新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

人事の本音

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

新卒退職言いづらい

こんにちは人事の夏沢です!

企業人事が本音と現実を書くことを本旨としている当ブログ。

筆者は企業人事として採用や人材育成、人事制度の構築など総合的に実務に携わって来た人事部門マネジャーです。

綺麗ごとや理想論が語られやすい人事界隈なのですが、実務を理解している企業人事の管理職の視点で様々な本音と現実を書いております。

新卒で入社間もなく退職したいという気持ちになっているあなたへ

新卒で会社に入社し、入社間もなく退職したいと考えてるあなた。

いったん退職の事を考え始めるとおそらく今は自分の気持ちの中で常にせめぎ合いが生じているのではないでしょうか。

心の中のせめぎあい

今本当に辞めてしまっていいだろうか

もう少し在職した方がいいだろうか

スパッと辞めてしまった方が自分らしさを取り戻せるだろうか

迷うことが出来ていればまだそれだけ冷静という見方も出来ます。しかし、迷っているということは何か自分の中で心配に思う要因があるということ。

本稿では、そんな新卒で退職を迷われている方に向け、人事の筆者が本音を書く記事です。

新卒が入社間もなく退職したい気持ちになる理由とは

新卒で入社間もなく退職をしたい、今すぐにでも会社を辞めたいと考えている方は珍しくありません。

すぐにでも辞めたいけど言いづらい、そんな人も珍しくありません。

色々悩んで、へこんでこの記事をご覧になっている方がおられたらまずはご安心を。同じ気持ちの方は大勢います。そして本稿ではその適切な相談方法を示します。

新卒入社では毎年一定数必ず入社直後に退職したいと思う方がおられるのです。

なぜか。

それはやっぱり環境の変化。しかも自分史上過去最大の環境変化である場合が多いからです。

これまでも学校でクラス替えが合ったり、進学が合ったりと大きな環境変化は何度も経験してきているはずですが、学生が社会人になるというのは過去の経験に比べて単純に変化の幅が大きくなります。

上司や先輩は同じ会社であっても友達ではないし、親切とも限りません。仮にその逆であったとしても無視することも出来ません。

学生時代にはもしかすると相談の窓口があったかもしれません。それは相談のしやすい先生であったり、頼りがいのある学友であったり。会社でも相談の窓口はありますが、新卒の方はそれらをうまく活用しようにも適切な動き方を習ってもいないと思いますし、闘い方だってきっと最初はよくわからないはずです。

そんなこんなで疲弊してしまい、入った会社が自分に合っていないのではないか、もっと自分に合う仕事があるのではないかという思いが醸成され始めます。

新卒が退職を言いづらい場合に取るべき行動

新卒の方が、退職したいのに言い出しづらいということが一般的にはよく言われます。

それはそうですよね。だってまず社内で知り合いが少ないですし、前述のように相談の窓口だってどこにどのように相談するのが適切かもわからないと思いますし、入社したばかりで退職とかいうと誰かに怒られそうとか、ネチネチと慰留されそうとか想像してしまいますよね。

心配すればキリがないのですが、筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は「人事に相談」この一択です。

新卒で退職を考えている方、人事に相談しましょう。

人事は社員の事を考えています。綺麗ごとで言っているのではありません。

むしろ本ブログの他の記事をご覧いただくと分かると思いますが、企業人事の本音をベースとしているため本ブログ内では理想論や綺麗ごとばかり言うことを嫌っています。

さて、そんな人事はまず新卒の方が退職の相談に来た場合、どう感じるかを教えましょう。

退職の相談に行く新卒の方はおそらく「こんな短期間で退職の相談をするなんて悪いな」と思っているかもしれませんが、人事は「こんな短期間で退職したいと思わせてしまって悪いな」と思います。

人事はみなさんが学生の時に就活をした時からの付き合い。

就活の結果、他の会社ではなく当社を選んでもらったという気持ちを持っています。

新卒の方が思っている以上に人事の採用担当は新卒生の方を大切に思っていますよ。

そんな新卒から短期間で退職の相談が合ったら、とにかく話を聞いてみたいと思うのが人事の本音なのです。

新卒のあなたのことを人事は気にしている

新卒の方が短い期間での退職を言いづらいと感じる理由は、退職意向を伝えても慰留されたり、もう少し頑張れという形で結局辞めることが出来なかった場合に退職の意向だけは周囲にも伝わる形になり、周囲からはマイナスのイメージを持たれてしまうかもしれないといったことも原因の一つになっていると思います。

でも、人事なら大丈夫。「直属の上司や同僚には伝わらないようにしたい」といことをはっきり人事に言えば、余計な噂が立つようなことは決してしません。

社員からの相談事を社内に不用意にもらしてしまうような人はおそらく人事を担当できませんし、さすがに心得ているはずです。

退職に関わらず会社や仕事の相談先として人事はとにかく適切な窓口と思ってください。

特に新卒の方。まだ社内で知り合いが少なかったり、相談できる上司や先輩がいなくても、人事は学生の時からあなたを知っています。

リアルな話をするなら適性検査の結果などからあなたのパーソナリティをとても理解している可能性さえあります。

あなたがこの会社で困っていないか気にしています。

だから困っているあなたが人事に相談に来た時、人事はこう思うのです。

「我々が一生懸命採用した新卒のあなたが何か困っているのであればぜひ協力したい」と。そう、人事は新卒のあなたの困りごとを聞きたい。可能であれば一緒に問題を解決したい。だから、新卒で退職が言い出しづらい場合、とにかくまずは人事に相談してみるといいです。

