新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

人事制度

正社員登用とは?正社員になりたい方に読んでもらいたい記事

こんにちは人事の夏沢です!

企業人事の本音と現実をテーマとしたブログを書かせていただいております。

企業での人事部門を10年以上経験しておりますので人事系の実務は網羅しておりまして、僭越ながら人事についての経験は豊富であります!【筆者について】

さてさて、今回は人事界隈でも昔からよく話題となる事柄。

有期契約や非正規雇用と表現される雇用区分について触れてみたいと思います。

有期契約(非正規雇用)で働いてるけど不安。

正規雇用=正社員になるにはどうすればいい?

正社員への登用ってどうやって決まるの?

ずっと有期契約(非正規雇用)で働こうとは考えていないけどどうしたらいい?

この記事を読むと「社員登用制度(つまり正社員化)についての本音」が分かると思います。

企業の人事が考える正社員登用制度の本音が分かると有期契約(非正規雇用)としての今後の働き方を考えるきっかけになると思いますよ。

正社員に登用されるメリット

登用といっても企業によりいくつか種類があります。一般的にはパートや契約社員といった非正規雇用の方を正社員という正規雇用にすることです。一言でいうと正社員化ですね。

正社員登用制度は全ての企業にある訳ではありません。社員のうち非正規雇用の社員が比較的多い企業では、この正社員登用制度が色々な側面で活用されています。正社員登用制度は登用される社員にとって以下のようなメリットがあります。

メリット

・目標を明確にしてモチベーションを維持する

・給与が上がるキッカケになる

・安定した立場になる

 

会社は正社員化したい人物とは

一方、ここからは企業の人事担当の本音。企業の人事は正社員登用制度の運用では次のようなことを考えています。

人事の本音

・正社員比率はなるべく抑えたい

・いい人の中から本当に優秀な人だけ最小限の人数を登用したい

・適任者がいなければ登用結果が合格者0という年度があってもいい

・非正規の期間は試用期間として人物を見定めることができる

人事としては、感情的に可哀想だから正社員に登用するとか、感じがいい人だから正社員に登用するといった考えはなく、定着して欲しい人、辞められちゃうと困る人を正社員化したいんですね。

では、今またはこれから非正規雇用から正社員を目指す人は何をすればいいか。最初にやるのは試験対策ではなく、次のことを確認することです。

ポイント

社内の正社員登用が制度化されているか

過去の正社員登用実績はどの程度か

自分が合格できる範囲内の倍率か

確認した結果、正社員登用が制度化されておらず感覚的に行われている場合は登用は実質期待出来ません。

また、過去の正社員登用実積が年によりマチマチだったりする場合も今後の正社員登用は不確定と考えた方がいいでしょう。

そして正社員登用が制度化されていて、過去の実積がわかった場合、その登用率つまり正社員登用試験の合格率が現実的に自分が目指せる範囲内か判断する必要があります。企業によっては非常に狭き門になっているケースがあります。

これらの条件に合致しない場合で正規雇用つまり正社員という立場にこだわる場合、他の会社への転職を視野に入れるべきです。

この判断をせずに非正規として、契約社員やパート社員、派遣社員としてダラダラ働き続けることは、実は企業にとってはありがたい状態、つまり人件費を抑えつつ、正社員化はせずにベテラン社員を使用できる状態である訳です。

一方、働く側にとっては年齢を重ねてしまいますし、転職の機会を逸することにもつながるのでいいことはありません。

ダラダラ続けて非正規のまま10年経って、結果正社員化されずに退職なんていうパターンになったらなかなか厳しいことになります。

ちなみに非正規雇用で5年を超えると雇用期間が無期化される権利(無期転換申込み権)が生じますが、これは正社員化とは異なります。

このあたりの労働契約法の解説は厚労省サイト等をご参照下さい。本ブログでは企業人事の視点からの本音を本旨とします。

正社員登用されるのに時間が掛かるとどんなデメリットがあるかというと

デメリット

・昇格昇進の時期を逸する(待遇が低いまま)

・退職金の算定期間が短くなる

・転職の機会を逸する可能性

・異業種や異職種への転職機会もどんどん遠ざかる


このあたりが最も影響があるかなと思います。

つまり生涯賃金に大きな差が生じます。一見正社員と契約社員の月給に大きな差がないように見えても賞与や退職金の算定期間で差が生じている場合も多いです。

社会的信用うんぬん等もありますが、それは個人により考え方が異なると思います。

企業の人事は、非正規雇用の方を一定数抱えながらうまく使用したいと考えています。

人件費の観点、いざというときの人員調整の観点(解雇の意ではなく、期間満了による人員数調整等)などなかなか表立って説明がなされない部分ですがそれが本音です。

時すでに遅し!とならないための選択を

非正規としての一定期間がどうしても必要なステップであるなら別ですが、現実的な正社員登用制度がしっかりと運用されていない企業で非正規で働くのは、ぼくはお勧めできません。

心配を煽るような印象を与えてしまったら恐縮ですが、転職機会を逸したり、異業種や異職種にチャレンジしたいと思っても時すでに遅しなんていう事態にもなりかねません。

特定の会社で正社員として働きたいと考えた場合、とにかく必要なのは正社員として働くための門戸がしっかり開いているのか、その扉を現実的にくぐることが出来るのか、いつまでに出来そうか、仮に正社員化までたどり着けなかった場合の方向転換は可能か、などをポイントにご自身でも年限を決めて正社員登用制度を利用するのが望ましいです。

非正規雇用という働き方そのものがダメとは全然思わないのですが、本稿をご覧いただいたみなさまが結果的に損をしてしまったり、後になって後悔するような働き方の選択をしないことを願います。

そのためのご参考になれば嬉しいです。





-人事制度

© 2021 人事の夏沢