新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

第二新卒

第二新卒として転職を成功させるためのポイントを企業人事が書いてみる

こんにちは人事の夏沢です!

企業人事が本音と現実を書くことを本旨としている当ブログですが、今回は第二新卒についてです。

筆者は企業人事として採用や人材育成、人事制度の構築など総合的に実務を行ってきた叩き上げの人事です。僭越ですが人事の現場については詳しいですよ。

つい綺麗ごとや理想論が語られやすい人事界隈なのですが、実務からの叩き上げの現役人事管理職の視点で様々な本音と現実を書いております。

今回の記事は、「第二新卒として転職を成功させるためのポイントを企業人事が書いてみる」です。

第二新卒に該当する方、また現職があるけど早期退職を考えている社会人の方(つまり第二新卒予備軍の方)にとって役に立つ情報ですのでぜひご参考にして下さい。

第二新卒として転職を成功させるには第二新卒特有の強みを認識すべし

第二新卒を人事がどう見ているのか、第二新卒の転職はどのように進めると効果的なのか、第二新卒としてのアピールの仕方などを長い企業人事の経験に基づき書いていきます。

第二新卒という存在を客観的に理解し、第二新卒としての転職の準備をしっかりした方こそが第二新卒での就活や転職を成功させることができます。

第二新卒という切り口でいくつか記事を書いておりますが、本稿では第二新卒として転職する方にとっての強み、いわば武器について書いて行きたいと思います。

第二新卒という区分そのものが強み、つまり武器になる訳ではないということを別記事で書かせていただいているとおり、第二新卒という立場を企業人事がどう見ているのか、そして何を期待しているのかについて理解していただいた上で本稿をご覧いただくと第二新卒としての転職を成功させるための参考になると思います。

第二新卒特有のポジティブな要素

第二新卒の転職では必ず前職の退職理由(退職前であれば退職しようと考えている理由)は問われます。退職理由は様々ですが、客観的な合理性を持って説明することの重要さとそのための方法についてこちらで書きました↓

第二新卒としての転職準備と進め方

第二新卒には本音と建て前があります。この本音の部分を客観的に理解し、第二新卒としての転職の準備をしっかりした方こそが就活や転職を成功させることが

続きを見る

現実的にポジティブな理由での退職はほぼありませんし、採用する側の企業人事も退職理由にポジティブさを求めていません。

しかし、それはあくまでも退職理由の話であって転職先企業として選んだ志望理由や転職後の行動やポテンシャルという部分では逆にポジティブな要素を最大限伝えなくてはなりません。

第二新卒には第二新卒特有のポジティブな要素があります。

第二新卒の強みとは

強み【その1】

社会人経験が3年未満程度の方が一般的には第二新卒の区分とされていることから、つまり若手です。新卒のフレッシュさと中途採用者の知識や経験の良い所どりが狙えるというのが第二新卒のメリットの一つ。

つまり、第二新卒の強みとして表現すると

第二新卒の強み

第二新卒は特定企業の在籍期間が短いので特定の業界や企業の文化に染まっていない(思い込みやクセが少ない)

社会人としての基礎的な教育や研修は経験済み(コストが掛からない、戦力化が早い)

第二新卒は新卒でもなくベテラン社会人でもない区分。

企業によってはそこにメリットを見出さない可能性もありますが、それは第二新卒で転職する方には関係のない話です。なぜなら第二新卒にメリットを感じない企業はそもそも第二新卒の求人を出しませんから。

第二新卒の求人募集を展開している企業はそこを欲しがっている、つまりメリットを感じているということです。ただ、おそらくその企業は新卒採用も行っていると思いますし、場合によってはキャリア採用や経験者採用と言われる中途採用も同時に行っている可能があります。

そういう場合、第二新卒としての自分の良さやメリットを最大限打ち出す、つまり先程挙げたような第二新卒としての強みがあることを選考ではしっかり意識的にアピールしていく必要があります。

強み【その2】

第二新卒に期待されている事柄としてポテンシャルがあります。

言い換えれば大きな成長が期待できる人材、自社の環境で活躍できる可能性が高そうな人材ということです。ポテンシャルという観点が採用選考上強みになるのは、新卒採用と第二新卒しかありません。

