新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

第二新卒

第二新卒としての転職についての企業人事の本音

こんにちは人事の夏沢です!

企業人事が本音と現実を書くことを本旨としている当ブログですが、今回は第二新卒についてです。

筆者は企業人事として採用や人材育成、人事制度の構築など総合的に実務を行ってきた叩き上げの人事です。

僭越ですが人事の現場については詳しいですよ。

つい綺麗ごとや理想論が語られやすい人事界隈なのですが、実務からの叩き上げの現役人事管理職の視点で様々な本音と現実を書いております。

今回の記事は「第二新卒としての転職についての企業人事の本音」です。

第二新卒に該当する方、また現職があるけど早期退職を考えている新社会人の方(第二新卒予備軍の方)の役に立つ情報ですのでぜひご参考にして下さい。

第二新卒の転職は理想だけでは語れない

第二新卒を人事がどう見ているのか、第二新卒の転職はどのように進めると効果的なのか、第二新卒としてのアピールの仕方などを長い企業人事の経験に基づき書いていきます。

まず、ご理解いただきたいのは、第二新卒という区分の全てが武器になる訳ではないということです。

第二新卒は大いに弱みも持っています。こうして文章にすると当事者の第二新卒の方はいい気分ではないかもしれませんが、ここは一旦ぜひ読んでいただきのです。逃げずに越えていただきたい部分なのです。

応援します。結論、応援しますから、ぜひ第二新卒は理想だけでは語れないということ、現実的な部分も含めて第二新卒としての適切な戦い方するべきということを本稿でお伝えできればと思います。

第二新卒としての転職をどう進めるのがベターなのか

第二新卒には明確な定義がありませんが、本稿では次の項目に該当する方を第二新卒としたいと思います。

第二新卒とは

新卒で就職したが短期間で退職した方

短期間とは概ね社会人経験3年未満程度

もう少し広く社会人経験が薄い20代でもいいかも

留学等の理由で遅れて転職を始める方

※短期で退職しようか考えている方も第二新卒予備軍

本稿を読んでいただいている方で、すでに短期間で退職済みの方と今まさに退職を現実的に考えている方は、おそらく第二新卒としての転職をどのように進めるのがベターなのか解を探してこの記事にたどり着いたかもしれません。

解を提示しますのでぜひ読み進めて下さい。

第二新卒に対する企業人事の本音

まず、第二新卒の立場そのものを客観的に把握することが大切です。

まどろっこしいと思われるかもしれませんが、そこをきちんと把握することが第二新卒として転職するときの自己PRや志望動機を明確にします。

ある大手採用媒体(某マイ〇〇)では第二新卒についてこのように書いてあります。

某大手媒体による第二新卒説明

第二新卒の採用ニーズは増加傾向

どの企業でも第二新卒の採用意欲が高い

経験よりもその人のポテンシャルで採用する

キャリアのある転職希望者と比べて社会経験が少ない分柔軟性に優れる

若いがゆえに企業風土に慣れやすい

能力開発の余地も大きいととらえられている

新卒者に比べ社会人としての常識や一定のビジネススキルも備えている

新卒に比べミスマッチも少なくできると期待される

どうですか?

第二新卒の方、今まさに短期間で退職しようと悩んでいる方、これが本当ならバラ色ですね。良いことばかりです。引く手あまたです。

本当にそうですか? ご自身でもそう思いますか?

実は、むしろ不安の方が大きいのではないかと思います。

第二新卒として就職できるだろうか、新卒で入った会社よりも自分にあう会社に入社できるだろうか、再就職できなかったらどうしよう、第二新卒より通常の新卒の方が優先されるのでは、など不安を感じているのが通常なのではないかと思います。

先程挙げた項目は、大手採用媒体に書いてあるそのままですが、まさに美辞麗句。回りくどい言い方は止めてストレートに表現しますと、

あれはですね、ウソです。

企業人事が一般的に感じている第二新卒の本音と現実を挙げましょう。

第二新卒当事者の方はここで気分を害さない様にしてくださいませ。

冷静にまずは第二新卒を客観視しましょうという主旨ですよ。

その先には、第二新卒としての転職で成功するための解があります。

第二新卒に対する企業人事の本音

ほとんどの企業は第二新卒の採用よりも新卒採用を優先する

大手企業は特にそう

第二新卒選考よりも新卒選考の方が選考過程が完成されていて人選しやすい

人気企業は第二新卒市場に参入せずとも毎年優秀な学生から多数応募がある

経験よりもポテンシャルという理屈は第二新卒だけでなく新卒にも該当する。第二新卒から選ぶ必要性は薄い

企業風土に慣れやすい、能力開発の余地大きいという理屈でいえば新卒社員の方がさらに余地が大きい

ほとんどの企業の人事は、第二新卒採用に注力するのなら新卒採用に注力すべきと考えています。

第二新卒は新卒者に比べ社会人としての常識や一定のビジネススキルも備えているといいますが、新卒で採用し新卒研修で自社の理念や方針を丁寧に伝え、同期の仲間と学び合い、支え合い、組織の層を形成していく新卒採用の方が優先度が高いという事実だけは目を逸らしてはいけません。

それを理解した上で第二新卒としての武器は何か、第二新卒としての利点は何かを考え、採用選考で表現していかねばなりません。

美辞麗句に騙されていては第二新卒での転職は成功しません。第二新卒には第二新卒なりの戦い方があります。

第二新卒の転職の成功は警戒心の先にある

これは有名な数字ですが、大卒新卒者の約30%が3年以内に辞めると言われています。

都市伝説ではなく離職者統計に基づく数字です。

つまり企業側も一定数の新卒社員が退職して第二新卒となることを知っています。その第二新卒の中には優秀な方がいることも知っています。

しかし、ここでは一旦どういう企業が第二新卒採用に力を入れるのかを考えてみましょう。企業だって理由がないと第二新卒採用をしません。

企業が第二新卒を採用する理由

新卒採用で社員が充足していれば第二新卒はいらない

第二新卒で採用するということは企業側も新卒採用で充足していないなりの理由あり

新卒の離職率が高い、または慢性的な人手不足という環境の可能性あり

つまり、第二新卒として転職する方にも企業選びにおいては一定の警戒心は必要ということです。そして企業側も第二新卒者に一定の警戒心を持っています。どんな警戒心かというと

企業側が抱く第二新卒への警戒心

新卒で就活した結果ある企業に入社

短期間で退職

新卒採用の就活時に企業選びに失敗したということ

第二新卒で入社してきてもまたすぐに辞めてしまうのでは

このお互いの警戒心の先にこそ第二新卒での転職の成功があります。

警戒心を持つこと自体は悪いことではない訳で、慎重に進めましょうということなのです。

そのためにはいくつか第二新卒としての転職の準備が必要になります。そんなに面倒くさいことを書くつもりはありません。

せっかくですから準備を整えましょう。長い企業人事の経験から第二新卒の転職を成功させるための情報をお伝えします。

第二新卒の転職準備に続く↓

第二新卒としての転職準備と進め方

第二新卒には本音と建て前があります。この本音の部分を客観的に理解し、第二新卒としての転職の準備をしっかりした方こそが就活や転職を成功させることが

続きを見る


マイナビジョブ20's

-第二新卒

© 2021 人事の夏沢