新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

人事の本音

人間関係を理由に退職を考えている方へ。まずは一旦深呼吸

こんにちは人事の夏沢です!

人事にまつわる様々なことを書かせていただいておりまして、時に人事の本音、時に人事の舞台裏、時に給料や出世のポイントなどについて、企業人事ならではの視点でブログを書いております。

就活、転職、給与、労務などはそれぞれカテゴリーを設けておりますのでぜひご覧ください。

【筆者について】企業での人事部門を10年以上経験しています。

採用、研修、評価、給与、社保など人事系の実務は網羅。

人事についての経験は僭越ながら豊富でありますよ。

制度設計や企業合併の実務も経験しています。

さて、人事の業務では採用を担当するだけでなく社員の退職にも関わります。

社員が退職する理由は様々ですし、ネットで調べればたくさんのアンケート結果や統計が出てくると思いますので退職理由のランキングとかには触れません。

今回は企業人事としての長い経験から社員の退職にまつわる本音や現実、特に「人間関係を理由とした退職」を書いていきたいと思います。

人間関係を理由として退職を考える心理

社員の退職にはそれぞれ理由があります。

待遇を改善したいという理由での退職であれば転職するにあたっては、より高い待遇を求めるための転職活動が必要になる訳ですがこれについては別の記事で書きたいと思います。

今回の記事で書くのは「人間関係」が理由となっている退職について。

退職理由としてよく挙がる代表的な理由のひとつです。

そもそも退職理由としての「人間関係」とは何のことでしょうか。

最もわかりやすい例を挙げてみます。

人間関係による退職理由とは

嫌な社員がいる

同僚との関係性がうまくいかない

上司が自分の性格と合わない

上司や先輩が厳しい

つまり上司、同僚、部下に関わらず、自分と性格上合わない人がいるということ。

そして、その人を避けようにも比較的近い位置にいたり、担当業務上関わらざるを得ない場合に我慢が出来ない状態になると次のような選択肢にいたります。

合わない人が身近にいる場合の選択肢

関係性の改善を試みる

異動希望を出して別の担当に変えてもらう

自分か相手が異動になるまで我慢する

改善の見込みが薄いので退職して別の環境を求める

すぐに改善出来なくても数ヵ月から一年以内くらいに異動が出来そうとか、他の人の力を借りて改善出来そうな見込みがあればなんとか今は耐えようかなという気持ちにもなりますが、それも望めず長期に渡り改善できる可能性が薄いと考えるのであれば退職しようという選択肢に行き着く可能性が出てくる訳です。

人間関係は、その問題を抱えていない人にとっては、「なにもその程度の理由で辞めなくてもいいのに」となりがちなのですが、当人にとっては日々悩まされてきた重要な問題です。

人間関係を理由に退職にいたる場合、当人は以下のような気持ちの整理になるケースが多い様です。

人間関係を理由とした退職者の気持ち

このまま人間関係を我慢し続けると自分が体調を崩してしまう

この会社になにがなんでもずっと居たいという訳でもない

転職するなら年齢的にも遅くなり過ぎない方がよいかな

昔に比べ転職するのは当たり前になっているからこれを機に辞めようかな

思いきって転職すれば今より良い環境に巡りあえるかも

つまり、人間関係のトラブルが当人を大いに悩ませ、最初は何とか改善を試みるものの改善にいたらない場合、自分がその環境から身を引くという選択肢が出て来て、それを考えているうちに前述の様にむしろ辞めた方がいいのではないかという心理が働くことで退職にいたります。

いきなりちょっと厳しい意見を書きますと転職先が気の合う人ばかりという可能性はほぼゼロです。

転職先には厳しい上司が一人もいないという可能性もかなり低いです。

冷静に考えれば誰でも分かるはずなんですが、やはり当人は「辞めたい」または「辞めた方がいい」と思っていますから、転職先は今より環境が改善するという大前提は崩れないんですね。

