新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

人事異動・人材配置

人間関係を武器にして出世する人の話。打ち鳴らせ!出世の太鼓

こんにちは人事の夏沢です!

人事にまつわる様々なことを書かせていただいておりまして、時に人事の本音、時に人事の舞台裏、時に給料や出世のポイントなどについて、企業人事ならではの視点でブログを書いております。

就活、転職、給与、労務などはそれぞれカテゴリーを設けておりますのでぜひご覧ください。

【筆者について】企業での人事部門を10年以上経験しています。

採用、研修、評価、給与、社保など人事系の実務は網羅。

人事についての経験は僭越ながら豊富でありますよ。

制度設計や企業合併の実務も経験しています。

さて、前回に続き会社員であれば避けて通ることができない人間関係というものについて書いてみます。ちなみに本稿はその第三部です。

社員が抱える人間関係上のストレスを人事が把握する方法

人間関係上の問題を皆無にすることは難しいと思うのですが、改善するための工夫や努力は講じなくてはなりません。

続きを見る

人間関係はメンタルヘルスに直結。その対処法について

きっと気持ちが弱ってしまっていたり、メンタル面が不調な人は今の仕事や会社の環境について色々思いを

続きを見る

人事は人に関する事柄が仕事です。

採用や人材育成や人事評価だけが仕事ではなく、むしろ社員とどの程度関わり合いを持つことが出来るのか、社員のことをどれだけ知っていて、どれだけ考えられるのか、こんなことが基本にして重要だったりします。

そういう訳で「人間関係を武器にして出世する人の話。打ち鳴らせ!出世の太鼓」。

これも企業人事のリアルです。

ご参考になれば嬉しいです。

人間関係の強みについて考えてみる

会社員が組織で働くことで生じる問題のうち必ず挙がる人間関係。

その内容は様々で、「上司と合わない」や「先輩や同僚との軋轢」などのわかりやすいものから、個別事情によるものや複雑化したものまで一様ではありません。

しかし、人が集まって業務を行う限り、みんなが常に自分と同じ方針、考え方、やり方である訳はなく、必ず反対、対立、再考(場合によっては妥協)などの過程が生じ、その先に協調、協力、協業がある訳です。

さて、そんな人間関係は、退職理由の上位に挙げられたり、高ストレスの原因とされたり、メンタルヘルス不調のきっかけとしてよく語られます。

それは事実としてありまして、別記事でも触れています。

しかし、今回は逆の角度からこの人間関係について企業人事の視点で書いてみたいと思います。

人間関係を自身の武器として出世までしちゃう人

会社で業務を遂行するとき多くの場合一人では出来ません。

だから組織化されている訳なのですが、他社員と協力するやり方や必要性も様々です。

大枠で協力が必要になる理由は2種類だと思います。

他の社員との協力が必要な理由

自分の業務を遂行するために他者に協力してもらう

他者の業務を遂行するために自分が協力する

この2種類、実はどちらのパターンであっても業務を遂行するためにどちらかが協力するということですので、どっちみち目的は業務遂行なんですね。

つまり会社にとってはどっちからどっちの方向の協力体制であっても業務遂行に繋がるのであれば歓迎すべきもの。

社内のコミュニケーションを活発にしたり、協力体制を構築したりすることは社員の個人同士の関係性を良好にすることだけでなく、事業の成長に繋がるものと考えることができます。

人間関係はうまく構築できなかったりバランスが崩れたりするとそれが原因となってメンタルヘルス不調になったり、業務上の協力体制を維持できなくなったりしてマイナス影響を及ぼすことになるのですが、逆に人間関係を最大限活用して自身の武器としたり、昇格や出世に役立てたりとプラス要素として大いに利用している人もいるのです。

人間関係重視型社員の二系統

会社では職務遂行能力により評価がされることが多いですし、その能力によって処遇され、上位の役職に取り立てられというケースが通常でした。

現在では、このあたりにもやや変化が生じていて、ジョブ型の採用や様々な業務のスペシャリスト化も進んでいますので職務遂行能力という概念そのものが以前のものとは多少ずれてきている気はします。(※一応参考に職務遂行能力とは何かを書いておきますと「仕事を行うために必要とされる能力のこと。担当職務で用いる知識や技能に加え、それらの発揮の仕方に関連するとされる態度的な能力、経験とともに習熟するとされる企画力や判断力も含まれる。」)

