新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

第二新卒

第二新卒の転職にお薦めの転職支援サービス

第二新卒のお薦め転職支援

こんにちは人事の夏沢です!

第二新卒の転職についていくつか記事を書いております。

このブログでは、企業人事の経験に基づく人事の本音と現実を主題に就活や採用だけでなく企業人事の業務全般について書いておりますが、昨今転職市場の新たな層となっている第二新卒には様々なポイントがあることから複数回にわたり記事を書いて参りました。

今回は、第二新卒としての転職における支援サービスの紹介です。第二新卒としての転職がやりやすくなったり効果的に転職を進めることが出来る様になるものを紹介していきます。前段はいいからお薦めの第二新卒の転職支援サービスを教えてという方は【こちら】

ちなみに筆者は長年採用選考を行っている企業人事です。採用現場の本音と現実をお届けしている本ブログをぜひご参考にされて下さい。

第二新卒として転職する方へお薦めする支援サービス

第二新卒の方が転職を考える場合、多くの方は初めての転職なのではないでしょうか。

学校を卒業して社会人になったとき、「もしかすると早い時点で転職するかも」と思っていた人もいると思いますが、「自分がこんなに早く転職することは想定していなかった」という場合も少なくないと思います。つまり、社会人の視点で仕事や業種や職種を丁寧に吟味し、満を持して転職するという環境が整う前に第二新卒として転職することになったという方がおられると思います。

社会人経験も豊富とまでは言えず、転職についての注意点や留意点もイマイチ分からないという第二新卒の方にお薦めする転職方法などを紹介していきます。説明はいいからお薦めの第二新卒の転職支援サービスを教えてという方は【こちら】

転職サイトと転職エージェントの活用

転職サイト

転職サイトは企業の求人情報を集約している採用媒体のことです。

第二新卒の方は、新卒就活の際にほとんどの人が使用したであろうリクナビやマイナビなどの就活ナビをイメージしていただければこれの転職版です。つまり、転職サイトには非常にたくさんの企業の求人募集が掲載されていて、検索機能やその他便利機能がありますのでご自身にあった企業を探すことが出来るという物。数千から数万という掲載ボリュームの中から業種、職種、待遇、地域などの軸で検索ができます。

転職エージェント

転職エージェントは、エージェントつまり代理人や仲介者が介入しながら転職活動を進めて行くというサービスです。ちなみにエージェントが付くからと言って転職する方には費用は発生しません。理由は採用した企業から転職エージェント側に成果報酬という形で支払われるからです。つまり、転職エージェントとしては第二新卒の方を一生懸命サポートして、転職を成功させることではじめて採用募集をしていた企業側から報酬が発生する。逆に転職が成約するまでは採用募集している企業側から報酬はもらえない。まさに成果報酬型であって結果が出るまでは転職エージェントは利益が得られないのです。

転職サイトと転職エージェントのメリット・デメリット

そういう訳で転職サイトと転職エージェントのメリットとデメリットを比較してみましょう。(説明は省略して支援サービスを知りたい方は【こちら】

転職サイト

メリット
・いつでも自由に検索可能
・豊富な情報
・個人で動くので自由度は高い
・自分のことは自分が一番知っているので好きに進められる

デメリット
・探す、応募する、選考を受ける等の工程を全て自分で行う
・自分視点でしか企業選びが出来ない
・サイトに掲載されている以上の情報は得られない
・個別サポート等はない
・条件交渉をしたければ自分で切り出し交渉する

転職エージェント

メリット
・転職仲介の専門家がアドバイスしてくれる
・エージェントが様々な企業情報をくれる
・転職サイトだけでは調べられない情報も教えてくれる
・自分視点では探すことが出来なかった企業を紹介してくれる
・企業情報だけでなく転職に関わる様々なアドバイスももらえる
・条件交渉等もエージェントを介して可能なのでやりやすい

デメリット
・エージェントの当たりはずれがある
・エージェントが様々な意見を言ってくる
・何事もエージェントを介して行う

転職サイトと転職エージェントにはそれぞれメリットとデメリットがあり、上記に挙げた以外にもあります。

しかし、最も単純な話をすると第二新卒の転職については転職エージェントを使ってみることをお薦めします。

理由は、自分の社会人経験を活かすことが出来る企業、それを求めている企業、マッチしそうな企業を推薦してくれるとともに、もしその企業に応募することになればエージェントがあなたの推薦状を求人企業側に送ってくれるなど積極的な支援を受けることが出来るからです。

