新卒2年目

2021/5/10

社会人2年目で会社を辞めたと思っている方の選択肢について

社会人2年目で会社を辞めたいと考えている方が、本稿で書かせていただいたことも踏まえて悩んだ結果、やはり辞めたいという思いが変わらなかった場合、

ReadMore

新卒の適応障害

2021/4/17

新卒の方が適応障害になった場合の相談先と解決方法

入社後まもなく適応障害の症状が出た場合に誰にどのように相談したらいいか分からないということがあります。どのように解決していくのがいいのか。

ReadMore

新卒退職言いづらい

2021/4/15

新卒が退職の思いを会社に言いづらい時の解決方法

企業人事である筆者がお薦めする新卒の方が退職を言いづらい場合に取るべき唯一の行動は、

ReadMore

退職したいあなた

2021/4/10

仕事を辞めたいと思う新卒のあなたへ【入社1ケ月編】

あなたにとって「耐えられない」という感情がすぐに頭に浮かぶ状況であれば思い切って考え方を変えてみましょう。

ReadMore

dx

2021/4/7

人事分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の本質とは

人事の業務は収益とは直結しないと思われがちですが、大げさに言えば人事のDXは企業の収益向上に繋がるといっても過言ではないと

ReadMore

限定正社員の限定性

2021/4/5

限定正社員の限定性と能力についてのよくある誤解

限定正社員というくらいですから何かが限定されているんですね。この限定正社員の限定性についてはよく誤解が生じます。限定正社員は

ReadMore

well_being

2021/4/5

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

ReadMore

人事と現場の溝

2021/3/30

人事は現場を知らない?管理部門と現場に生じる溝について

人事の視点から管理部門と現場部門とに生じる溝についての現実を書いてみたいと思います。この溝を埋める解決手段は、

ReadMore

給料・労務の本音

現役企業人事が語る給料と労務管理の本音と現実です。

well_being

Well being(ウェル・ビーイング)を人事の視点で考えると

2021/4/5  

Well beingつまり幸福や社会的に良好な状態を意味する概念について、なぜ一介の企業人事が書こうというのか。社員と関わることを本職としている企業人事としては

人事とコスト

人件費は企業人事のコスト意識の根幹

2021/3/18  

人件費について、人事のコスト意識という観点で無用な固定費は上げないということを密室で

HSP

HSPについて人事が認識・対応するべきこと

2021/3/13  

HSPに該当する方が、会社内での仕事のしづらさ、生きづらさを感じている場合は、ぜひ人事担当にお声掛けください。人事は社員の

労務管理と残業

労務管理と残業についての企業人事の本音

2021/2/27  

こんにちは人事の夏沢です! 人事にまつわる様々なことを書かせていただいておりまして、人事の本音、人事の舞台裏、給料や出世のポイントなどについて長年にわたる企業人事の経験という観点でブログを書いておりま ...

社会保険

健康保険を損得という観点で企業人事が書いてみる

2021/2/26  

優良な内容の健康保険は、ホワイト企業ならぬホワイト健康保険といっても過言ではないくらい

ワークライフバランスの本質は人事を悩ませる

2021/2/15  

ワークライフバランスの本質はなかなか曲者です。仕事時間と私的時間の調和が取れると双方の充実に繋がるということなのですが、実はその本質は

やる気の価値とは。やる気を損得勘定してみる

2021/2/11  

やる気の価値をどう判断するのかは難しいところです。例えば月給30万円の方が「これ以上やると30万円以上の頑張りになってしまう」と判断する

厚生年金の折半や義務って?損得やポイントを人事が解説

2021/1/1  

厚生年金制度のうち、多くの人が知りたいと思っているであろう加入による損得。厚生年金保険料が給与や賞与から天引きされると何か損した気持ちになりますが、

同一労働同一賃金に対応すること。それは多様な働き方を認めること

2020/11/19  

同一労働同一賃金は、同一企業における正規雇用社員と非正規雇用社員の間の不合理な待遇差の解消を目指すものとされています。多様な働き方が求められて来ている中で

36協定とは?残業時間の上限や特別条項の本音

2020/11/17  

みなさんが当たり前のように行っている日々の残業も実は労働者と会社側で「36協定。通称、サブロク」を締結してあるので残業が出来るということになっています。このサブロクは、

© 2021 人事の夏沢