新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

人事の本音

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

退職したいあなた

4月は入学や入社の時期で出会いの季節とも言われます。

でも、その出会いが誰にとっても良いものばかりではないという場合もあります。

筆者は企業人事を長年務めており、新卒採用もみています。

採用選考から内定出し、内定承諾を経て内定式、そして入社式へと学生が新社会人として入社するまでの過程では学生の本音を探り、人物を把握するように努めます。自社にマッチする学生に入社してもらいたいという思いはどこの企業人事でも持っています。つまり、入社するまでは学生も企業もお互いに「相思相愛だよね?合ってるよね?」ということを探りながら4月1日を迎えることになります。

綺麗ごとを言うならば夢や希望にあふれた新社会人には自社の環境で飛躍してもらいたいとか書きたいのですが、新社会人の立場で言えば、入社してみたらこんな感想だって全然出て来ます。

新入社員の入社後の本音

思っていた環境と違った

入社前のイメージと違った

入社してみたらやりたい仕事ではなかった

入社前はちやほやされていたけど入社したら手のひら返しで超厳しい

入社前に受けていた説明と異なる

先輩や上司と合いそうにない

同期や同僚と人間関係が構築できそうにない

同期のレベルが合わない(高い場合も低い場合もあり)

 

仕事を辞めたいと思う新卒は全然珍しくないからご安心を

桜の季節が誰にとっても華やかで良い季節とは限らないのですね。

新しい環境が合わない場合、様々な点で留意が必要です。

特に新社会人にとってはいっぺんに環境が変わった人も少なくないはずです。

新社会人の環境変化

住む場所が変わった

初めての一人暮らし

学生という立場から社会人へ

希望や期待に胸を膨らませて意気揚々と過ごすことが出来ている人がいる一方、何かのキッカケでバランスを崩しやすいシーズンでもあるのです。

もし、あなたが今まさに生活のバランスや心のバランスを崩しているとしてもまずは決して珍しいことではないということを認識してください。大丈夫。

あなたと同じように仕事を辞めたいと思っている新卒の方はたくさんいます。珍しいことではありません。悩みすぎたりしないようにしましょう。

もし、今まさにバランスを崩しそうだ(またはすでに崩している)としたらぜひ視点を変えてみましょう。

まずは、自分の正直な思いを冷静に考えて見ましょう。

自分に正直に考えて見る

現在の状況に耐えられそうか

我慢が目一杯になっていないか

改善できる見込みはあるか

あるとすればそこまで辿り着けそうか

があふれていないか

 

仕事を辞めるということ自体はすごく簡単

もし、あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

つまり、新しい環境は本当に自分には合わなかったんだと結論付ける、新しい環境に縛られることを辞めるという選択肢を具体的に想定してみるといいです。

辞めよう と決めてしまえば心の重りは軽くなるものです。

ただ、その辞めようを本当に今すぐにするのかについては考えて見ましょう。辞めようと決めてしまえば辞めること自体は実はすごく簡単です。

つまり、辞めようと密かに決意してしまえば実はすぐにでも、明日にでも辞めることは出来るのです。辞めることには躊躇があるかもしれませんが、もしあなたの胸が締め付けられるほどに苦しんでいる今があるとしたら、辞めるという選択肢を責める家族や仲間はいませんから大丈夫。

仕事を辞めたいという気持ちは、新卒の方でもベテラン会社員でも感じることはあります。新卒の方が、仕事を辞めたいと思ったときは理由について自分にだけは正直に考えることをお薦めします。仮に入社後1ケ月から3ケ月くらいの間で仕事を辞めたいと考えた場合、新しい環境や仕事そのものに不慣れであることが原因であればそれは他の環境に移っても同じ問題が生じてしまいます。

しかし、仕事を辞めたいと思う原因が、仕事の内容だったり、業界や企業そのものとのミスマッチだったり、ブラック企業体質だったりする場合、つまり長くその環境にいても改善が期待できないような場合、仮に入社1ケ月や3ケ月だとしても逆に早く辞めた方が吉というケースだって全然あり得ます。

退職代行という方法もある

辞めるという行為自体に大変さを感じている人には、現在は良い方法が整っています。

昔はこんな選択肢はありませんでしたが、退職代行というサービスが存在します。

辞めるのは簡単と書きはしましたが、現実的には勇気がいったり、タイミングが難しかったり、言い出しづらかったりとハードルがあるでしょう。

退職代行はそのような辛さを取り除くことができるだけでなく、迷ったり、タイミングを探ったりすることに要する時間を削減できるという強みもあります。現在の環境がブラック気味であればなおさら時間がもったいないかもしれません。

特に心身に異常をきたしているくらいに辛さを感じている方は、もはや専門の業者にお願いしてしまった方が解決が速いです。

人事のブログでこのようなことを書くのも適切ではないかもしれません。

社員の退職手続きも人事の大切な仕事ですから、本当は仕事を辞めたいという意向がある社員は人事に伝えて欲しい。特に新卒入社後1ケ月や3ケ月といった短期間で退職を決意した場合はなおさら。でも、人事に退職意向を伝えるということが実は社員を苦しめている場合があることを知っています。

上司や会社に仕事を辞めたいと言い出すことがハードルになっているから辞めるタイミングを逸してしまい、苦しんでしまうケースがあることを知っています。

仕事を辞めたいと決意したのに無為に在籍することはご自身にとっても会社にとっても良くない状態ですから、上司や人事に言い出しづらいということが退職を阻害する一因になっているとしたら、このようなサービスを使ってでも前に進んだ方がいいと思うのです。

退職代行サービス
退職代行サービスの本当の使い方

違法業者もある退職代行サービスは安心、安全に進めることができるサービスを選択する必要があります。退職代行は代理交渉であって正式に代行できるのは

続きを見る

仕事を辞めたいと考える本当の理由と向き合ってみる

4月は年度の節目で始まりの時期。

でも、環境が変わるタイミングが常に全ての人にとって良い変化とは限らないです。もしかすると新卒で入社した直後は、仕事を辞めたいという気持ちを持つこと自体を自ら否定したり、責めてしまう人もいるかもしれません。ところが、心身のバランスを崩すことは短期間でも起こり得ます。入社後1ケ月でも起こり得ます。本当に合わないということであれば長短は関係ないかもしれません。

仕事を辞めたいと考える本当の理由をしっているのはあなた自身です。その理由がわがままによるものなのか、自分にとっては耐えがたいものなのか、踏ん張ることが出来るのか、我慢の限界なのか、このあたりのさじ加減を判断できるのもやはりあなた自身です。

総合的に考えた結果、「やはり今の環境は違う」とか「あまりにも辛すぎる」ということであれば仕事を辞めるという選択が結果として吉となる場合は全然あります。それが新卒入社後、比較的短期間であったとしてもです。

本当に今の環境があなたにとって合っていないということであれば綺麗ごとは置いておいて、まずはご自身の身を案ずることを優先すべきです。もちろんご自身のわがまま等が原因の場合は早期退職をお薦めするものではありませんよ。

綺麗ごとの様に聞こえるかもしれませんが、社員の退職にも携わって来た企業人事の立場だからこそ本音で書いてみました。

肩肘張らずに本来の気持ちや感情に向き合ってみましょう。

第二新卒として転職を成功させるためのポイントを企業人事が書いてみる

第二新卒として転職を成功させるには第二新卒特有の強みを認識すべきです。第二新卒としての強みがあることを選考ではしっかり意識的にアピールしていく必要が

続きを見る

-人事の本音

© 2021 人事の夏沢