退職を慰留しない理由

さて、ここからが人事の本音と現実。

こういう理由で社員から退職意向が挙がった場合、まずは所属先は慰留することが多いです。その説得に応じればとりあえず退職しないことになりますが、このケースは結局近い将来同じ理由でまた退職の意向があがる場合が多いです。

所属先の慰留にも応じずそのまま退職意向が変わらない場合、正式に退職願などを会社に提出することとなり、人事に書類が回って来ます。

筆者も人事としてこれまでたくさんの退職願を受け取って来ました。

冷たい様ですが、筆者はあまり退職を慰留しません。

その理由は次のとおりです。

退職の慰留をしない理由

本人の意志を尊重すべきだから

本人にとって転職して吉になる可能性があるから

辞めたいと思っている人を無理に引き留めてもやる気が出る訳がないから

一度退職したいと意志を固めた社員の生産性が以前より高くなる可能性は低いから

そして、さらに本音を言うと退職する社員には大きく2つに区分されると思っています。

1つ目は、現在の環境は確かに当人に合っておらず、別の環境に活躍の場を求めた方が良い人物である場合。

2つ目は、現在の環境以上に良い環境や待遇を外に求めるのは高望みであり、隣の芝生が青く見えているだけである場合。

1つ目のパターンで本人の退職意向が固ければ、やはり後押しして応援してあげたいと思います。

2つ目のパターンでは、本人のためにも退職を止めてあげたい所ですが、まさか本人に
「君の実力で高望みはやめておいた方がいい」とか
「君ではいい環境に鞍替えは難しい」なんて言えません。
だって本人はそこには向けてやる気満々な訳ですから。

人間関係のトラブルはつらい。でも退職理由としてはデメリットもある

人間関係のトラブルによる辛さは理解しながらも、やはりこの人間関係という一事を理由に退職にまで至る社員は、将来的にも組織の中核や幹部になる可能性はかなり低いと思わざるを得ません。

誤解のない様に補足をさせてもらうと人間関係のトラブルを軽視しているのではありません。

誰にでも起こり得ますし、解決には苦労が伴います。

当然筆者にだって人間関係のトラブルは経験があります。

でも、それを理由にその会社を退職するということは、やはり当人にとっても将来にわたりその会社で活躍していきたいという思いや覚悟はそこまで固くなかったということになると思います。

人間関係のトラブルはつらいですが、もしその環境にある程度の納得性があり、将来にわたり働いていきたいと考えられる部分があるのであれば、人間関係という理由で辞めることのデメリットをよく考えてみる必要があります。

退職の判断は大いに悩んでから

退職するという行為は、実はかなり簡単です。

会社や人事は退職することを無理に阻止することは出来ません。

権利上は社員側に有利です。

退職については多いに悩んでいただきたいと思います。

結果的に辞めることを決意すれば、入社に比べて退社はすごく簡単なのですから。

人間関係がうまく行かないと憂鬱ですし、他の環境や選択肢を物色したくなることもあると思います。しかし、退職はあくまでも最後の選択肢。人間関係以外の部分は自分にとってどうなのか、例えば仕事の内容や社風、待遇や将来性といった部分は一定以上の納得性があるのか、このあたりを冷静に判断してからでも退職は遅くありません。

青空を見上げてみる

結論としては、

「人間関係」という理由だけで退職することはお勧めしないということです。転職する際も前職の退職理由で「人間関係が理由です」なんて答えづらいですし、ほとんどの場合前向きな評価は得られません。人が数人集まっただけでも性格が合う人と合わない人は必ずいます。だからといってずっと我慢して耐え続ける必要はありませんが、ご自身の選択肢として損のない様にぜひ短期的、感情的に考えず、中長期の目線で冷静な判断をして欲しいと思います。

まずは一息深呼吸を。

外が晴れていればたまにはゆっくり青空を見上げてみましょう。

-人事の本音

© 2021 人事の夏沢