職者は転職を機に給料を上げたい。企業側も具体的待遇案を示しており、それが納得できる水準、かつ入社後の昇給や昇格も具体的な説明があればベター

それでも求人の募集要項というのは、あの手この手で表現があやふやになっているケースがありますから見極めが重要です。

人間関係が、転職の理由であった場合、企業側の募集背景はあまり関係ありません。転職先の環境や人が自分に合うかどうかは正直やってみないと分かりません。ただ、ある程度社風や雰囲気を掴むために面接以外に人事や社員と話をする機会を設けられれば安心感が高まります。

以前は面接以外に求職者と企業側が時間を設けて話をするという機会はありませんでしたが、今は面接以外に現職の社員へのヒアリングの機会などを設けるケースもあります。そのような要望を企業側にしてみて、快く応じてもらえるか、応じてもらえないかですでに企業の社風が透けて見えてきます。実際に現職社員と合って話すことが出来ればしめたもの。社内のことを正直に色々と聞いてみましょう。

あまり自社を悪く言う人も少ないとは思いますが、会話や回答から募集要項のテキストでは表現されていない部分を推し量ることが出来るはずです。ちなみに筆者がキャリア採用をする際もこのような要望をもらうことがあり、以前は対応していませんでしたが現在は全力で対応しています。

現職社員複数に声を掛け、正直に求職者の質問に答えて構わないという説明をしています。マイナスな情報が求職者に伝わる可能性がない訳ではありませんが、入社後にミスマッチになることはお互いに不幸ですし、特にキャリア採用においてはコスト面でもミスマッチを避けたい事情があります。

キャリア採用のコスト面を知っておこう

キャリア採用のコスト面のことを書きます。
主なコストは以下の2つ。

キャリア採用のコスト

採用媒体で募集する際の媒体掲載費(月単位、数週間単位で数十万円。プランにより全然異なる)

転職エージェントを利用する場合の成功報酬(理論年収に対する一定割合)

上記の2つのやり方の場合、コストが抑えられるのは採用媒体を使用するやり方で、逆にコストは高いけど手間暇がある程度抑えられるのが転職エージェントといった感じです。

特に転職エージェントの場合、低い年収提示だと人材が集まらない、高い年収提示だと人材は集まるかもしれないが、転職エージェント側に支払う成果報酬も大きくなるという仕組みです。

転職エージェントを利用して転職する場合、自身の採用コストとして数百万円掛かっているという事実があります。転職媒体と転職エージェントは当然併用もありますし、むしろ併用の方が多いかもしれません。

では、求職者にとってはどちらがいいのでしょうか。

筆者としては、これもやはり併用がいいと思います。

超大企業に転職を希望する場合は、募集と同時に滅茶苦茶たくさんの応募がありますのでエージェント経由は成り立ちません。大量な母集団の中に採用したい人材がいる可能性が高いため企業の採用担当が一定の採用試験によりそういう人材を探すことになります。

一方、企業名や認知度にはこだわらないが、業務内容、職種、待遇など自分なりの要望、希望があり、それらの条件を満たしたいという場合は、転職エージェントを利用することをお勧めします。

転職エージェントは成果報酬型ですから、企業に求職者を紹介して採用にいたらなければ収益になりません。ですので求職者の要望や条件に合う求人をそれなりに探してくれるはずです(一生懸命ではなくそれなりというのがポイントですが)。

また、転職エージェント経由だと、企業側との交渉なども多少やりやすい側面もあります。

求職者が企業側と直接交渉しづらい「この条件を提示してくれれば入社を決めます」みたいなことを伝えることも転職エージェントを通じて伝えてもらうことも出来ますし、先ほど書いたとおり転職エージェント側は採用に至らないと報酬が入りませんからしっかり企業側に売り込んでくれるはずです。

結論としては、転職サイトと転職エージェントの併用がいい訳ですが、どの転職サイトやどの転職エージェントがいいかについてはまた別の記事にて説明したいと思います。

キャリア採用を成功させるためのテクニックなどについてもガッツリ書く予定でおりますのでその際はご参考にされて下さい。


-転職

© 2021 人事の夏沢