従来の職務遂行能力だとしても、ジョブ型に求められるジョブディスクリプション(職務記述書)に定義される能力だとしても、実は人が仕事をする限り絶対に排除できないのが人間関係という要素です。

昔も今もこれからも人間関係が良好である社員と人間関係が険悪な社員を比べれば、それは絶対に良好な社員が優遇されるのは間違いないと言っていいでしょう。

これはヒイキでもなんでもなく、前述の通り人間関係の良好さは、そのまま社員間の協調、協力体制に繋がり、それにより職務遂行が推進され、事業が成長するという流れに繋がることから会社だって人間関係を良好に保つことができる人を重用した方が得な訳です。

そしてそんなポイントを知ってか知らずか、それとも最大限意識してのことかはわかりませんが、どこの会社にも人間関係こそ我が仕事といわんばかりの社員がおります。

この社員はとにかく社内での人間関係構築が得意。そんな社員の特徴をいくつか挙げてみます。

会社での人間関係構築を得意とする人の特徴

話題が豊富

情報通

話し上手で聞き上手

ノリがいい

付き合いがいい

盛り上げ役

まめ

感じがいい(態度や表情)

空気を読む

面倒なことを言わないやらない

要領がいい

相談しやすい

後輩の面倒見がいい

年上に好かれる

みなさんの周りにもこれらの特徴で顔が思い浮かぶ方がいらっしゃるでしょうか。

それらの特徴を自分の最大の武器とし、社内の人間関係により仕事をしているという人をこのように文字で表現するとつい冷ややかに見てしまう人が多いのではないでしょうか。

ところがこれらの特徴を有する人に限って社内では結構いいポジションにいたり、ある程度順調に昇格していたりしませんか。

少なくとも社内で窓際に追いやられたり、不遇な扱いになっているというイメージはないのではないでしょうか。

このような人間関係重視な人も大きく分けると2系統あると思います。

人間関係重視社員の二系統

仕事が出来る。その延長として人間関係構築もうまい

仕事はあまり出来ない。でも人間関係構築はうまい

ひとつめに挙げた「仕事ができて、かつ人間関係構築もうまい」。この手の人は特に説明はなく、単純にすごい人ですね。社内で活躍し、重用されきっと偉くなっていく人です。ですのでこの稿の記事としてはほっておきます。

ふたつめに挙げた「仕事はあまり出来ない。でも人間関係構築はうまい」。この手の人が今回の記事の主旨である人間関係が会社員にとってどのような意義や機能があるのかを考えるにあたり考察の対象とすべき人です。

太鼓を叩きまくって出世する人もいる。それが太鼓持ちだ!

さて、ここからはこの「仕事はあまり出来ない。でも人間関係構築はうまい」この手のタイプの人を便宜上「人間関係重視型社員」と表現いたします。

昔からこの人間関係重視型社員はどこの会社にも存在し、太鼓持ち、ごますりなどと表現されてきました。

この太鼓の叩き方やごまのすり方があまりにも露骨であると周囲の社員からは「そこまでやるか」といった感じであまりいい印象を持たれていないケースも少なくありません。

しかし、太鼓を上手に叩き、ごまを上手にすり続けることが出来ればその対象である上司は実は嫌な感情を抱いていない、むしろ上司からは「あいつはいいやつ」という印象を持たれている可能性は低くはありません。

上司をやみくもに褒めるだけでなく、相談したり、頼ったりすることで「あいつはしっかりオレに相談をしてきて偉い」という感情が醸成されることは往々にして起こり得ます。

そしてそれ自体は決してわるいことではない訳ですね。

ただ、この度が過ぎたり、バランスが崩れるとよくないのです。

バランスというのは本来業務と太鼓を叩くバランスです。本来業務そっちのけでいつも太鼓を叩きまくる、そのかわり太鼓の叩き方や音色はバツグンとなってくるとその音色を届けたい対象である上司には耳障りがいいかもしれませんが、同僚や部下にとっては雑音に近いんですね。