求人企業側は、履歴書や職歴書と共にエージェントからの推薦状も参考にして採用選考を進めて行くことになるとともに人物の印象などをエージェントに問い合わせることも出来ますから転職サイトによる情報に比べてはるかに多い情報のやり取りが展開されます。

逆に第二新卒で転職しようという方もエージェントには遠慮なく色々聞いてみることをお薦めします。履歴書や職歴書の添削もしてくれますし、例えば応募企業の社風や雰囲気といった抽象的なことでも質問すれば調べてくれたりします。また、単純に転職先や条件面で迷うこともあると思うので相談相手がいた方がいいじゃないですか。エージェントに当たりはずれはありますが、前述のように転職エージェント側は求職者の転職を成功させないと成果報酬が発生しませんから基本的には一生懸命やってくれます。

お薦めは、第二新卒に強い転職エージェントの利用

第二新卒の転職をする場合、本稿でお薦めしている転職エージェントの利用を検討してみて下さい。理由は、超大手の転職エージェントでは正直手厚いサポートまでは受けることが出来ないケースが多いからです。

転職エージェントは成果報酬型です(転職する求職者は費用掛かりません。採用する企業側は費用が発生します)。その報酬は転職者の理論年収から算出されます。

つまり、理論年収が高い求職者の転職を成約させた方が転職エージェントがもらう報酬が高くなるのです。

超大手転職エージェントが常に理論年収が高い求職者ばかりを相手にしているという訳ではないのですが、高単価の求職者を含め、ひとりのエージェントが担当している案件も多いですし、どうしても第二新卒を得意としている転職エージェントに比べて雑な対応になりがちです。

今となっては第二新卒は新たな転職市場となっています。

だからこそ第二新卒を得意としている転職エージェントがあります。いい転職エージェントに登録し、いい担当に出会うことが出来れば心強いものですし、企業選びから選考中のサポートまでしっかりと並走してくれます。

しかも求職者側に費用は発生しませんので少なくともデメリットはないですよ。

エージェント側もしっかりと並走して成約を目指しており、求職者にとっては第二新卒としての成功、転職エージェントにとっては成果報酬の獲得というwinwinの関係に成り得る訳ですから積極的に利用しない手はありません。

お薦めの第二新卒向け転職支援サービス

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントNEO
第二新卒エージェントneoは、20代の若手社会人向きの転職エージェントで事業の中心が第二新卒に特化した転職サポート。転職エージェントサービスですから、第二新卒として転職する方(求職者)には費用が発生せず無料で利用できます。採用する側(求人側)の企業が第二新卒として人材を採用した際に第二新卒エージェントneo側に報酬を支払うというスキームですので転職する方に費用は発生しません。

たくさんの転職エージェントのなかで第二新卒に特化しているものがいくつかありますが、この第二新卒エージェントneoはエージェントの全員が第二新卒での就職や転職の経験があるという特徴があります。つまり、エージェントが自分の経験に基づいて第二新卒として転職しようという人にアドバイスしたりサポートしてくれますということです。一言でいえば当事者意識があるということですね。

当事者意識から、第二新卒エージェントneoでは求職者との初回面談が2時間にいたることもある程、丁寧にヒアリングが行われます。「え?長いし、そんなに話すことない」と思われた方も多いと思いますが、転職エージェントを利用する際に初回のヒアリングでしっかりと自分の思いや希望を伝えることはとても重要です。多くの転職エージェントが大まかな希望やイメージをサクッと聞いて終わってしまうのと比較してとても丁寧です。この面談が求職者の要望に合う企業の紹介に直結することを考えるとここは多少手間がかかったとしても丁寧に時間を掛けて思いや考えを聞いてもらえるエージェントの方が良い結果に結び付く可能性が高いです。

第二新卒エージェントneoの運営会社ネオキャリアは、人事業界では若手が活躍している活発企業といった印象。筆者も直接ネオキャリアの営業担当さんとのやり取りがありますが、やはり活発で熱量高めといった感じです。エージェントの年齢も若く、カジュアルな印象がありますが第二新卒として転職しようという方にお薦めしたい転職エージェントのひとつです。理由は、第二新卒としての転職を自分で経験している若手エージェントがしっかり寄り添って並走してくれることと、求人企業のすべてにネオキャリアの担当者が訪問しているため、募集要項だけではわからない会社の雰囲気や環境についてもしっかり説明してもらえることから、入社後ギャップが生じることを防ぐことが出来ます。

