新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

人事の本音

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

dx

こんにちは人事の夏沢です!

人事にまつわる様々なことを書かせていただいておりまして、人事の本音、人事の舞台裏、給料や出世のポイントなどについて長年にわたる企業人事の経験という観点でブログを書いております。

さて、今回は「人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)」という話題について。

分野を問わず重要事項となっているDX(デジタルトランスフォーメーション)ですが、人事の分野におけるDXについて企業人事の視点で書いてみたいと思います。

DXは最重要経営課題!?人事分野ではどうか

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、様々な分野で語られ始めています。

まずは、ごくごく簡単にDXとは何かということについて触れておきます。

経済産業省による定義を引用すると

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」

とのことです。

DXはデジタル化やIT化とは異なるということがよく言われます。

何が異なるのかについても簡潔に触れておきます。

デジタル化の目的

システム等を利用した業務やプロセスの効率化や精度の向上

DXの目的

ITやデジタル技術の活用により企業が新たな価値を生み出し成長すること

そしてDXを話題にするときセットで語られるのが2025年の壁です。

2025年の崖とは、経済産業省のDXレポートで指摘された経営革新の足かせとなっているとされる要因のことです。

2025年の壁

既存システムのブラックボックス化

既存システムの保守費用の高額化

市場の変化への対応難

レガシーシステム問題

これらのことがDXレポート内で指摘され注目されたのでした。

この問題を解決しない場合、日本全体の経済損失は2025年以降毎年12兆円にも上ると試算されました。

企業のDXを推進し、2025年の崖を越えないと経済的に非常にマズイよと、企業の最重要経営課題だよとなった訳です。

DXが他の概念と異なる部分

どこの企業でも当事者意識を持つべきDXですが、現実的には経営層を含め何をやったらDXなのかは不明確。

DXに関する商品やサービスを調べてもいわゆるシステム化との区別は付きづらい。

つまり重要だ重要だと言われながらも何が重要なのかがぽわんとしてしまい不明瞭な印象。

DXとは分野が異なりますが、やはり企業の取り組みとして重要な概念だと言われながらも具体的な取り組みや成果がぽわんとしてしまうことが他にもあります。

ダイバーシティ

インクルージョン

エンゲージメント

コンピテンシー

Well Being

などがそうですね。

どれも大切な概念だとは思いますが、DXについては新たな価値の創出や収益向上を目的としていることがポイントなのかなと感じます。

つまり、DXは人事界隈でよく語られる他の概念と異なる部分があると思うのです。

人事界隈でよく使われる概念は内容がかなり定性的で社員の気持ちや幸福とかに言及するものが多いので取り組みの仕方や評価の仕方がかなり難しいです。

一方、DXは業務を変革し、競争力を高め、収益を上げるという本来の企業活動の目的に直結する考え方と言えます。人事は管理部門、間接部門とされていますので収益という観点は直結しないと思われがちですが、人事のDXを考える限り、人事による価値創出や収益向上とは何かということを考える必要が出て来ます。

人事分野で利用しているシステムの本音

DXは、これをやったからDX化オッケイということではないのですが人事分野でのDXとしてよく挙げられるのは次の様な項目。

人事分野のDXの代表例

給与、労務、人事管理のシステム統合

諸手続きや申請のペーパーレス化

オペレーションの自動化(RPA等)

電子サイン化

クラウドシフト

人事の業務ではシステム利用は必須です。

おそらくほとんどの企業人事が何らかの人事システムを利用していると思います。そしてそのシステムを利用した業務について、ほとんどの担当者がある程度の非効率さや使いづらさや重複した作業などを抱えていると思います。

つまり、人事システムを利用しているからといって理想的な効率は得られていない場合が多いのです。多分人事担当者の方は同感なのではないかなと思いますし、他の分野のシステムも結局非効率な運用や管理があるのではないかと思います。

人事の分野で言えばとにかく本丸は給与、労務管理、人事管理です。そしてほとんどの場合これらのシステムは別物です。別物といってもシステムがまるっきり別のベンダーという意味ではなく、A社の給与システム、A社の労務管理システム、A社の人事管理システムといった具合に同じベンダーのシステムなのだけどそれぞれ管理する内容や項目が違い過ぎて別システムみたいに動いていますよと。ただ、基本情報は連携、連動しますよという形。これって日常的に使っていると不便だったり、まどろっこしかったりがあるのです。

また、様々な申請や申告が多いのも人事の特徴。ごく最近になってハンコレスやWeb化が進み始まましたが、いやぁ~まだまだ紙が多いですよ。

そう考えるとシステムが統合されたり、ペーパーレス化、自動化が進めば人事の業務はとてもやりやすくなります。

人事分野のDXの本質

手間が掛かっていた人事の業務をITやデジタル技術の活用によりスマートに出来れば理想的には次のような効果が期待できると思います。

人事の効率化で期待できる点

良い人材を確保することに注力

社員のモチベーション向上に注力

人材育成に注力

人事制度の最適化に注力

組織作りに注力

つまり、社員の働き方ややる気に直結する分野に注力することで生産性を向上させるということです。

生産性が向上するということは収益と競争力が向上するということです。つまり、DXといっていい訳です。

人事とDXってちょっと遠い感じがするのですが、企業人事の現場の感触からするとかなりDXの効果ってあるのではないかなと感じているんですよね。大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないとも思っています。

逆にいうと今現在の人事の現場はシステム化は進んでいるけど業務効率は悪い。

役所だったり、年金機構だったり、労基署だったり、健保組合だったり、ハロワ等も同じ速度で真剣にDXに取り組むことができればとても効果的。

逆にいうとこのままだと世間のDXから取り残される分野。マイナンバーとかも結局イマイチ。

だから人事のDXに期待する、と言いたい所なのですが本音をいうと期待できません。

だって、役所や年金機構や労基署がDXを超高速で進める訳がないし、「社会保険の手続きはスマホアプリで一発です!」とかなる訳ない。残念!

という訳で企業人事の観点でDXを考えると、あれもこれも出来るじゃないと思うのですが、自社でDXを進めても元締めの公的機関なども巻き込んでDXが進まないと抜本的には変わらない。

それでも自社の環境でやれることはやるというのが重要だと思いますので、願わくば各企業の人事がDXを進め、自社の生産性や収益を人事の立場から向上させると共に、時代の要請により年金機構や労基署や健保組合も積極的に人事分野のDXを進めて欲しい!と思っているところです。

人事分野のDXは企業の生産性も上げますし、会社員の無駄な事務手続きの省力化という意味でもかなり効果あると思いますよ。




-人事の本音

© 2021 人事の夏沢