新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

人事の本音

モンスター社員が現れた!戦う?逃げる?

こんにちは人事の夏沢です!

人事にまつわる様々なことを書かせていただいておりまして、時に人事の本音、時に人事の舞台裏、時に給料や出世のポイントなどについて、企業人事ならではの視点でブログを書いております。

就活、転職、給与、労務などはそれぞれカテゴリーを設けておりますのでぜひご覧ください。

【筆者について】企業での人事部門を10年以上経験しています。

採用、研修、評価、給与、社保など人事系の実務は網羅。

人事についての経験は僭越ながら豊富でありますよ。

制度設計や企業合併の実務も経験しています。

さて、今回は「モンスター社員について」つまり素行不良の問題社員についてです!

以前、別記事「あなたの身近にきっといる問題社員について」を書かせていただきました。

今回は、同じく問題のある社員についてではありますが、そのなかでも素行不良のモンスター社員について。素行が悪い社員ってみなさんの身近にも居ますか?

今はいなくてもどこかで見たことくらいはありますでしょうか。

今回はそんな問題社員、別名モンスター社員についての企業人事のリアル。

問題社員が周囲にいたり、問題社員に悩まされている方の役に立つ情報がきっとあると思います。

モンスター社員は有名人?悪目立ちしている社員っていますよね

どこの企業にも必ずいる訳ではありませんが素行不良、つまり平素の行いや態度が悪いモンスター社員がいる場合があると思います。

今回は、そんな素行不良のモンスター社員について人事の本音や現実を書いていきます。

みなさんも次のような社員に出会ったことはありませんか。

モンスター社員とは

誰に対しても態度が悪い社員

周囲が気にさわるような酷い言い方や表現をする

何に対しても文句ばかり言う

バレたら規則違反になるようなことをしている

全然指示に従わない

遅刻や早退が頻発している

事柄の大小はあれどもどこの企業にも必ず心当たりがある社員がいるのではないでしょうか。

これらの社員は、明確に規定違反とか懲戒対象とまではいかない程度のレベルで平素の行いや態度が悪く、常に周囲から煙たがられ、社内ではある意味有名人、悪目立ちしている人達です。別名モンスター社員。

こういう社員の噂は当然、人事にもやがて届きます。

一過性のものであれば気にしませんが、頻繁にまたは恒常的に特定の社員の勤務態度について問題提起され続けると、さすがに人事も事実であるかどうかの裏を取りに、つまり実態を調べに動くことになります。

注意して直るくらいなら苦労しない

人事担当が、社員の勤務態度の裏を取る場合、まずやることは次のような内容です。

モンスター社員への人事の初動

・勤怠実績を細かく見てみる(勤務状況に問題はないか)

・所属先責任者にヒアリングする

・人事評価結果を確認する

その結果、本当に社員の問題行動が認められた場合、注意をしたり、処分をしたりとなりますが、社員の懲戒処分に関する人事の本音や現実についての記事はすでに書いておりますのでそちらをご参考にしていただき、今回は、処分するレベルではないが改善してもらわないと周囲が困るというレベルのもの。実は、懲戒処分に該当するような問題を起こして実際に処分されるような社員よりも本稿のような社員が身近に居る方が現実的には困ったりするものです。

モンスター社員については、ほっておいても素行不良が直ることはありません。

素行不良社員への対応について社内で検討した場合、まず最初は「もう少し様子を見てよう」とかの無難かつ逃げ腰な意見が挙がりがちなのですが、様子を見ていて直るなら最初からそのような問題社員として顕在化していません。

このような社員の特徴はいくつか挙げられます。

モンスター社員の特徴

二面性が強い(上司にはいい顔、同僚や部下には態度悪い)

人に厳しく自分に甘い

自分の行動や発言を客観視出来ない

頭が悪いとは限らない(頭が良い社員でも問題社員はいる)

このような素行不良のモンスター社員への注意や是正対応は、まずは所属先の上司の仕事です。

しかし、上司の指導ですぐ直る程、現実は甘くないです。

素行不良のモンスター社員への対処法はコレだ!

世の中に様々な指導法についての本や研修があると思います。

筆者もそのいくつかは知っていますが、正直本に書かれているとおりに解決できるケースなんて少数派な気がします。

それよりも素行不良のモンスター社員への対応に関わる現実は、上司の指導でどうにもならない場合を含め次の様な選択肢で対応することになります。

モンスター社員へ対応する選択肢

正式に懲戒処分等を行う

組織で対応する

「正式に懲戒処分等を行う」とは、懲戒にいたらない訓告や戒告、厳重注意を含む、社内規程で定めている処分を行うという意味です。

これをやるにはその社員の素行が何に抵触し、どの程度の処分が適当かを客観的妥当性を持って決定していく必要があります。

しかし、前提として素行が悪いことは事実な訳ですから遠慮する必要はありません。ダメなものはダメと明確に伝える必要があります。

「組織で対応する」とは、こういう素行不良社員から逆恨みを受けない様にするためのテクニックで、これはかなり重要です。

特定の上司や先輩、人事担当が一方的に注意をしているような構図になると、こういう素行不良タイプのモンスター社員は自分の素行の悪さは棚に上げ注意してきた人を逆恨みする場合があります。

それを避けるため、「自分が個人的に問題視している訳ではなく、会社として組織として関係者みんなで協議した結果そうなったのだ」ということを伝える必要があります。

つまり、特定の個人の意見ではなく、会社の判断であるということを理解させるのが重要です。

これにより特定の個人への攻撃や逆ギレ、逆恨みを防ぎます。

素行不良のモンスター社員の勤務態度を改めるには、時間と労力と危険が伴います。

しかし、企業の人事担当はこれも業務の一つとして、規程、組織、顧問弁護士という企業人事であればこそ使える武器により毅然とした態度と対応で解決していく必要があります。

問題解決こそ組織で行うべき

企業人事の仕事は、会議室や机上だけでは済みません。人事の現場はかなり泥臭いことも多く、接する社員だってみんな良い人とは限りません。大げさに聞こえるかもしれませんが、時には危険も伴います(これは本当)。文字で「モンスター社員」と書けば大したことはありませんが、それに対峙する周囲の社員にとっては平穏な就業環境を壊す迷惑因子であり大変なストレス、場合によっては大変な恐怖であったりします。これに対応する手段として重要なのは組織としての判断と決定です。決して個人で決めたり動いたりせず、こういう問題だからこそ正当な検討と決定のプロセスを踏み、毅然とした対応を貫くことが素行不良社員にとっても効き目がありますし、社内からの信頼を得ることに繋がります。問題解決こそ組織で行うべきということです。

ご参考になれば嬉しいです。



-人事の本音

© 2021 人事の夏沢