新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

社員研修

社員研修は会社の自己満足なのです

こんにちは人事の夏沢です。
企業人事の本音と現実をテーマとしています。

筆者について
企業での人事部門を10年以上経験しています。

採用、研修、評価、給与、社保など人事系の実務は網羅しています。
人事についての経験は豊富です。

制度設計や企業合併に係る人事の実務も経験しています。
今回は、実務を通じた経験談から階層別研修の本音についてを書いてみます。

多くの企業では社員向けの研修カリキュラムがあり、みなさんも何らかの社員研修を受講したことがあるのではないでしょうか。

そんな社員研修について、この記事を読むと「階層別研修の実態」が分かると思います。

会社が研修に期待することとは

社員研修はだいたいどこの企業にもあると思います。
色々な種類ややり方がありますが、今回はその社員研修の中で階層別研修について人事として研修計画や実施も長年担当してきた筆者の観点で本音や現実を書いていきます。

階層別研修そのものの詳細の説明は、研修会社さんのサイトなどをご参照いただいた方がよいと思いますので省略し、本記事では、会社が計画、実施する社員研修の実態を企業人事が本音で書いていきます。

まず、会社が階層別研修に期待するのは、概ね以下の2点です。

会社が階層別研修に期待するポイント

その階層に相応しい知識を身に付けて欲しい

その階層に相応しい能力を開発したい

このような目的や効果を期待されておこなわれる階層別研修の実態はどういうものでしょうか。
専門の外部講師に研修を依頼するケースがほとんどだと思いますが、その研修の内容は、だいたいがグループワークで構成されます。

つまり、課題や話題を与えてあとは研修受講者が与えられた課題について考えたりまとめたり発表したりする形式です。1日研修をやったとするとグループワークが占める時間がかなり多いはずです。
なぜか。

階層別研修の実態とは

それは、社外講師が常に研修受講者の知識や経験を上回っている訳でもなければ専門性を有する訳でもないからです。

正直、研修会社と契約している講師よりも特定分野の知識がある方はたくさんいると思いますし、マネジメント研修をやっている講師よりマネジメント能力が高い方もたくさんいると思います。

では、なぜ研修が成り立つのか。

それは、研修の講師はただのファシリテーターに過ぎないからです。いわゆる研修の進行と意見の集約、まとめ係ですね。

あとはほとんど研修受講者側に委ねられています。ですので研修では、自分の考えや意見をあらためて整理したり、図示したり、説明したりする機会、つまり自分の意見や考えの棚卸をする良い機会にはなる可能性はあるのですが、講師に教わるという部分は実は少ないので、結果的にすごい学びがあったとか、能力面が強化されたとかの効果は薄く、「そう言われればそうか」とか「そういう考え方もできるか」程度の共感や気付きがあり、それにより「まぁ研修を受けないよりは受けて良かったかな」くらいの感想にまとまることになります。

階層別研修の実態はそのようなところで、たまにしかない研修の機会をやりきった満足感が一時的に「研修良かったな」という気持ちにさせる。後々にまで「あの研修がキッカケで自分は断然パワーアップしたな」と思える研修は稀なのです。

階層別研修は会社の自己満足に過ぎない

では、なぜそんな階層別研修を実施するのか。

一つ目の理由は、前述のとおり「受けないよりは受けて良かったかな」という感想を持ちやすいこと。これにより研修の事後アンケートなどをすると研修そのものの評価は決してわるいものにはなりません。であれば、次回以降も研修を継続しようかという風になりやすい訳です。

二つ目の理由は会社の自己満足です。
階層別研修といってもその実施回数は階層が変わった時、または変わる前の昇格候補者として、決められた日程で数回受講する程度。相当丁寧にやる研修でも月に1度か2度の研修が半年続くくらいでしょう。その程度の限られた時間で抜本的な成長って期待できるでしょうか?
1日7~8時間毎日仕事をしている訳ですから、その大半な時間で遂げられなかった成長が短期間の研修で遂げられるかということを考えると決してそんな訳はないんですね。

人事の研修担当者が心底、本当に研修で能力開発をしたいと思っているなら筆者は違うと感じますし、研修の本質はそうではないと思います(研修自体が不必要とは思いません。また能力開発も必要です。ただそれが社員研修により実現するものではないとう意です)。

それでも会社が社員のために研修の機会を設けている理由は、社員を育成するために時間と費用を掛けているんだという会社の自己満足です。「待遇は高くないが、研修費はいっぱいかけている」といった環境の場合は、会社が自己満足に高い費用を掛けていて、社員に待遇として還元されていないという悲劇なパターンです。

まとめ

階層別研修は社員の真の育成機会にはならない

階層別研修は、自分の意見や考えを棚卸する良い機会にはなる

研修の外部講師の多くは(全てではありません)、受講者よりも経験や知識が豊富ではない

研修の感想は、「やって良かったかな」に大体落ち着く

階層別研修は、回数、時間、内容的に考えても抜本的な能力開発は無理

階層別研修は、基本的に会社の自己満足

少々ずけずけと書いている部分もありますが、会社が実施する社員研修の本音と現実としてご参考にされて下さい。

-社員研修

© 2021 人事の夏沢