新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

転職

ブラック企業の見分け方を求人側の舞台裏から書いてみる

こんにちは人事の夏沢です!

企業人事が本音と現実を書くことを本旨としているブログです。

筆者は企業人事として採用や人材育成、人事制度の構築など総合的に実務を行ってきた叩き上げの人事です。僭越ですが人事の現場については詳しいですよ。

つい綺麗ごとや理想論が語られやすい人事界隈なのですが、実務からの叩き上げの現役人事管理職の視点で様々な本音と現実を書いております。

今回の記事は、「ブラック企業の見分け方」という内容です。

実際に採用媒体(主要媒体はほぼ使ったことがあります)で求人募集を行ってきた筆者が、ブラック企業の可能性が高い求人募集の特徴を書いてみたいと思います。

これから就活する方や転職する方がブラック企業を選択しないようにお役立ていただければと思います。

ブラック企業を選択しないようにするためには

ブラック企業といっても様々な種類があります。

最もわかりやすいのは、長時間労働や残業代不払い、ハラスメント行為の横行などです。これらは分かりやすい例ですが、他にも就業環境として良くない、つまりブラックな状態である企業というのは実は結構多いです。

ブラック企業とは、そもそもどういう企業なのか、ブラック企業で働くとどうなってしまうのか、といった基本的な事についてはすでに別記事にて書かせていただいておりますのでぜひご参考にされて下さい。

ブラック企業の主な特徴とは。意外と身近な存在なので要注意

ブラック企業は実は身近な存在です。新卒であれば就職先にブラック企業を選択しないこと、転職する方であれば転職先にブラック企業を選択しないということが最も重要な

続きを見る

求人側の舞台裏を知っているとブラック企業が分かりやすい

さて、今回はブラック企業の見分け方について。

新卒としてこれから就職する方も転職を考えている方も選択した会社がブラック企業だったということにならないようにすることが重要です。

ブラック企業の見分け方の難しい所は、外部から見てわからないということです。

どのような企業規模でも業種でも職種でもブラック企業は存在します。さらに言えば、世の中で一般的には優良企業と言われる企業でも特定の部署や所属内に超パワハラ社員がいればそこで働く社員にとってはブラックな職場になり得ます。

就活ナビサイトを見ても、大手転職サイトを見ても「この会社はブラック企業です」とは書いてないのですね。そんな中でブラック企業を見極めるには、求人側の舞台裏を知っていることが役立ちます。新卒採用も中途採用も担当してきた筆者は、就活サイトや転職サイトでどのような表現をしている企業が怪しいのか良くわかります。今回はそんな観点でブラック企業の可能性が高い企業の見分け方を中心に書いてみます。

ブラック企業の見分け方

ブラック企業にもたくさんの種類がありますが、就活サイトや転職サイトで見分けやすいのは、会社としての組織力が低い環境です。組織力が低い会社は総じて次のような特徴があります。

組織力が低い会社の特徴

就業規則をはじめ規程類が整備されていない

権限等が規定化されておらず意思決定する人物や過程が曖昧

物事の進め方が感覚的

コンプライアンス意識が低い

精神論、気持ち、やる気、熱量など定性的な事が重視される

こういった環境は、結果的にハラスメントや長時間労働や残業代不払いに繋がりがちです。

さらにこういった環境では社員の成長機会が極めて乏しく、そもそも社員の定着などは期待していませんから入社してきた社員は新卒でも中途でも基本使い捨て気味です。

やや辛らつに書きましたので「本当にそんな会社あるのかい」と思われるかもしれませんがあります。程度の差こそあれ、ブラック企業の根本的な問題は、結局コンプライアンス意識やCSR(企業の社会的責任)やESG(環境・社会・ガバナンス)といった一般的に会社に求められる概念や取り組みについて完全に他人事と思っていることです。