通常のキャリア採用や経験者採用といわれる転職になるとポテンシャルつまり期待度や可能性ということが評価されるというよりこれまでの実績や経験がほぼ全てです。

経験者採用というくらいですからどのような経験があるのかが評価の指標です。

しかし、新卒や第二新卒では経験がない、または少ないことが前提の採用募集となっています。

新卒や第二新卒の選考で「どれほどの業務経験と実績がありますか」とい質問は成立しません。第二新卒では一部あるかもしれませんが、その回答が選考上の評価に大きく影響する可能性は低いです。ということは第二新卒の転職ではこのポテンシャルの部分をどれほどアピールすることが出来るかというのがかなり重要になってきます。

採用する企業は第二新卒にポテンシャルを期待していますから、その期待に沿うことが出来る人材であるということを上手に表現する必要があるのです。

逆にここを上手に表現することが出来ればそれすなわち強みになります。

企業人事が求めるポテンシャルとは

やる気がありそう

協調性がありそう

学ぶ姿勢がありそう

責任感がありそう

誠実に行動ができそう

筆者も企業人事として長年採用に携わっていますが、この中で企業人事が特にポテンシャルとして重要視したいと考えるのは「やる気」と「協調性」です。

第二新卒の方は別企業を早期退職している訳ですから、そこでやる気が失われていないか、新しい環境でやる気を持って頑張る強い意思はあるのかはぜひとも確認したい項目。

それに加えて協調性の部分もやはりぜひとも確認したい項目です。

なぜかというと退職の理由として最多くらいに多いのが人間関係なんですね。人間関係を理由とした退職も内容は様々ですが、新卒入社後に比較的早い段階で人間関係を理由として退職した場合、採用する側の企業人事としてはどうしても協調性に問題がある可能性があるのではないかということは懸念します。

この「やる気」と「協調性」は感覚的な部分ですから採用選考の場で具体的に企業側に伝えることが難しいものです。

でも、ここはどうしても言葉で表現するしかありません。

それこそ言葉で表現するという限られたチャンスの中で、やる気・積極性・活力・熱量があることを伝えるための努力とテクニックが重要で、採用面接を充分に経験している企業人事であればやる気の有無については面接中に発せられる言葉や態度から判断することが出来ますし、その限られた接点の中から判断をするしかないのです。

また、協調性についても同様で面接における様々な質問ややり取りの中で協調性の有無を感じることは出来ます。

非常に感覚的な部分ではありますが、採用選考という短い接点であってもどうも協調性がなさそうだなと相手に感じさせる方もいるのです。

採用選考中の丁寧な態度や言葉使いというのはそういう意味でも大切です。

やる気と協調性に繋がるようなエピソードがあれば、ぜひ面接の中で披露することをお薦めします。

聞かれてもいないのに協調性エピソードばかり話すとその時点で協調性なしの印象になるので注意ですが(笑)

早期退職による転職は難しい。だからこそ第二新卒の強みを活かす

第二新卒の場合、社会人経験が少ない立場ですから若さを活かして行動できること、若いがゆえに学びや吸収力を含めたポテンシャルがあるということが大きな強みです。

本稿で挙げた第二新卒の強みを意識したアピールをすることが第二新卒としての転職を成功させるための方法です。

新卒採用でも経験者採用でもない第二新卒としての転職は時期も重要です。第二新卒と言えるのは一般的に社会人経験3年未満程度まで。これを過ぎてくると第二新卒とも異なるし、経験者採用と呼べるほどの経験もないというどっちつかずになってしまいます。

第二新卒の時期を超えてしまい、かつ十分な経験もないという層の転職が一番難しいです。

ミスマッチな環境に居続けてしまい経験者採用としては勝負できない程度の実務経験で転職市場に出ることになると転職はなかなか厳しいという現実があります。

第二新卒であれば経験不問とまでは言いませんが、かなりそれに近いので転職をしやすい層です。第二新卒で転職をする、またはその可能性がある方は、ぜひ本稿をご参考にしていただき第二新卒としての転職を成功させていただきたいと思います。

最後に第二新卒としての転職をする際にぜひ注意していただきたいこともありますのでこちらの記事はぜひともご参考にされてください。

第二新卒として転職するときの要注意ポイント!

第二新卒として転職する方が注意すべきポイントについてです。第二新卒の採用募集を行っている企業には当然理由があります。なかには第二新卒を狙ってくるブラック企業も

続きを見る


マイナビジョブ20's

-第二新卒

© 2021 人事の夏沢