新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

人事の本音

社員が抱える人間関係上のストレスを人事が把握する方法

こんにちは人事の夏沢です!

人事にまつわる様々なことを書かせていただいておりまして、時に人事の本音、時に人事の舞台裏、時に給料や出世のポイントなどについて、企業人事ならではの視点でブログを書いております。

就活、転職、給与、労務などはそれぞれカテゴリーを設けておりますのでぜひご覧ください。

【筆者について】企業での人事部門を10年以上経験しています。

採用、研修、評価、給与、社保など人事系の実務は網羅。

人事についての経験は僭越ながら豊富でありますよ。

制度設計や企業合併の実務も経験しています。

さて、今回からは3回程度にわたって連続した記事で人間関係というものについて書いてみます。

人事は人に関する事柄が仕事です。

採用や人材育成や人事評価だけが仕事ではなく、むしろ社員とどの程度関わり合いを持つことが出来るのか、社員のことをどれだけ知っていて、どれだけ考えられるのか、こんなことが基本にして重要だったりします。

そういう訳で「社員が抱える人間関係上のストレスを人事が把握する方法」。これも企業人事のリアルです。

ぜひご参考にしてください。

人事が社員の人間関係に関わるストレスを把握する方法

会社員が会社生活で苦労し、ストレスを感じることは一杯あります。

例えば、仕事が難しい、仕事が自分に合わない、今の仕事内容に適正がない、残業が多い、休みが少ない、給料が少ないなど。

しかし、上にあえて挙げなかった会社員がストレスを感じる項目の一大勢力があります。

「人間関係」です。

組織の中で働く以上、避けて通れないのが人間関係による苦労や心労なのです。

会社は組織で出来ています。組織は人で出来ています。いわば会社は人の集合体。

そこに上下関係や部門やグループなど会社特有の要件も加わり人の関わりはより複雑なものになっていきます。

つまり、多様な自分が存在しており上司から見られている自分、部下を見ている自分、同期からみた自分などなかなか固定的な立場で画一的にキャラを確定しきれる人はあまりいないのです。

筆者は、人間関係から救ってくれるのもこれまた人であるというのがポイントだと考えています。

これまでとても沢山の人間関係に悩む社員に接してきました。大袈裟ではなく担務上、その様な悩みに向き合う必要性がある訳です。

この記事を読んでいただいている方は「別に人事になんて人間関係の悩みを相談しないけど」と感じた方がおられると思います。しかし、人事は社員の悩みを把握している。

どうしてか。

次のようなことを実施することで人事は社員のストレスや悩みを把握しています。

人事が社員の悩みを把握する手段

退職者に退職理由のアンケートをしている
自己申告制度や意見箱などの制度がある

社員が退職する際、様々な手続きがあります。

その一環として退職理由をヒアリングしたり、特定のアンケートを実施するケースがあり、筆者が勤める会社では実施しています。

理由は退職理由が改善出来る内容であれば改善していくことでさらなる退職者が出ることを減らすことが出来るからです。

また退職理由が特定の問題に起因するのであればその穴をふさぐ必要があるからです。そうしないと退職つまり人材流出が止まらないという大変な事態に陥ることになりかねません。

退職する人には最後に情報提供という形で協力を仰ぐことになりますが、そこは丁寧にお願いすることで多くの方は協力していただけます。

人事よ社員の心の声を聞け!

自己申告や意見箱、目安箱など様々な言い方がありますが、社員が会社に任意で意見や思いを伝えることが出来る仕組みを運用している会社は少なくないのではないでしょうか。

これらの情報の提出先は運用する制度の目的により異なりますが、だいたいは所属長または総務や人事なのではないかと思います。

提出先が所属長つまり上司である場合はわかりやすい問題として、上司が原因となっている問題が上がってこないということがあります。つまり上司のハラスメントに困っている、上司の指導に悩んでいる、上司との関係性に問題があるなど現実的に少なくない問題について提出先が当事者であれば上がってくるはずがありません。

そういう訳でこの手の制度を運用する際は、所属長を経由せず人事直通の運用にすることをお勧めします。

そして常套文句として「この申告や意見により不利益な取扱いはしない」ということを会社や人事は宣言する必要があります。勇気を持って思いを吐露する社員と人事は対等な立場でなければなりません。

これら退職時アンケートや自己申告により、社員がどのような問題にストレスを感じているかは人事は把握します。

個別のストレスや悩みも寄せられますが、大枠として社内のどこに問題が生じているのかは見えてきます。

当然、社員同士の人間関係模様も把握することが出来ます。

人事が介入して解決すべき内容であればただちに取り掛かる訳ですが、その際、筆者の場合は情報提供元に必ず事前に了解を得る様にしています。つまり人事が介入してよいかどうか、またどのような手順で解決に導くつもりなのかについて事前に説明した上で動くことにしています。

そうでないと場合によっては「余計なことをしてくれた」とか「勝手なことをしてくれた」ということになり、以後人事に有益な情報は集まらなくなります。

情報提供元には最大の感謝と細心の注意を払うべきであります。

そういう訳で人事には社員のストレスや様々な事情を把握出来る仕組みがありますし、なければ新たに作ることは人事の業務として何ら不自然なことではありません。

人間関係にストレスがあれば改善、緩和したいのです

そのようないくつかの方法により把握された社員が抱える人間関係問題。

人間関係に起因する問題は、社員の退職に直結するだけでなく、メンタルヘルス不調を増加させる要因にもなります。

人間関係上の問題を皆無にすることは難しいと思うのですが、改善するための工夫や努力は講じなくてはなりません。人間関係を理由としたストレスは当事者にとっては大変大きな問題となりますので、公私にわたり悪影響が出てしまう。それを解決するのは人事の直接的な仕事ではないかもしれませんが、改善、緩和するために全力で協力することは人事の業務です。

ここで留意すべきは、人事はあくまでも職務上社員の人間関係に起因する問題解決に取り組むのですが、個人的な感情移入や恣意的な対応をしてはいけないということです。

「ミイラ取りがミイラになる」って感じで、複雑な人間関係に深く巻き込まれると人事担当者そのものが凹んで帰ってこられなくなるケースがあります。

人間関係という問題の切り口は複雑だ

今回は人事が社員の人間関係を把握するやり方などに触れましたが、別記事の【人間関係はメンタルヘルスに直結。その対処法について】ではメンタルヘルス不調、そして【人間関係を武器にして出世する人の話。打ち鳴らせ!出世の太鼓】では、退職やメンタル不調とは真逆の人間関係による活躍と出世について書いていきますので人間関係という切り口の複雑さを少しでもお伝え出来ればと思います。

ご参考にされてください。




-人事の本音

© 2021 人事の夏沢