会社としての責任なんて他人事でとにかく短期での収益や事業の拡大にのみ価値を見出す環境はとにかくブラック企業具合が高くなります。具体的には次の様な特徴を前面に出して求人募集している会社はブラック気味の環境である可能性を疑いましょう。

新卒採用の就活サイトでも中途採用の転職サイトでも見方は概ね同じです。

風通しがいいアットホームな職場です!はブラック企業の可能性

「風通しがいいアットホームな職場」は、長所の様ですが組織がグダグダなだけの裏返しの可能性を疑ってください。

組織が統制されておらず、規律がないということを別の表現でアットホームと言っているケースが多いです。

統制や規律というと堅苦しく感じる方もいらっしゃると思いますが、会社は組織です。組織を適正に運用するには必ず一定のルールが必要です。そのルールが規律、つまり会社が定める規程や規則です。

規程や規則がしっかりしている企業は堅苦しいのではなく、むしろ社員に自発的な行動や意思決定を促してくれます。なぜなら社員みんなで守るべき規律があるからこそ、その中で社員の裁量や責任により様々な業務遂行や意思決定が出来るのです。それが欠けている環境は物事の進め方や決め方において感覚が重視されたりしています。

新人が「これでいいでしょうか?」と問うと先輩は「それでいいんじゃない」と軽い返事をするような環境。

これはアットホームではなく、階層や育成が欠落した人事制度を意味しています。

最大限良い言い方をしたらアットホームですかね。そんなアットホームはごめんです。

若い社員が活躍!はブラック企業の可能性

「若い社員が活躍」は、長所の様ですがただ社員の定着率が低いだけの裏返しの可能性を疑ってください。

入社した人が定着せずに辞めてしまう環境だと中長期的な組織構成がいびつになります。

本来の組織形成においては、新卒で入社した社員を中心に各世代を構成して業務上の経験を積み重ねてやがて組織のリーダーを担い、後輩の育成をしていきます。どのような業務にも経験や理解が必要ですから、中心になって活躍する層は一定の経験を経た社員である場合が通常です。

過度に若い年齢層の社員が多かったり、「若手が活躍」のような表現を前面に出してくる企業は、社員の退職サイクルが早い=辞めやすい環境である可能性が高いのです。社員が辞めやすい理由は様々ですが、「若手社員が活躍」していることが会社のアピールポイントになっているようであればその裏には若手社員が活躍せざるを得ない理由が存在します。

やる気!情熱!はブラック企業の可能性

「やる気!情熱!」は、長所の様ですが、ただ精神論や感情論が重要視されていることの裏返しの可能性を疑ってください。

やる気があることや情熱を持っていること自体は否定しません。

でも、求人募集でやる気とか情熱のような部分を前面に出してくる企業って、つまりそれしかアピールできる部分がないということなのです。つまり会社としての強みが商品でもサービスでも技術力でもなく「やる気」ということなのです。

それってどうですかね?すでにブラック企業臭がしませんかね。

やる気が売りの会社ということですから入社すれば求められるのは「頑張ります!」、「気合です!」といった類です。

気合で収益を改善するとか、根性で大量の業務をこなすとかそんなことが平然と言われている環境の可能性があります。

早く成長できる環境!はブラック企業の可能性

「早く成長できる環境」は、長所の様ですが、ただ満足に成長する間もなく管理職にされるだけの裏返しの可能性を疑ってください。

本当に成長機会に恵まれる環境であればいいことです。

しかし、就活サイトや転職サイトで早期の成長を売りにしている会社の多くは、中長期的にじっくりと社員を成長させるという方針は最初から持っていません。

ある程度の業務理解を得た時点で早速、課長や店長やマネージャーなどといった肩書を押し付けられ、悲惨な場合は名ばかり管理職、いわゆる労基法の管理監督者ではないのに「管理職なんだから残業代の対象外」とされたり、何の決定権や権限もないのに責任だけ取らされるような立場にされたりします。