筆者は他の転職エージェントの営業さんとも日常的にやり取りがありますが、ネオキャリアはやる気、活気、勢いという意味で転職活動の味方に付けておいて損はないと思います。相談のしやすさ、具体的な問題解決の提示などで強みを持っていますので、第二新卒での転職活動を行う際には相談をしてみて下さい。きっと不安解消に繋がることと思います。

 

マイナビジョブ20's

第二新卒の転職マイナビ
新卒での就活でマイナビを利用していた方は多いのではないでしょうか。

マイナビは最大手クラスの大手採用媒体社なので新卒だけでなく、中途採用からアルバイトまで様々な層で採用に関わる媒体を展開しています。そんなマイナビが提供する若手向けの転職エージェントがマイナビジョブ20'sです。転職エージェントサービスですから、第二新卒として転職する方(求職者)には費用が発生せず無料で利用できます。採用する側(求人側)の企業が第二新卒として人材を採用した際にマイナビジョブ20's側に報酬を支払うというスキームですので転職する方には費用が発生しません。

マイナビジョブ20'sは、採用市場の巨人であるマイナビが提供していますからサポートや情報提供はしっかりしています。20代に特化した転職エージェントですから第二新卒で転職を考えている方はピッタリの層です。マイナビジョブ20'sの強みは内定までの徹底サポートで、一人一人の求職者に対して専任のキャリアアドバイザーが担当として付いてくれます。

この担当キャリアアドバイザーが求職者の希望などを細かくヒアリングし、適性や経験を理解した上でマイナビとして最適と考える求人を紹介してくれるという流れです。また、マイナビジョブ20'sの強みの一つが一般的な転職サイトに掲載されていない非公開求人も多数取り扱っているということ。これは転職サイトで自分で検索しながら志望企業を見つける形式と比べてとてもメリットがあるだけでなく、他の転職エージェントと比較してもマイナビならではの強みの一つと言えます。

求人数の多さや非公開求人へのアプローチといった観点で、他の転職支援サービスを利用しつつこのマイナビジョブ20'sにも登録しておくことに損はありません。第二新卒として転職を考えている方は、マイナビジョブ20'sをぜひ利用してみてはいかがでしょうか。第二新卒として転職しようと考えている方の中には、新卒の就活でマイナビを使い倒していた方も大勢いらっしゃると思います。マイナビは第二新卒市場でも頼りになりますよ。

 

パソナキャリア

第二新卒の転職パソナ

人材大手のパソナによる転職エージェントサービスです。転職エージェントサービスですから、第二新卒として転職する方(求職者)には費用が発生せず無料で利用できます。採用する側(求人側)の企業が第二新卒として人材を採用した際にパソナ側に報酬を支払うというスキームですので転職する方には費用が発生しません。

パソナは人材サービスの大手企業なのでエージェントの充実度や求人数について強みを持っています。転職エージェントとしてのパソナキャリアの特徴は、業界・職種別のチーム体制を持っていることです。パソナキャリアのHPでも業界ごとにどのようなエージェントの方がいるのかご覧いただくことが出来ますのでとても参考になると思います。転職エージェントを利用する際にとにかく重要なのは良いエージェントに出会うことで正直これに尽きます。逆にとても良いエージェントに出会うことが出来れば転職活動においてこんなに心強いことはありませんし、希望する業界や企業に転職できる可能性がグッと上がります

パソナキャリアではチーム体制を取ることによりサポート体制を丁寧に行うというのが特徴ですから、良いエージェントに出会い、良い転職活動が出来る可能性は業界の中でも高いと言えます。また、求人数も30,000件以上と業界トップクラスであるというのも長所としてありますから、第二新卒として転職活動を始める際にはパソナキャリアは候補に入れておきたいところです。転職ノウハウや悩み相談や対策など調べたり学んだりを含め、サポート体制が充実しています。

第二新卒として転職を考えている方の多くは20代の若手社会人の方だと思いますので大手クラスの中からはこのパソナキャリアがお薦めです。30代からさらにその上のミドル、ハイクラスあたりの案件を重視している転職エージェントもありますので、20代転職者に関わる総合的サービスとしてはこちらのパソナの充実度が高いと思われます。20代転職者への対応、エージェントのスキルやスペック、求人案件数といった総合的な充実度がかなり高いため第二新卒の転職を開始する際には登録しておいて損はない転職支援サービスですよ。