人事に伝える内容は人によって異なります。

新卒入社後、比較的短期間で退職したい気持ちになった方でもいくつか分岐がありますのでそれぞれ補足してみます。

 退職するかどうかを迷っている

人事にぜひそのまま伝えてください。

つまり、「退職しようかどうかを迷っているがどうすべきか」ということを相談するのがいいです。

人事は多くの社員の退職に立ち会って来ました。一言に退職といっても良い退職もあれば悪い退職だってあります。

社員の採用と退職に最も詳しいのは人事です。そして早期退職についてのメリットやデメリットも詳しく知っています。

あなたにとって退職が良い選択になるかどうかアドバイスをもらうことができるはずです。

留意すべきポイントは、無為に退職を慰留してくるような人事担当だったり、通り一遍の社交辞令みたいなアドバイス程度しかしてくれなさそうな人事担当は避けましょう。

新卒で入社した際、この人なら私の話を聞いてくれそうだなと感じた人事はいませんか。その人事が退職を言い出しづらいと感じているあなたが相談すべき相手です。

退職することを決めている

退職すること自体は自分の中で確固たる結論として決めている。でも、上司や同僚に言いだしづらいという場合、やはりそれをそのまま人事に伝えましょう。

「退職することにしたのですが、言い出しづらいので人事にお伝えしました」ということです。人事がこのように伝えられると2つの感情が生じます。

1つ目:なぜ退職することにしたのかについてはぜひ聞いてみたい

2つ目:あなたが退職意向を言い出しづらいような環境で申し訳なかったという思い

退職することにした経緯はぜひ正直に人事に伝えましょう。

もしかすると解決策や改善策を提示されるかもしれません。

でも、あなたが退職を決意している場合はそれをはっきり伝えれば、適切な退職方法を教えてくれるはずです。

そして社内で言い出しづらかったからこそ人事に伝えたということも忘れずにきちんと伝えましょう。

そのような環境であることを人事は反省します。

また、新卒のあなたが早期退職を決意した経緯は、人事にとっては他人事ではなく最も知りたい情報のひとつ。可能な範囲で正直な思いを伝えてあげて下さい。

そもそも退職した方がいいかわからない

なんとなく退職したい気持ちはあるけどそれが自分にとってベターかどうかわからないという方もいると思います。

なんとなく違うなとか、なんとなく嫌だなというあやふやな気持ち。人の感情ですから正直ありますよね。そのような迷いの先に、なんとなく退職という選択肢が見えてきているという状態。

信頼できる上司や同僚がいればそんな状態であることを相談すればアドバイスが得られるかもしれませんが、新卒入社後まだ周囲に信頼できる上司や同僚もいないという場合は、ぜひ人事にそのまま相談に行ってください。

人事は思っている以上に新卒のあなたを大切に思っています。

だって、学生の頃、様々な企業の中から自社を選択してくれたあなたですから本当は自社の環境で成長してもらいたい。

そんなあなたに入社後迷いが生じているのであれば、人事は一緒に問題解決策を考えてくれるはずです。

そしてそれは人事の大切な業務のひとつ。

だから遠慮する必要は全くないですね。

なんなら退職意向が固まっていない段階で新卒が人事に相談に来てくれればむしろ人事は喜ぶくらいだと思いますよ。

新卒が退職を言いづらい場合はとにかく人事へ

人事は社員から退職意向を伝えられても驚きません。

それが新卒であってもです。入社間もなくであってもです。

なぜなら、社員にまつわる様々な出来事をこれまでに経験しているからです。

つまり、あなたにとっては新卒の早期退職なんて言い出しづらいと感じているかもしれませんが、人事にとっては充分起こり得る範囲内の出来事。多くの社員がいる環境では、早期退職よりももっと大変な出来事なんていくらでもあるのです。

そして何よりもあなたが思っている以上に人事は新卒社員を大切に思っています。

「いちいち社員一人一人のことなんて気にしてないのではないか」と思われるかもしれませんがそんなことはありません。

特に新卒についての人事の気持ちは「就活の結果、社会人のスタートの環境として自社を選んでもらった」と思っています。

その結果、早期退職したいということになったり、退職したいけど言い出しづらいという実態が判明したのであればむしろ人事が反省したい気持ちになるものです。

なんとなく退職=後ろめたいから言い出しづらいと思われるかもしれませんが、人事だってそのような環境であったことについて反省の気持ちが強いのです。

つまり新卒に退職という選択をさせてしまった当事者としてよく話を聞いてくれるはずです。

新卒で比較的早期に退職を決めた場合、言い出しづらいと感じることはあると思います。

また、退職を決意していなくても誰かに相談したいという方もいるはずです。最初の相談窓口はとにかく人事

言い出しづらいことがあれば人事に伝える。お待ちしています。

退職したいあなた
仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

続きを見る



-人事の本音

© 2021 人事の夏沢