つまり同僚や部下からすれば「あいつは本来業務そっちのけで、さらに雑音を発しまくり」となってしまえば周囲からの評価や評判は下がります。

本来業務と太鼓持ちのバランスはとても難しいことですが、太鼓の音色で自分のポジションを形成してきた人も実際に身近にいると思いますし、組織が人で出来ている限りは現実的に全然珍しいことではない訳です。

人間関係重視型社員はこのように文で表現したり、社内の立ち話で話題にするとつい否定的に言われることが多いです。

しかし、一方でこの人間関係重視型社員に共通する良い特徴を端的に挙げると、

人間関係重視社員の良い特徴

ほめ上手

相談にのる、相談する

約束を守る

人の悪口を言わない

このような特徴を持っている場合は少なくありません。これってどうでしょう。

冷静に見れば単純に大事なことではないでしょうか。

つまり人間関係重視型社員も誰もがマネできる訳ではないんですね。

太鼓持ちの太鼓が良い音色を奏でるとき人間関係は武器になる

本当にうまい太鼓持ちはその人の強みともいえるパーソナリティとも取れます。

それそのものが業務上の成長や生産性の拡大に直結していないという弱みはありますが、会社の仕事は個人ではなく組織で行われますし、組織は人で形成されていますから人との繋がりや関係性を抜きには仕事を語ることができないとも言えます。

人間関係を良好に保つことはなかなか難しいもので、別記事で書かせていただいたとおり人間関係の悪化は退職理由になったり、メンタルへする不調の理由になったりします。

しかし、今回書いたように人間関係は自分の武器にもなり得ます。

周囲を巻き込みながら人間関係を良好に保つことができる人は実は貴重な存在ともいえます。

太鼓を叩きまくってむしろそれしかしないというのはダメですが、本来業務に注力している方も必要なタイミングで1発、2発叩いてみると思いのほか人間関係がさらにいいものになり、自分の業務が回りやすくなったりするかもしれません。

太鼓持ちというと悪い印象ですが、叩いた太鼓の音色が極めて綺麗、またはその音色が社員を鼓舞したりできる機能があるのであれば、その太鼓もちはもはや良い演奏者となります。

人間関係は険悪よりも良好な方がいいというのは確実だと思います。

企業人事としては人間関係重視型社員の配置の仕方や活かし方が社内環境の改善や生産性向上にも資する可能性があるということを多少なりとも意識しておく必要があると思います。

人間関係は毒にも薬にもなる

さて、記事を3回に分けて書いて参りました「人間関係」ですが、結論としましては会社員である限りは絶対に排除することができないものであり、時にこの人間関係に悩まされ、時に励まされ、時にこれが武器となって自分を押し上げてくれることもあるということです。

自然に構築される人間関係もあれば、意識的に構築した人間関係もあるでしょう。

必要がなくなり自然に消滅した人間関係もあれば、長きにわたり維持されているものもあるでしょう。

組織のなかでの人間関係は複雑です。しかし、そのような人と人との繋がりがあってこそ組織が活性化しますし、生産性を向上させていくことができるとも言えます。

人間関係は毒にも薬にもなり、会社員にとってはこれが退職理由になることも珍しくありませんし、逆に人間関係が薬となって救われるということもあります。

人間関係で退職する人がいたかと思うと人間関係で偉くなったという人もいる訳ですが、どうせなら人間関係を前向きに活かすことが出来る方向がいいのではないかなと考えております。

人間関係三部作では、第二部で人事への相談やその先の専門家への相談等についても触れておりますので、もし人間関係にお悩みの人であればご参考にされてください。

人間関係を切り口にした企業人事としての話題はたくさんあるため、また別記事でも書かせていただき企業人事の業務としても避けて通ることができない「人間関係」というものについて触れていきたいと思います。

人間関係は毒にも薬にもなる、人間関係は敵にも味方にもなる。

そんな複雑さがありますが、本ブログの更新を通じてその複雑さを紐解いていければと思います。今回はここまで。

-人事異動・人材配置

© 2021 人事の夏沢