また、業界ごとにキャリアアドバイザーが分かれているためそれぞれの業界に詳しいアドバイサーが付いてくれます。前述のように転職エージェントを利用する際のポイントはとにかく良いアドバイザーに出会うことが出来るかこれに尽きます。必ず良いアドバイザーに出会うことが出来る保証がある転職エージェントはありません。しかし、第二新卒を含む20代を中心とした若手転職希望者の方にとってパソナキャリアは最善の転職エージェントの一つだと思います。

 

ウズキャリ第二新卒

第二新卒の転職UZUZ
ウズキャリ第二新卒も20代を中心にした転職支援エージェントサービスです。転職エージェントサービスですから、第二新卒として転職する方(求職者)には費用が発生せず無料で利用できます。採用する側(求人側)の企業が第二新卒として人材を採用した際にウズキャリ側に報酬を支払うというスキームですので転職する方には費用が発生しません。

ウズキャリ第二新卒の特徴は転職エージェントの9割が元々既卒や第二新卒としてウズキャリに入社していること。エージェントが第二新卒としての転職を自ら経験しているのでノウハウを具体的に伝えることが出来るというのが長所のひとつになっています。

ウズキャリ第二新卒でも採用選考に関する各種サポートを受けられるのですが、ウズキャリ第二新卒は書類選考通過率や内定率、転職後の定着率などの具体的な数値をHPで記載していることからも既卒や第二新卒の転職市場でのエージェントサービス専門業者としてのサポート体制に強みがあります。ただ、ウズキャリ第二新卒の求人数はあまり多くありません。また、取り扱う求人は色々な業種がありながらもややIT分野が多いようです。逆に言うとIT分野での転職や将来性を考えてIT分野へ新たにチャレンジしたいと考えている第二新卒の方はぜひ利用してみることをお薦めします。

ウズキャリ第二新卒を運営する株式会社UZUZは2012年に設立された比較的若い会社。「既卒・第二新卒のキャリアを魅力的にしたい!」という目的を掲げているベンチャー企業ですから第二新卒の方は相談がしやすいのは間違いありません。UZUZのHPのコンテンツは面白いですよ。創業秘話【EPISODE0】などぜひ読んでみて下さい。

ウズキャリ第二新卒では担当者も若い方が中心です。ウズキャリ第二新卒を運営するUZUZのHPにある【MEMBERS:社員一覧】からエージェントや社員のみなさんのプロフィールを見ることが出来ますのでぜひ参考にしてみて下さい。総合的には、求人数等の観点から他の転職エージェントと併用するのがお薦めです。

【公式サイト】
ウズキャリ第二新卒

 

ベンチャーセールス

第二新卒の転職ベンチャーセールス
ベンチャーセールスは、20代の営業職に特化した転職エージェント。営業職と一言にいってもIT、人材、金融など業種は様々です。営業という職種で成果を上げてきた来た方がキャリアアドバイザーをしていることからとにかく営業職に強みを持つというのがベンチャーセールスのポイントです。

現職が営業で別業界での営業をしたい方や待遇を改善したい方、営業職としてのキャリア形成などについて総合的に相談が出来ますので営業職としての経験を活かしたい方、今後営業職として働きたいという方は営業実績豊富なキャリアアドバイザーから様々な話を聞くことが出来るベンチャーセールスに登録してみてはいかがでしょうか。

【公式サイト】
【ベンチャーセールス】

 

20代の転職相談所

第二新卒の転職20代
20代の転職相談所は、20代の第二新卒に特化した転職支援サービスです。正社員に限定した5,000件以上の求人の中からお薦め出来る企業を第二新卒専門のキャリアコーディネーターが紹介してくれます。求職者とのカウンセリングが行われますので個人の要件や希望を伝えながら転職活動を進めていくというバックアップ体制が整っています。
また、20代の転職相談所の公式サイト内にある転職サポートメニュー「20代のキャリア適性診断」は大変面白いコンテンツなのでぜひご覧になってみて下さい。若手を採用したいと考えている求人情報にこだわっていることや早期退職への不安相談、20代の転職成功ガイダンスなど、とにかく20代の第二新卒に特化している転職支援サービスです。

 

