新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

第二新卒

第二新卒とは?その意味や就活の現実について

こんにちは人事の夏沢です!

企業人事の本音と現実をテーマとしているブログでございます!

別回の記事で、新卒採用いわゆる就活についてそれぞれの選考段階を書いてきました。

今回は、採用選考ではなく第二新卒について。

第二新卒としての就活ってどうなの?

企業の人事は第二新卒をどう見ているの?

第二新卒は得なの?損なの?

この記事では、第二新卒について人事の視点で書いて参ります。

本ブログのポイントは企業人事の長い実務経験から企業人事の本音をお送りすること。

筆者について
企業での人事部門を10年以上経験しています。

ただのんびりと経験しただけではありませんよ!人事の現場を駆けずり回り採用、研修、評価、給与、社保など人事系の実務は網羅しています。

控えめに言って人事についての経験はかなり豊富ですよ。

制度設計や企業合併に係る人事の実務も経験しています。

そんな人事の実務屋である夏沢が豊富な経験談から第二新卒について書いてみます。

この記事を読むと「第二新卒としての就活のポイント」が分かると思います。

第二新卒、それは新たなる存在

新卒採用についていくつか書いて来ましたが、新卒以外の採用についても書いていきます。

中途採用、キャリア採用と言われているものがあり、これに加えて第二新卒と言われる採用市場があります。

今回はその第二新卒から書いてみたいと思います。

昔はなかった新たな概念、新たな層である第二新卒・・・。敵か、味方か第二新卒・・。吉と出るか凶と出るか第二新卒・・・っと勝手にちょっと盛り上がりそうになりましたw

そもそも第二新卒とは、入社後ほどなく退職した層でキャリア採用という程に経験は積んでいないものの学校を卒業済みの社会人や学校卒業時に入社はしなかったものの卒業済みの若年層を指しています。

ただし、明確な定義はないようです。別の表現として既卒という言い方もあります。

この記事では、第二新卒の概念や定義は省略し、第二新卒を企業の人事がどう見ているのか、第二新卒としての採用市場での就活のポイントなどについてを中心に書いて参ります。

第二新卒のメリットとデメリットとは

昔はいったん企業に就職すると基本的には終身雇用を前提にひとつの企業に勤めあげるというのが当たり前でした。

ところが今は転職が当たり前。

また、いったん企業に就職した後に別企業に移ったり、独立したりと選択肢は増えました。そういう環境の中で、新卒で就職したものの入社後にやっぱり違ったとなった場合にすぐに退職して、再度企業を選び直すという層が一定数生じます。

一昔前であれば「石の上にも3年」という精神論もあり、短期間で転職することにはデメリットが目立ちました。時代は変わりまして、新卒入社後の短期間退職からの転職も十分に成り立つご時世となりました。

ここで第二新卒のメリットとデメリットを考えてみます

メリット

・合わないのであれば早く辞めた方が企業にも本人にもよい

・早期の方向転換だからこそ異業種、異職種も含め再検討が出来る

デメリット

・適正の有無がわからない状態での退職

・経験や知識が蓄積されない

・辞め癖がつく(少し嫌だと辞めたくなってしまう)

このようなメリットとデメリットがありながら現在では、企業と早期退職の新社会人との間の需給が一致し、第二新卒市場を形成するにいたっています。

第二新卒の企業選びの極意

さて、ここからは企業人事、採用側からの視点を筆者の経験から書いてみます。

新卒で就職したけど、辞めたいな、この企業に合ってなかったかな、もっとやりたいことあるんだよな、人間関係が良くないな等の理由により早期退職を考えている人や転職を考えている人の参考になると嬉しいです。

まず第二新卒枠での就活をしようという人が認識すべきなのは、通常の新卒枠よりも企業選択を慎重にせねばならないということです。

通常の新卒枠でいい採用が出来た企業は、第二新卒の採用をする必要がありません。

つまり第二新卒をしようという企業は、なんらかの理由(後述)により新卒採用がうまく進められなかった、または欠員が生じているというケースが考えられます。

企業の新卒採用がうまくいかなかった理由というのはいくつかあります。

だいたいは以下のような理由です。

ポイント

  • 母数形成が出来なかった(エントリーが集まらなかった)
  • エントリーはあったものの実応募者数が少なかった
  • 内定辞退が多く目標人数を確保出来なかった
  • 新卒入社者が早期で退職し欠員が生じている
  • 慢性的な人不足でとにかく社員が必要

つまり慎重に企業選びをしないと上記のような理由による場合は、企業側が何らかの問題を抱えているケースがあるんですね(ただし、誤解のないように補足しておくと第二新卒募集企業=全部問題企業という訳ではありません)。

お伝えしたいのは、第二新卒で再就職をしようとする場合、次のことを認識しておくことで客観的かつ冷静に第二新卒就活が出来ると言うことです。

チェック!

・自身も新卒採用の路線には乗り切れなかったという事実は認識する

・新卒採用に乗り切れなかった、または早期退職に至った一番の理由を分析する

・理由の分析は格好つけずに正直に

・企業選びは通常の就活以上に慎重に

企業人事は第二新卒をどう見ているのか

これらの分析が終ればいよいよ第二新卒としての就活です。

企業側ではどういう視点で第二新卒応募者を見ているかというと

企業側の本音

・即戦力性は期待していない

・新人研修等は他社で終えているため 必要なポジションにすぐに配置できる

・入社後の定着には期待したいが早期退職後の再就活であるためやや懐疑的(またすぐ辞める可能性を危惧)

・経験者採用に比べてコストが抑えられる(媒体費、待遇の両面で)

結果として第二新卒は、通常の新卒採用に比べて応募者側も企業側も中途半端感を抱えながらの採用活動にはならざるを得ません。

それでも超売り手市場の時期においては新たな採用市場を形成してきました。

ただ、新卒採用が売り手市場ではなくなれば第二新卒の採用市場はいっきに縮小する可能性があります

また、新卒採用以上に中途採用に注力し始めているという企業も増えています。

そうなると新卒でもない、十分な経験もないという第二新卒は、超売手市場であった時には成り立っていたものの採用市場の環境次第では、なかなか納得性の高い就職がしづらい層になってしまう可能性があります。

また、短期で退職するかもしれないと自分で思っている方には、新卒で選択する企業を大企業にしておくことをお勧めします。

なぜなら、大企業を早期退職してから、ベンチャーや中小企業に再就職する難易度と、新卒でベンチャーや中小に入って早期退職して再就職する難易度は、前者の方が易しいからです。

いずれにしましても学生は最初から第二新卒での就職を当てにすることなく新卒採用のタイミングでの就職を目指し、企業側も通常の新卒採用のタイミングで目標人数を確保するというのがベターであると思います。

望んでも望まなくても第二新卒市場で就活をすることになる方は大勢いらっしゃると思います。

その際の就活のポイントやコツはまた別の記事でしっかり書きたいと思いますが、本記事では第二新卒のメリットやデメリット、また企業の人事からどのように見られているのかについて書いてみました。

とにかく第二新卒は企業選びを慎重に!ですよ。

ご参考にされて下さい。

第二新卒としての転職についての企業人事の本音

第二新卒を人事がどう見ているのか、第二新卒の転職はどのように進めると効果的なのか、第二新卒としてのアピールの仕方などを長い企業人事の経験に基づき書いていきます。

続きを見る

-第二新卒

© 2021 人事の夏沢