新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

人事の本音

人事とテレワーク!人事はWebで社員を理解する時代

こんにちは人事の夏沢です!

企業人事の本音と現実をテーマにブログを書かせていただいております。

人事にまつわる様々なこと、例えば就活、転職、給与、労務などについて、とにかく現役の企業人事としての本音を中心に書いております!

筆者について企業での人事部門を10年以上経験しています。

採用、研修、評価、給与、社保など人事系の実務は網羅。

人事についての経験は僭越ながら豊富ですよ。

制度設計や企業合併の人事の実務も経験しています。

今でも毎日人にまつわるエトセトラに真正面から対応し、頭から泥を被りながら人事の業務を頑張っています!

ぼくはとにかく人事の現場重視型。人事では、様々な法規も関わりますので理屈や定義もとても大切ですが、日々の実務においては綺麗ごとを言っていられません。

そういう訳で企業人事の本音と現実の観点から、今回は人事とテレワークについて!

人事から見たテレワークの本音

ぼくはテレワーク大賛成派です。

会社で仕事するより生産性が上がるかは疑問ですが、単純に自宅や好きな場所で仕事が出来た方がいいと思っています。

何事も選択肢が多い方がいいと思うので。

ちなみにぼくの今の会社環境は、テレワークが可能になっていて諸業務は滞りなく在宅で行うことが出来ます(環境は整っていますが、ぼくは出社してます・・・)。

そんなテレワークについて人事という立場から考えてみると、やはりテレワークは望ましくはないのかなと感じたりする側面も実はあります。

もともとPCだけあれば業務が完結する職種であればいいと思うのですが、現業(現場業務)を抱える業種における人事の場合、やはり社員のみなさんを知る機会がテレワークだと不足する部分があると感じます。

会社生活の中で同僚のこんなことって感じたことありませんか。

あの人はとても人当たりがいい

いつも親切な行動をする

早く出社して自己研鑽に努めている

紳士的な対応をする人だ

いつも気持ちのいい挨拶をしてくれる

字がとても綺麗だ

服の着こなしが綺麗だ など

こういう部分って職務遂行とは関係ないかもしれませんが、やっぱり社員同士お互いに持っている印象により保たれている関係性ってあると思いませんか?

 

人事は一生懸命社員を知るべし!

大変アナログなことで、まだそんなこと言っているのかと思われるかもしれませんが、会社や組織って人で出来ています。

人を活かすとか、育てるとか、適材適所とか、これまで散々大切だと言われてきたことって社員の個性を知らないとどうしようもない部分です。

そんなアナログな部分が、テレワークだとやはり欠ける。

そんな部分が必要ない職種であれば問題ないですが、人事は社員を知るべきです。

テレワークだと社員を知ることが出来ないと言いたいのではなく、知っていた方が良いことを知ることが出来る機会が減るのは事実という意味であります。

 

研修はWebによる効果が高いことを理解

逆に人事的な側面でテレワークによる効果が高いと感じたのは研修です。Webによる研修が様々行われていますが、実技などを伴わない研修はテレワークでやっても支障がないと感じました。

研修に付き物のグループワークや討論については対面での集合型研修に比べやや劣る部分はあるかもしれませんが、Webによる研修でもグループワークが十分に出来ることも実際にやった上で確認しました。

ちなみにぼくが利用しているWeb会議システムはこちら。
Zoom
Microsoft teams

さて、なぜ研修はテレワークによる効果が高いと感じたかに戻りますが、主な理由は次のとおり。

ポイント

  • 他者との関わりより自身の成長が目的なので対面の必要性が薄い
  • 勤務地による制限がないというメリット(本社と遠方支店社員等の教育機会の差を減らせる)
  • 映っているので眠れない

社員はWebで自身を表現、人事はWebで社員を理解

特に知識を習得することを目的としている語学研修や資格取得にむけた研修はWeb研修がマッチしていると思います。

海外の講師や専門性を持つ講師による研修を場所の制約なく受けられるからです。

英語を学びたければネイティブの講師とWebで繋がる仕組みは今となってはいくらでもあります。

一方、対面かつ集合型の研修にもいいところはあります。人前でのプレゼンやディスカッションなどはやはり対面ならではの場馴れや表現のテクニックを学ぶ場としても機能していたはずです。

これからの研修は、まさにWebと対面の両立になると思いますが、アフターコロナでも研修については、ややWebがリードかなという気がしました。

さて、
人事とテレワークですが、今後も恒常的にテレワークで業務が行われるのであれば人事もそこに対応しなくてはなりません。

「人事評価をどうするのか」等よく挙げられる課題は一旦置いておき、今回は人事の立場から考えるテレワークについてということで、ぼくなりの結論を書きますと、結局コミュニケーションなのかなと思います。ただ、このコミュニケーションのやり方がこれまでと違う。会わない、集まらない、という環境下でのコミュニケーションです。そして今はそのコミュニケーションの仕組みがいくらでもある。

当たり前ですが、みなさんもTwitterやInstagram、LINEで見ず知らずの人の個性を感じたことはあるはずです。

つまり社員はWebを通じても個性を表現出来る、人事は社員の個性を把握することが出来るということになります。

しかし、非対面のコミュニケーションをしっかり成り立たせる、個性や人柄を伝える、なるべく誤解が生じないようにする、感情や感性を伝える、ということのためにはお互いの努力と歩み寄りとWebコミュニケーションのリテラシーが必要な気がします。

社員はWebで自身を表現するための努力と工夫を

人事はWebで社員を理解、把握するための努力と工夫を

ということです。

会えば一発で理解出来ることが遠回りになることもあるでしょう。

逆に対面では積極性が足りなかった社員がWebで本領発揮ということもあるでしょう。

要は時代の要請による会社と社員の新しい関係性、新しい働き方という訳です。

その鎹(かすがい)となるのは当然IT部門ではありますが、人事もそうであらねばならないと感じています。

最初は多少の違和感がありながらも、これが当たり前の時代になりそうだという感触はみなさんお持ちな訳で、ぼくはWebコミュニケーションによる人事部門のマネジメントをしっかり行いたいと強く思っている昨今であります。

そんな人事視点のテレワーク、転じてWebコミュニケーションについてのお話でした。


-人事の本音

© 2021 人事の夏沢