ミイダス

第二新卒の転職支援ミイダス
転職エージェントではありませんが、役に立つサービスとして人気が高まっている転職アプリを紹介します。「あなたの市場価値を見いだすアプリ」ミイダスです。ミイダスでは無料で使える3つの診断コンテンツがあり市場価値診断、コンピテンシー診断、パーソナリティ診断を利用できます。
行動特性として「あなたの職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、 ビジネスマンとしてのあなたのコンピテンシー(行動特性)」を分析することが出来るというアプリです。無料診断を利用することで経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ化し、それをもとにあなたを求める企業から直接オファーが届きます。
単純に「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析するだけでも参考になり面白いのですぐに転職をするか分からないという方や転職エージェントとの併用にもお薦めです。転職支援ツールの一つとして利用してみてはいかがでしょうか。

 

ポジウィルキャリアのゲキサポ

第二新卒の転職ゲキサポ

ポジウィルキャリアの転職支援サービス【ゲキサポ】は、ここまで紹介してきた転職エージェントと異なる内容でとても特徴的というか人事業界としてもなかなか興味深いサービス内容なのです。誤解が生じるとまずいのでまず簡潔に結論を書いておくと、ポジウィルキャリアのサービスではエージェントから求職者に対して企業紹介はありませんし、求職者側(転職する人)に費用が発生します。この時点で転職エージェントとは大きく異なります。しかし、第二新卒の転職支援としても大いに役立つ内容なので以下に説明して参ります。

ポジウィルキャリアが提供するゲキサポは、マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービスです。イメージとしてはテレビCMでもおなじみのダイエット・ボディメイクのライザップの転職版といったところ。つまり、カラダではなくキャリアのパーソナルトレーニングのためのサービスなのです。

ゲキサポを利用するとあなたの転職を成功させるための様々なサポートを受けることが出来ます。例えば、自分自身の転職の軸をトレーナーと整理したり、履歴書や職歴書の精度を高めたりするための支援を受けることが出来るのですが、求職者がお金を払って支援を受けるサービスですから、当然それに見合った成果が期待される訳なのですね。例えば転職しづらい理由(例えば経験が浅い、複数回の転職で履歴書受けが悪い、ものすごい短い期間で辞めてしまった会社がある、休職期間が長いなど)を抱える層の転職を成功に導くことや転職によりキャリアアップ(年収を圧倒的にアップさせるなど)することといった成果を求めて転職するためのコンサルを受けることが出来るということです。

転職をしようとする人にはそれぞれ悩みや不安があります。まずは何に悩んでいるか、何を問題に感じているかをポジウィルキャリアの無料相談でぶつけてみるのは良い手です(相談する時点では無料です)。その結果、ゲキサポを利用することで打開できそうか、成果を得られそうかを判断すればいい訳です。同じような問題に直面していた求職者を解決に導いた実績などをポジウィルキャリア側から紹介してくれるはずです。特に転職するにあたって弱点というか、転職市場では弱みになってしまう経歴等があって困っているという方はポジウィルキャリアに一度相談を投げかけて見るといいかもしれません。

一人で問題を抱えたまま転職活動を継続しても、優良企業から採用されたり、自分にとって最善の企業に出会える可能性が高いとは言えません。現在は、転職が当たり前になってきているが故にポジウィルキャリアをはじめとした専業の支援サービスなどを利用する方が結果的に良い転職が出来る時代になってきています。ひとりで悶々と解決策を探るのではなく、客観的にプロから解決策を教えてもらったり、一緒に考えてもらうという選択肢です。
ポジウィルキャリアのゲキサポのデメリットは、とにかく求職者側に費用が発生するということですが、コストが発生するということはサービスつまり商品を購入するということですからゲキサポはそれだけ成果を提供することに自信を持っているということです。ライザップ的に言えば「結果にコミット」という訳です。まずは無料相談してみても損はないと思います。

誤解がない様に繰り返しておきます。サービス自体は利用者の評判も上々ですがゲキサポは求職者に費用が発生する形式ですから転職エージェントとの違いにはご留意下さい。

まとめ

いくつか第二新卒向けの転職支援サービスを紹介させていただきました。転職エージェントについては、とにかく自分と合う良いエージェントに出会うことが重要です。本稿では第二新卒の立場を理解してくれ、しっかり並走してくれるエージェントに出会うことができる可能性がある支援サービスを紹介させていただきました。

また、後半でご紹介したミイダスやゲキサポは転職エージェントではありませんが、一定の転職希望者にとっては利用価値のある面白いサービスです。本ブログ内で書かせていただいた第二新卒としての転職のポイントなどと併せてぜひご参考にされて下さい。

-第二新卒

© 2021 人事の夏沢