最初は名刺に課長とかマネージャーとか刷られると嬉しいかもしれませんが、内容が伴っておらず不利益にしかなっていないことを後から理解することになります。

年収の例示が高い場合は、ブラック企業の可能性

「年収の例示が高い」というのは、長所の様ですが、最も高い年収帯の例示であって、平均的な社員はそれほど高くないことの裏返しの可能性を疑ってください。

特に未経験歓迎なのに異常に年収が高いとかの場合は、当然何か裏があると疑ってください。よくあるパターンはインセンティブ要は報奨制度を最大限適用されるとその収入だよというパターン。

出来高制で営業成績をマックスにあげまくった結果、理論上はその年収に成り得る、しかも経験年数に関係なく、仮に入社した直後でもその営業成績を上げればインセンティブは付くので嘘ではないとかそんな理屈。実際は現実味がかなり薄いのです

ほとんどの社員がその年収帯ではないのに、さも高待遇のように見せようとするその気持ちがすでに求職者をダマそうとしていることの現れです。

よくわからない横文字が多様されている場合は、ブラック企業の可能性

比較的新しい企業やIT系っぽい企業(IT系ではなくIT系っぽい企業)、コンサルっぽい企業(コンサルではなくコンサルっぽい企業)に多いのですが、求人募集を読んでも正直何がメインの会社かわからない企業があります。どうも掴みどころがない企業。

それなのになぜかオフィスや独自の福利厚生に異常に力を入れてる。このような特徴の会社はガバナンスが利いていない可能性があります。

今、資本を投下すべきは自社商品の開発や人材育成であるのに無駄にキラキラオフィスにしたがる、対外的なアピールに金と時間を掛ける等が特徴で、創業者がワンマンでその一存のみで会社の意思決定がされるとか、創業役員メンバーの勢いと突破力が会社の頼りどころで商品やサービスは全然イマイチといったケースがこれに該当しやすいです。

求人募集上の写真や代表あいさつなどからこの違和感を感じることが出来るかどうかが大切ですが、どうも会社の雰囲気やイメージが自分とは合いそうにないなという場合やちょっと胡散臭いと感じた場合、ぜひその嗅覚を信じましょう。

この手の企業は、社員の肩書とかもよく分かりません。何をやっている人なのか伝わりません。真正面から伝えないようにしたい理由がある訳です。わざとよく分からなない様に表現したい理由がある。つまり、中身が伴っていない可能性が高いということなのです。

よく分からない肩書の例

エグゼクティブ〇〇

バイス〇〇

〇〇マーケター

〇〇アソシエイト

〇〇コーディネイター

〇〇コンサルタント

スーパーバイザー

これらの肩書の表現=ブラック企業という意味ではありません。ただ、よく分からない事業を行っている新興企業あるあるですね。メインの事業に掴みどころがない小規模企業はブラック企業率がそれなりに高いというのも求人あるあるです。厳しいノルマを課されて自社製品を飛び込み営業するゴリゴリの営業マンの肩書も「フィールドセールスーパーバイザー」とかになっちゃいます。

ブラック企業での就業は無駄な時間

ブラック企業には様々な種類があって、最も避けるべきブラック企業の要素というのは人によって異なります。例えば、良い人間関係を重視したいとか残業がない環境を重視したいとか、好待遇を重視したいとかですね。自分が重視したい要素と逆の要素が多ければ多いほど、その人にとってそこはブラック企業となります。

完璧な就業環境というのはおそらくどこを探してもないと思いますが、逆に誰もが避けおいた方がいい環境というのはあります。

それが今回紹介をしたような非常にわかりやすいタイプのブラック企業です。ブラック企業での就業は日々が辛いというだけでなく、いずれそこを辞めて転職するときにも何のアピールにもなりません。

つまりキャリアを形成していく上で時間だけを消費してしまい成長がないとても無駄な時間を過ごしてしまうことになります。

働く人を不幸にするようなブラック企業への就職や転職をぜひ避けられるように微力ながら本稿がご参考になれば嬉しいです。


-転職

© 2021 人事の夏沢